三ノ倉高原 ひまわり畑2019 もうすぐ見頃

三ノ倉高原 ひまわり畑 もうすぐ見頃♪

毎年行われる 三ノ倉高原ひまわり畑がもうすぐ見頃を迎えます。
おそらくお盆期間にターゲットを合わせているのだと思います。 花が咲くのは2019年8月10日頃なのでしょうか。

今年も 三ノ倉高原 ひまわり畑 見頃の時期が近づきました。

ひまわり畑の状況が確認できるサイトはこちらです↓↓
リンク→→ 三ノ倉高原花畑(ひまわり)のお知らせ – 喜多方市ホームページ

 

2019年8月5日現在の画像です(公式より)

こちらのリンクも参考まで
リンク→→ 喜多方 三ノ倉高原ひまわり畑・さわやか高原ひまわりフェスタ2019

■営業時間や撮影の注意事項 その他 確認の上御利用下さい。
(人気スポットですので混雑が予想されます。ルールを守って御利用下さい)

パンフレット画像を掲載致します。

 

 

ひまわり畑への アクセス

小野川温泉から ひまわり畑まで 車で40分(37km)
ドライブにちょうど良い距離です。
そして目前には喜多方ラーメンが存在しますので食べたくなります。
しかし、ひまわり畑のロッヂでは カレー等のランチメニューやソフトクリーム、おみやげコーナーもありました。(以前訪れた時の経験上)

 

郡山ICから 小野川温泉(参考)

郡山から小野川温泉方面へのルートは 大きく分けて2つ。
そして その内の1つのルートは ひまわり畑に立ち寄りやすいルートです。

おおよそのルートとして
■東北自動車道→東北中央自動車道→国道121号線→小野川温泉
(郡山IC→米沢中央IC→道の駅米沢→米沢市街地経由)
87km 1時間15分 <最短ルートです>

■磐越自動車道→会津縦貫北道路→国道121号線→小野川温泉
(郡山IC→猪苗代湖→会津若松→喜多方(ひまわり畑)経由)
109km 1時間32分

この2つのルートが通年利用可能で主なルートとなります。
会津若松・喜多方を経由するルートですと 少し時間はかかりますが ひまわり畑を経由する事ができます。
スケジュールとお好みで 行きルートと帰りルートを選定してみては如何でしょうか。

もちろん他にも 冬期間閉鎖される スカイバレー等の山岳道路がありますので、そちらも併せてドライブルートをご検討下さい。

夏のお出かけシーズン ルートを検討する際に参考にして頂ければ幸いです。

 

ひまわり畑を散歩して汗をかいた後は 温泉でスッキリです♪
今日も温泉日和です♪

 

菜の花畑20190510三ノ倉高原(喜多方)

5月10日 三ノ倉高原(三ノ倉高原スキー場)へ行ってきました。

【菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑】
2019年5月16日(木)~6月4日(火)

まずはルート案内

GoogleMapにて 当館から 三ノ倉高原花畑 を検索すると 車で42分 37km と案内が表示されます。 1時間圏内ですので、比較的 気軽に行けるドライブコースとしてオススメです。

■リンク
・2019三ノ倉高原花畑(菜の花)のお知らせ – 喜多方市ホームページ
・菜の花フェスタ in 三ノ倉高原花畑|開催中のイベント|喜多方観光物産協会

早朝 気合いを入れて出発しました。

米沢市から喜多方方面へ
右折ポイントだけ気をつけて

国道121号線を喜多方方面へ
約35分で 熱塩温泉・三ノ倉高原の標識を見つけたら右折です。

米沢市から 道の駅田沢「なごみの郷」を通過し、
国道121号線を走行し 大峠トンネルを抜けて 福島県エリアへ入ります。
トンネルを10本くらい抜けると・・・(正式な数は各自お調べ下さい)
熱塩温泉 と 三ノ倉高原
 の文字が見えたら右折します。
ここだけ 気をつけて頂ければ スムーズに目的地へ到着できるハズ。

ここから10分弱で三ノ倉高原

道路の横、花畑が目に入ります。
スイセンの左奥に 菜の花が咲き始めていました。
こんもりと盛り上がっていて陽当たりが良い場所だと思います。

標高が高い為でしょう。 桜がまだ見られました。

喜多方市をバックに花畑が広がります

手前の菜の花は咲き始めていましたが、全体的には まだまだでした。

広い駐車場が確保されております。
奥のレストハウス?(スキー場のロッヂ)の営業日については 確認の上御利用下さい。

仮設トイレが設置されていました。

男性用・女性用・車いす対応 トイレが設置されていました。
(オープン前なのでロープが張られていました)

去年の記事ですが、 参考になります!

■リンク 喜多方 |「三ノ倉高原花畑 菜の花フェスタ」会津盆地を一望!大絶景が広がる天空の花畑

タイミングを見て どうぞお出かけ下さい♪

関東方面からドライブ、菜の花畑を見学して→ 小野川温泉へ宿泊するプランもありだと思います。

 

 

おまけ 日中線記念館

熱塩温泉には 旧熱塩駅が保存されています。
(駅舎の中には鉄道用具やヘッドマーク・備品など展示されています。見学される場合は事前確認する事をオススメします)

熱塩温泉のすぐ近くです。
三ノ倉高原花畑を楽しんだ後 予定に余裕がありましたら お立ち寄り下さい。

この屋根のカーブ

洋風テイストが感じられる駅舎。 僕はこのデザインが好きなんです♪
全体的なデザインもそうですが、特にこの屋根のカーブが魅力的だと思ってます。
大切に保管されているからなのでしょう。 綺麗な状態を保ち続けています。

この改札を抜けて列車に乗ってみたかった。

日中線記念館案内

現在、野岩鉄道は存在しますが、
その昔 野岩羽線が計画されていた。
(栃木―会津若松―米沢)

案内版の文章を読んで頂くとわかるのですが、
野岩羽線=昔の下野(栃木県)岩代(福島県)羽前の国(山形県)をつなぐ鉄道
として計画されていたとの事。

鬼怒川温泉方面から会津若松、喜多方、大峠を越えて 小野川温泉の近くを鉄道が通っていたかもしれない。 うちの近くに駅が出来たのかも!?
そんな想像すると胸が熱くなります。

目的は鉱山なのかな?

実際には大変な難工事になっただろうし、利用客があったのか不明です。
その頃の鉄道は鉱物等を運搬する役割が重要だったでしょうから、
米沢と喜多方の境界線付近、大峠の八谷鉱山から採掘された鉱石の運搬が主な目的だったのかもしれません。

■リンク 八谷鉱山(山形県米沢市)(1999年作成?)

■リンク 昭和の風景「八谷鉱山(昭和30年代)」 | NCV米沢 (映像あり)

母(女将)が、小学校の頃?に 先生から
「小野川温泉の近くを鉄道が通る。駅ができる。」と教わった話を今でも記憶しており その時の事を尋ねると教えてくれます。

駅の隣にラッセル車と客車

先ほどの案内版より
●除雪車(キ・100278)
●客車(オハフ・612752)

列車の中を見ることができますので、時間がありましたら 是非立ち寄ってみて下さい。

■リンク 国鉄キ100形貨車 – Wikipedia

外から客車を見ただけで わくわくします

列車へ入ると木造テイストに包まれます

まるで 999号に乗った感じ

木製で直角の背もたれ、網棚、窓、 もしこの車両で旅をしたら・・・
(なんだか想像しちゃいます)
当時、長時間の乗車は大変だったと思いますが 現在も気軽に見学できるこの車両は 本当に貴重だと思います。

網棚のアミも しっかり保存されてます

洗面台もレトロな雰囲気です

このドアハンドルだけでも、レトロ感あります

喜多方の朝ラーメンは 7時から

■リンク *朝ラー実施店について*|お知らせ|喜多方観光物産協会

こちらのWEBサイトで 朝ラー店を検索して 朝7時からラーメンを食べてきました!

どちらのお店のラーメンか。 ではなく
朝ラーメンという文化が根付いている事に驚き、関心します。 凄い文化です 朝ラー。

さすがに米沢ラーメンが美味しくても、朝から食べる人は少ないでしょうし 営業しているお店も ほとんど無いと思います。

 

本当は 熱塩温泉で日帰り入浴するのも良かったのですが、
温泉街をプチドライブして帰ってきてしまいました。 (また次回)

以上 三ノ倉高原→日中線記念館→朝ラーメン でした。

 

温泉には入りませんでしたが、温泉に入れば さらにグレードアップなドライブだったのに。
次回は是非 入りましょう。

今日も温泉日和です♪

 

雪板!からの、すべり下駄=ぼふらん?

すべり下駄 と、いうか

方言にびっくらこいた話

米沢市民と川西町民の皆様 こんにちは。

 

その前に 「雪板」紹介!

僕はテレビでしか見たことないですので
現物は見たことも触った事もありませんが、
テレビニュースでは、

雪板 = お手軽スノーボード

という感じで紹介されていました。
(子供達が遊んでました)

リンク: 『 雪板(ゆきいた) 』で遊びませんか?!―川西町観光協会

リンク: 雪板祭り 2019/03/11 イベント詳細


雪板って本格的!

テレビで見た感じは 子供達がちょっとした斜面で
手軽に滑って遊ぶ道具というか玩具に近い印象を受けたのですが、
このイベント案内を目にすると 完全に競技になってませんか?
遊びを極めるとスポーツになるのかも。
今なら冬季オリンピック種目に・・・ (笑)

マジで川西町から伝説が生まれようとしているのかもしれません。

 

ところで すべり下駄 です

すべり下駄は 冬の遊び道具で 主に女の子が使用するものでした。
下駄の裏に足が無くて、その代わりに 竹が貼り付けてあり 滑りやすく加工されています。

冬の遊び道具がとても少なかった時代なので、とても欲しかったそうです。
比較的裕福なお家の子が持っていた。と、いう話を聞いたりします。
買って貰えない場合は、竹でスキーのように作って滑っていたそうですが、
雪がくっついて すぐに滑らなくなる 等々、上手に滑れるものではなかったそうです。

先日、お客様(川西町のおばあちゃん)が ロビーのショーケースに飾ってある
すべり下駄を見ていた時です。 僕が聞き慣れない言葉を耳にしました。

ぼふらん ・・・

どういう意味なのでしょう。
アラフィフの僕ですが、今まで耳にしたことがありません。
女将も知らなかった言葉。 「ぼふらん」

謎の単語 BOFULAN ― 「ぼふらん」

それは、川西町から訪れたお客様の口から 偶然出てきた言葉。

フランス語!?

いやいや、おばあちゃんがフランス語を話せるとは思えません。(偏見…)

どういう意味か 尋ねると すべり下駄の事を指していました。

本当ですか?? 川西町では ぼふらん って言うのですか。

隣町とは言えども侮れない事っていっぱいあります。

以上 備忘録として

 

※P.S. 「ぼふらん」を検索すると フランスの建築家がヒットします。
しかし、 川西町はおろか 日本語として存在を確認できておりません。
もしかすると川西町のごく狭い地域での呼び名だったのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら 情報をお知らせ頂ければ幸いです。
もちろん (のんびりと)追加調査したいと思います。

――――――――――――――――――

雪遊びの後は 温泉に決まってます
今日も温泉日和です♪

 

天元台高原スキー場 2019 シーズン

天元台スキー場 2019 シーズン

いよいよスキーシーズン到来!

リンク: 天元台高原 スキー場

写真は 11月24日 小野川温泉より撮影

――オフィシャルサイトより転載――

2019スノーシーズン12月1日(土)オープン予定
11月30日(金)プレオープン&冬山安全祈願祭開催
【11月30日(金)のご案内】
●ロープウェイ運行時間 9:00~17:00 毎時00分、20分、40分発車
●冬山安全祈願祭開催 10:00~ アルブ天元台レストラン白樺
●オープニングセレモニー 10:45頃 民謡一家祝い太鼓
●しらかばリフト運行開始 11:00頃(滑走できない場合は運休となります)
※まだ積雪が少なく滑走不可能でございます。一定程度の降雪があるまでしばらくお待ち下さいませ。

――以上――

と、いう事で この記事を書いている 2018/11/30 現在
WEBの情報では滑走は不可能との事です。
今夜の天気予報を見たら 米沢市は 雨となっておりました。
もちろん標高の高い天元台は雪が降ると思います。
ゲレンデが真っ白に埋め尽くされる程に降雪があれば・・・
週末は滑走可能になる事を祈りつつ見守りましょう。

 

おまけ
11/24~25 は臨時営業にて
滑走できました!※条件あり

――以下 公式サイトより引用――――――――――――――――

【11/24(土)プレオープン】しました!

しらかばスラロームバーン「一部滑走可能」でオープンいたします!

本日、天然降雪によりゲレンデの一部を開放!

コースには圧雪車が入りました。天然雪の初すべりをぜひお楽しみ下さい。
積雪:30㎝(圧雪10㎝) 雪質:粉雪 コース長:500m
営業時間: ロープウェイ&しらかばリフト 9:00~15:00
料金: パスポート1日券 大人2,300円 学生シニア1,900円 小学生1,700円
●リフト乗車について スキー板やボードは手に持ち、お一人様での乗車となります。減速にて運行いたします。
●積雪の少ない場所は、石やブッシュがあり、滑走面を傷つける場合がございます予めご了承下さいませ。
●11/25(日)も営業予定です。コース状況、天候の変化などにより、安全確保ができない場合は営業時間内でも終了する場合がございます。

――以上 公式サイトより引用――――――――――――――――

 

と、いう事で テレビや新聞にも 天元台が滑走可能と紹介されておりましたので、

リンク: 待ってた!初滑り 米沢・天元台高原スキー場 ― 山形新聞
リンク: 待望!白く爽快な季節 県内スキー場が順次オープン ― 山形新聞

【お遊びコーナー♪】

実際にスキーをしている人を見てみよう!

こんな感じの望遠レンズを準備しまして

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

小野川温泉 甲子大黒天へ移動します

うめや旅館より徒歩 約10分で 甲子大黒天です。

甲子大黒天の手前、鈴木理容所さん付近でも 吾妻山が見えます。

甲子大黒天さんからは、小野川温泉街が一望でき 眺めが良いです。
そして天元台スキー場がある吾妻山がバッチリ見えます。

直線で14km

甲子大黒天 ←→ 天元台 しらかばゲレンデ
直線距離で 約14km (google map にて計測)

さっそく西吾妻山をチェック

天元台スキー場が見えますね~

第1ゲレンデを拡大

もっと拡大! +コントラスト強め

見えるぞ私にも敵が見える! (シャア・アズナブル)

敵じゃ無いけど・・・ スキーを楽しんでいる人が小野川温泉からも確認できました!

パッと見 ゲレンデに9名 リフトに2名を確認できました。
たぶん もっとお客様がいらっしゃると思いますが、これだけ確認できれば十分です。

リンク: 天元台高原 | スキー&トレッキング

で、スキーを滑っている人を確認して どーするのよ!?
えーと。。。 自分の目で確認してみたかったのです。(それだけかいっ)

 

と、いう事で スキーヤーの皆様、アフタースキーは もちろん温泉です♪

今日も温泉日和です♪