満月が昇るとき 20181025

母が近所へ徒歩で買い物に出かけてすぐに戻ってきた。

 

母は言う・・・

向かいの山に 光が見える

山の頂上付近。 少し下がった所に 光がポツンと見えた。

誰かが山登りしているのだろうか。

 

んなわけないよね

うちから正面に見える山は (小野川)月山。

時刻は 19:30

こんな 夜に山登りをするハズが無いし、 そもそも その光は ジッと動かない。

人が山登りしている光じゃないのは すぐに予想できた。

それなら 何の光なのだろうか。

それは・・・

月明かりでした

しかも、今夜は 満月 Full Moon

見る見るうちに 山の陰から 満月が昇ってきて 顔を出した。

そして 丸くて明るい月が 眩しく僕らや街を照らし始めた。

 

満月を撮影するなら 全国どこからでも可能ですので、山肌から伸びる木を手前に配置して 撮影しました。

ちょっとカッコイイような ちょっと不気味な写真です。

何となく 牙狼(GARO)のような雰囲気とも思えます。

 

晴れた夜の翌朝はきっと冷え込んで暖房が必要になるかもしれません。

そんな時は 温泉です。 朝風呂です。 さいこー

 

今日も温泉日和です♪

 

【温楽】湯花を考える

温泉を楽しむ

温泉好きの皆様、当館に限らず 全国各地で温泉に入る場合に、その地域特有の温泉利用方法・使用方法が存在し、迷ったり困ったりする場合があると思います。 僕自身、旅先の温泉地で こんな温泉入浴文化があるのか。こんなローカルルールがあるのか。と驚くこともあります。 温泉に入る前の知識として楽しんで読んで頂ければ幸いです。

 

湯花が多い湯船

さらりと 書かせて頂きます。

温泉と暮らしているわけですので、お客様と温泉の話をする事が多いです。

一般的に 温泉の浴槽に 湯花を見つけると 湯花があって嬉しい・ありがたい と思う事が多いのでは無いでしょうか。

僕も同じです。

湯花がある →→→ 温泉成分が濃い(と、思う)

の方程式が成り立ちます。

心理的には・・・

温泉成分が濃い →→→ いい温泉でありがたい

と、なりやすいです。

しかし、別の方程式も存在するので 紹介致します。

それは 湯花を意図的に 湯船の中に多くする事ができるという方法です。

湯船に湯花を貯める →→ 方法 →→ お湯を抜かない

どうでしょうか。

さっきまで 湯花は多い方が良いと思っていた皆様も、湯花は少なくても良いのではないだろうか。
なんて気持ちが湧いてきたかもしれません。

注意です

この方程式は どの温泉にもあてはまる物ではありません。

むしろ 当てはまらない物が多いとさえ思えます。

もしかすると、こんな可能性がある。考え方もある。という程度に理解して下さい。

僕自身 微妙な発言になりかねないという事は十分理解しています。
様々な可能性を含んでいる為、安易に判断しないようお願いします。

そもそも、湯花は出た方が良い事が多いです。

なぜなら 温泉の中に溶けている様々な成分が酸化したり、なんらかの変化をする事により 目に見える形となるわけです。 それだけ温泉の中に温泉成分が入っていると言えます。

ただし、温泉の中の成分が 一律的・一定の条件に沿って湯花に姿を変えるわけでもありません。
温泉成分が沢山入っていても 湯花が少ない温泉も存在するでしょうし、温泉成分が少ない温泉でも 湯花は豊富に出るかもしれません。

色も白い湯花や白濁している温泉が写真的には大変重宝されます。ビジュアルが良いですから。

白濁しているから温泉効果が高くて、無色透明な温泉は温泉効果が少ない・温泉成分も薄い。

と、いう事でもありません。

つまり何が言いたいか

見た目で判断せず、
入浴中に目をつぶって 温泉を感じてみるのも良いのではないでしょうか。

ブルース・リーも言ってました。

Don’t Think. Feel

考えるな 温泉を 感じろ

温泉の部分は余計だったかもしれません。テヘペロ。

 

今日も温泉日和です♪

 

【温楽】温泉の入り方 温度について

温泉を楽しむ

温泉好きの皆様、当館に限らず 全国各地で温泉に入る場合に、その地域特有の温泉利用方法・使用方法が存在し、 迷ったり 困ったりする場合があると思います。 僕自身、旅先の温泉地で こんな温泉入浴文化があるのか。こんなローカルルールがあるのか。と驚くこともあります。 温泉に入る前の知識として楽しんで読んで頂ければ幸いです。

今回のお題:
温泉の温度が熱いよ!

温泉に入る時、 温泉の温度がとても熱い場合が ありますよね~

原因はいくつか考えられますが、 一つずつ考察して行きましょう。

 

1.温泉の温度が熱い

世の中には 入れない程熱い温泉。
スーパージョッキーに限らず「激アツ湯船」がありますよね。 本当に熱いから(笑)
ヤケドしそうなくらいに 熱いお風呂だったりします。

そんなお風呂の状態になっちゃう原因は いろいろ考えられますが、

2+αの理由を元に考えて行きます。

【1】温度管理が良くなかった場合
【2】意図して温泉の温度を熱くしている場合
【3】身体が冷えている

特に 【1】温度管理が良くなかった場合 は 尋常ではない高温になっている事もあり。。。
湯船全体が 「アタイに惚れるとヤケドするよ」 と、言わんばかりに 熱く煮えたぎっている可能性もあります。

温度管理のミスで 熱すぎる状態になったのであれば、人的ミスであり改善して頂ければ良いですよね。
対処法は 別の機会に考えるとして、 次へ行きます。

※ただし、遠方から その温泉に入るために長時間かけて移動してきたら お風呂が熱すぎた。と、なると かなり残念に思われる事でしょう。 そうなると また次回にどうぞ と、ならないのが難しい部分です。 そんな場合の対処法は、臨機応変に行動せよ。としか言えません。。。各自健闘を祈ります。

(悲) 泣かないで・・・

次へ行きます。

【2】意図して温泉の温度を熱くしている場合
これはこれで やっかいです。
地元の人は この温度が普通ですから、このままの温度で利用しなさい。水を入れてはいけません。と、言われているムードが強く漂っているかもしれません。 もしくは 入浴している人から直接 指示されるかもしれません。
あなたが、何の断りもなく湯船に水を入れると 怒られる可能性があります。 しかもキツク怒られるかもしれません。

キツク怒られる

これに関しては 想像ですが、 こんなケースもあるのではないでしょうか。

1.「アチッ温泉の温度が熱すぎるよ」 → 水を入れる

2.「まだ熱い。もっと水を入れないと 温泉に入れないよ」 → もっと水を入れる

3.「やっと 湯船の温度がぬるくなってきた」 → 水を止める

4.湯船に入ったら 水風呂みたいにぬるくなっていた。 (やばい)

5.後から入ってきた地元の人が 「なんだ この水風呂は!?」 → 怒り

想像ですけど、こういった事を何度か経験すると 本当はおおらかで優しい地元の人でも 湯船に水を入れる人に対して怒りたくなると思います。
当然です。 水風呂にされたら温まれないです。嫌ですよ。 しかも知らない人が勝手にしたとなれば なおさら。

対処法

先に入っている人がいたら 温度が熱くて入れない旨 相談してみるのが良いです。

慣れている人なら対処法を教えてくれる事もあるでしょう。
例1:そこのホースで水を入れるといいよ
例2:ここのお風呂は この温度が普通だね~
例3:熱いですよね 僕もそう思ってました。 しかたないですよね。

対処法は ケースバイケースですので、周囲をよく観察して 各自ベストな判断をして頂くしかありません。 そこが楽しい部分です。
温泉入浴に関して、共同浴場だとすればローカルルールが存在する事が多いと思います。地元文化を体験するチャンスを逃さず楽しんで頂ければ幸いです。

注意点:湯船に水を入れる場合は控えめに。 水風呂になってしまうと 湯船の温度が回復するまで ものすごく時間がかかるかもしれません。

 

【3】身体が冷えている

本題と言いましょうか。
実は、これが 一番の理由かもしれません。

冬などの寒い時期はもちろん。
夏でも身体はとても冷えています。

クーラー

そうです。 暑い日ほどクーラーの風にあたります。
ひんやり気持ちいいですもん。 気温が熱い。蒸し暑い。クーラーで冷やします。 あたりまえの事ですし、冷やさなければ体調が悪くなるかもしれません。

そうすると、 外の気温とは裏腹に 自分の身体が すごく冷えてます。

外が暑いから 身体も熱いはずだと勘違いしやすいです。
実は 身体は ひんやりと冷たくなってます。

冷たくなった身体で 温泉に手を入れる。
結果 → 熱いと感じます

その温泉の温度が 普通にちょうど良い温度だったとしても、クーラーで冷えた身体では 「アチッ」となってしまいます。

そして 湯船に水を入れると・・・

と、いう悲劇を招いてしまうかもしれません。

本当に熱い場合と、そうでない場合があります。

時々目にしませんか?

お風呂に入る前は かけ湯をして 身体の温度をならしましょう。 みたいな説明書きを。

かけ湯する かけ湯する

大事なことなので2度言いました。

かけ湯は 本当に大切な事だと思います。

一度湯船に浸かって、 2度目に湯船に浸かる時、 湯船の体感温度は かなり変わってます。

最初に入浴する時は 「このお風呂熱いな」と感じる事が多いかもしれません。
しかし 2度目に入浴すると「このお風呂 ちょうど良いな~」 と、なったり。
逆に 「少しぬるいんじゃない?」なんて 物足りなさを感じた事 ありませんでしょうか?

かけ湯をして 身体を温泉に慣らす

入浴前のかけ湯が大切だと思います。
そうする事により 温泉利用時の約15%の方々の悩みは解決されるものだと信じています。(笑)

 

温泉に入った後は 何して遊びましょう♪

今日も温泉日和です♪

 

 

F1.4のレンズを貰っちゃいました!

レンズを貰っちゃいました

F1.4のレンズが欲しいな~ なんて雑談していたら・・・
近所のお店に勤めるお姉さんから
カメラのレンズを頂いちゃいました!

FDマウント ・・・だと!?

正直 知りませんでした。
EFマウント (EF-Sマウント含む)しか さわった事がないのです。

この度 FDマウントのレンズを使ってみようと思ったので、
さっそくFD→EF変換アダプターを購入。

キャノン純正マウントアダプターの場合 もしかすると2万円くらいの とても高価な品ですが、楽天市場の カメラで有名なマップカメラで販売している安いモデルをGETしました。
(マップカメラが販売しているなら 使えない事はないだろうと思ったのです)

《新品アクセサリー》K&F Concept (ケーアンドエフ・コンセプト) キヤノンFDレンズ/キヤノンEFボディ用 絞り補正付 KF-FDEF 【KK9N0D18P】
楽天市場で販売されています

撮影です!

これがねぇ。 難しいのです。
と、いうか すごく昔に戻った方法で撮影している感覚がハンパない!

面食らいますよ~~~

現在のカメラがどれだけ簡単で楽で便利なのか 比較・体感できます。

■ピント → 手動
■シャッタースピード → 手動
■絞り → 手動
■ISO感度 → 手動

ピントは 手動でなんとか合わせたとします。

問題はその後。
試しに1枚撮影する。

■明るすぎる場合
シャッタースピードを早くする or 絞りを絞る or ISO感度を下げる

■暗すぎる
シャッタースピードを遅くする or 絞りを開ける or ISO感度を上げる

要するに・・・ シャッタースピード、絞り、ISO感度
この3つのパラメータのバランスで写真の出来が変わってくる。

詳細は省きますが、写真の表現方法、目的によるもの、状況による制限。
などなど。

たとえば、列車やレーシングカーの撮影には シャッタースピードを早くする場合が多いです。

まわりを ぼかす表現をしたい場合は 絞りを開けます。

暗い場所で撮影する場合は ISO感度を上げます。

もちろんその他、沢山の状況や目的に携わる撮影要素があるのですが・・・

 

上記の撮影方法を踏まえて・・・

スマホの撮影は チョー簡単

カメラアプリを起動して シャッターボタンを押す。

これだけ。 それ以外は 殆ど必要ない。(実際はありますけど)

 

なので 現在のカメラ及びレンズの性能の高さは ハンパじゃありません。

レンズマウント新世紀到来!
EOS-R と Nikon z7 z6

新型カメラが発売されるぞ~ っと。

最近一眼レフカメラ業界は とても盛り上がっています。

Nikon z7 は、すでに発売されていますし、
EOS-Rは 2018年10月25日発売 (明後日)を予定されてます。

Nikon z6は11月下旬発売予定。

どちらのメーカーも 新規格のフルサイズミラーレスカメラなのですが、もちろん大変話題になっていて様々な記事を目にします。

性能も良くなりますが、30年ぶりにマウントが変わるそうでして・・・

マウントって 何? と、思った方は こちらをどうぞ。(慣れない方はチョット難しいかも)

【リンク】 レンズマウント物語(第1話):たかが穴、されど穴……

【リンク】 レンズマウント物語(第2話):キヤノンの苦悩

新しいカメラ 欲しくなりますよね~
僕は予約はしません。 ここはガマン、お金もないし(笑)
各メーカーの実際使用した評価が上がってきてからでも遅くありません。

それまで、 頂いたレンズで遊んで過ごします。

画像はすべて canon EOS 7D 50mm F1.4(FDマウント)にて撮影
リサイズのみで 画像の加工はしていません。

玄関前の花

 

玄関前のカボチャ

 

温泉玉子(丸田屋さん)

 

煮玉子と玉こんにゃく

 

以上の撮影した写真は リサイズしただけで、色加工・明るさ・シャープネスなどの加工は なにも行っていません。

単焦点50mmレンズなので APS-C規格のカメラ本体に接続すると、約80mmになるので画角が狭くなりますので 場合によっては使いにくい事もありますが 古いレンズが手軽に使えるのはオモシロイものです。

ただし・・・

撮影するのに すごく時間がかかる

これは 本当です。

一発で 上手に撮影するのは まず無理だな~と感じます。

急がず慌てず のんびり構えましょう。
少しずつパラメータを変えて 結果を確認しながら 良い方向へ導いて行くような撮影方法です。

アナログカメラの極みとでも申しましょうか、
比較するには極端ではありますが 久々に 日光写真を思い出しました(笑)

最初は 星空撮影したいので明るいレンズに興味があるんです。
と、いう話題から頂いたF1.4のレンズですが、 この画角だと星空撮影はちょっと辛いです。
しかし、楽しいレンズですので これで遊ばせて頂いて 新型カメラの評価が出るのを待ちます。

キャノン、ニコン。 どちらも興味深いですが、最近のソニーも負けてないですし・・・

迷っているうちが楽しい。と、いうのもよく認識してますので 楽しく過ごさせて頂きます。

 

撮影の後は 温泉で疲れた身体をリラックスさせましょう

今日も温泉日和です♪