深夜のネコ撮影in小野川温泉

ネコ?本当は ホタル撮影

去年からフルサイズミラーレス一眼時代へ突入したわけですが、
僕はガマンできずに購入してしまいました。

もともとは EOS系ユーザーですので、その流れに乗って
EOS RPと Rマウント 35mm のレンズを所有する事になりました。

新マウントのカメラに対しては 高感度性能を活かした撮影のイメージが強くて、
ホタル撮影に役立つだろうと考えておりました。

なぜに EOS RP

ここだけ言わせて下さい。
簡単ではない 簡単なカメラの機種選択でした。

つまり僕は センサーのサイズが大きめのフルサイズカメラに興味がありました。
その機種というのが EOS 6Dです。(2015年頃から 欲しい病にかかった)

canon サイトより

その後 2017年に EOS 6D mark2 が発売されたのですが、
カメラに対する評価が微妙だった為 購入するのに尻込みしてました。

canon サイトより

まぁ、ある程度価格が下がって安定するのを待っていた形ではあります。

ところが、今度は 2018年の秋に 新世代カメラ EOS-R が発売されてしまいました。

canon サイトより

ニコンもソニーも新型が出そろいフルサイズミラーレス一眼の戦国時代へ突入。

買おうにも買えない状況が続いて 次どうなるの?
これからのカメラは どっちへ行くの~?
と、思いつつ もうガマンできない。。。
こっちは 4~5年前から購入をためらっている。

と、暴発気味に購入したのが EOS RP でした。

今年の夏は、ホタル撮影する機会は少なかったのですが、
液晶画面でホタルが確認できると とても有利に撮影する事ができました。

そして、先日、喜多方の三ノ倉高原ひまわり畑で撮影する時も
月明かりでAFが使えるのでとても便利でした。

今回のネコちゃんも 地面すれすれの縦位置撮影する事ができたのは canon のバリアングル液晶あってこその撮影ですので、
ニコン・ソニーには無い良さも実感した所です。
本当ならニコンz6もいいなーと思いますし、ソニーの高感度もすごく興味あります。

と、いう事で このネコにゃんは、滝湯共同浴場の温かい鉄板の上で休憩してました。
けっこう定位置なのかもしれません。 人に慣れているので逃げませんし。

また いい感じに撮影できましたらアップしますので宜しくお願い申し上げます。

 

 

コメントを残す