小野川温泉ほたる情報20180630

月末やねん (特に意味はありません)

桜の開花が早かった。
それに伴い サクランボのシーズンも早まり、ホタル鑑賞のシーズンも多少早くなっていた。

ヒメホタルの発生が早かったのは 当然と言えば当然なのですが、
今夜のヒメホタルは 良い感じに光を放っていた。

これから1週間くらいは 良い時期になるのではないかな。

最近の印象をまとめておきます。

U地点 最近の雰囲気から比較して 本日は 少なめだったようですが、今後の増減を見守りたい。

I地点 視界に対して ワイドに出てくれているが、時期的な事を加味すると 終盤なのか?

K2地点 まぁまぁ良い感じに発生している。 ゲンジ・ヘイケ どちらも。

S1地点 ゲンジ・ヘイケ まぁまぁ

G地点 チェックが遅かったため ピークがわからないままでした。例年より良かったらしいが、ほとんどデータ無し。

K1 最近は未チェック おそらく終盤の為 数は期待できないかも。

ほたる公園 数日前 当番で行ってきた。 ほたるは発生するが たくさん見れますとは言いにくい。 今年から取水口が安定したとの事。 来年はもっと見れると期待が膨らむ。 ほたる公園で ほたるが安定して見れるのが理想ですし。

 

――――――――――――――――――

けっこう眩しいです

ほたる公園で案内している時、気になるのが懐中電灯の存在です。

 

悪い訳ではありません。

しかし、時として とても良くないのです。

相対的な物なので、説明が難しいですが 暗いシーンに慣れた目に 懐中電灯の明かりが入ると とてもまぶしく感じ、目眩ましを食らった状態のようになります。

足下を照らして 安全にホタル観賞して頂くのは基本ですが、人に向けて照らしたり 必要の無い場合は なるべくスイッチをオフにして下さい。

安全が大切なのですが・・・

どうぞご配慮ください。

 

 

コメントを残す