雪板!からの、すべり下駄=ぼふらん?

すべり下駄 と、いうか

方言にびっくらこいた話

米沢市民と川西町民の皆様 こんにちは。

 

その前に 「雪板」紹介!

僕はテレビでしか見たことないですので
現物は見たことも触った事もありませんが、
テレビニュースでは、

雪板 = お手軽スノーボード

という感じで紹介されていました。
(子供達が遊んでました)

リンク: 『 雪板(ゆきいた) 』で遊びませんか?!―川西町観光協会

リンク: 雪板祭り 2019/03/11 イベント詳細


雪板って本格的!

テレビで見た感じは 子供達がちょっとした斜面で
手軽に滑って遊ぶ道具というか玩具に近い印象を受けたのですが、
このイベント案内を目にすると 完全に競技になってませんか?
遊びを極めるとスポーツになるのかも。
今なら冬季オリンピック種目に・・・ (笑)

マジで川西町から伝説が生まれようとしているのかもしれません。

 

ところで すべり下駄 です

すべり下駄は 冬の遊び道具で 主に女の子が使用するものでした。
下駄の裏に足が無くて、その代わりに 竹が貼り付けてあり 滑りやすく加工されています。

冬の遊び道具がとても少なかった時代なので、とても欲しかったそうです。
比較的裕福なお家の子が持っていた。と、いう話を聞いたりします。
買って貰えない場合は、竹でスキーのように作って滑っていたそうですが、
雪がくっついて すぐに滑らなくなる 等々、上手に滑れるものではなかったそうです。

先日、お客様(川西町のおばあちゃん)が ロビーのショーケースに飾ってある
すべり下駄を見ていた時です。 僕が聞き慣れない言葉を耳にしました。

ぼふらん ・・・

どういう意味なのでしょう。
アラフィフの僕ですが、今まで耳にしたことがありません。
女将も知らなかった言葉。 「ぼふらん」

謎の単語 BOFULAN ― 「ぼふらん」

それは、川西町から訪れたお客様の口から 偶然出てきた言葉。

フランス語!?

いやいや、おばあちゃんがフランス語を話せるとは思えません。(偏見…)

どういう意味か 尋ねると すべり下駄の事を指していました。

本当ですか?? 川西町では ぼふらん って言うのですか。

隣町とは言えども侮れない事っていっぱいあります。

以上 備忘録として

 

※P.S. 「ぼふらん」を検索すると フランスの建築家がヒットします。
しかし、 川西町はおろか 日本語として存在を確認できておりません。
もしかすると川西町のごく狭い地域での呼び名だったのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら 情報をお知らせ頂ければ幸いです。
もちろん (のんびりと)追加調査したいと思います。

――――――――――――――――――

雪遊びの後は 温泉に決まってます
今日も温泉日和です♪

 

コメントを残す