【必見!】超長いつらら と、雪景色

突然ですが、 僕はつららが好きです。

毎年、目を楽しませてくれる自然のアート「つらら」
皆さんの生活圏内で いろいろなつららを目にすることがあると思います。

ご存知かと思いますが まずは基本を知っておきましょう。

つららの定義

”氷柱(つらら)は、建物の軒下や岩場などから棒状に伸びた氷。”

wikipedia 【氷柱(つらら)】 

 

つららは気温が低い日に、姿を現します。

雪や氷は 思わぬ形で僕を驚かせてくれます。

これ、電線にくっついた雪なんです。 普通はこんなに付きません。
できれば バゥムクーヘンだと良いのですが・・・

 

雪景色チャンス

綺麗だな~ と、雪景色が見れるオススメのタイミングは
夜にキーンと(放射冷却で)冷えた翌朝の太陽が強く照らすときです。

日陰の車と対照的な 明るい山の雪
みなさん! 今がチャンスでーす!

つらら、雪景色、どちらにも共通する事ですが、気温が低く雪や氷が溶ける前の明るい日差し。
強い光に照らされた結晶が反射・屈折し キラキラ輝く。 それが狙い目です。
白い世界が綺麗に見えるチャンスタイムは意外と短くて、気温が上がると雪や氷の形が崩れてしまいます。

寒さに負けずに散歩して下さい♪♪

このネコちゃんは滝湯共同浴場の前で よく見かけます。

滝湯共同浴場の駐車場には温泉熱を利用して雪を溶かすシステムが地面に埋め込まれており、そこの温かさを求めて寄ってきます。

なんだか共同浴場の番人のようです。

 

おっと雪景色へ戻ります

これも、雪景色と言えばそうなのですが、バスが壊れる前に 屋根の雪下ろしをしなければなりません。

ちょっと遊んで GIFアニメにしてみました。

なんとなく アフロ → 坊主頭 (笑)

散髪のビフォーアフターみたいになりました。
バスの屋根にハシゴをかけて登り、左側にある ピンク色のスノーダンプでバスの雪下ろしをしました。

 

まるで くもりガラスのような
凍てついた電話ボックス(20171211)

寒い日の朝でした。 こういう地味なのも好き。

 

さて、今日の主役!? 超長いつらら

まるで、当たり前のように。
風景に溶け込むくらいに とても長く伸びたつらら。
二階の屋根から伸びて 一階の窓まで余裕に届きます。

凶悪というよりエレガント

このクラスのつららは なかなかお目にかかれません。

普通なら、 もっと太くなるのですが、
一本物で、根元から先まですらっとした スタイルの良さ。

デコボコした部分も目立たないですし、これは上物ですよダンナ。

 

この 超長いつらら。
何日見られるのか。 それともすでに壊れているのか。

ここ数日、気温が低いので うまく行けばもっと成長するかもしれません。
僕は温かく見守ろうと思います。
(しかし、ちょっと危ないですが・・・)

 

寒空の下を散歩した後は もちろん冷えた身体を温泉で温めて下さい。

今日も温泉日和です♪

 

 

【恵方巻】は関西の文化やねん!

恵方巻 美味しいですよね

みなさん食べましたか?

僕は 恵方巻を頂きました!! 定価980円の豪華版。

その名も海鮮恵方巻。 美味しかったです♪♪
食べ応えもあり満足度が高かったです。

しかし、僕は友達からもらったので食べたのですが・・・

 

恵方巻って なんやねん?

”恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻寿司のこと。” 引用 wikipedia 「恵方巻」

そもそも、太巻寿司を無言で食べるというのが 好みじゃないのです。
楽しく会話しながら いろんな味をシェアして食べたいじゃないですか。
年に一度の行事だから 仕方ないか。 と、言われればそうなのですけど。。。

まずは、恵方から調べてみます・・・

2018年の恵方は 南南東

そもそも僕の住んでいる地域では 恵方という言葉を使っていませんでした。
それで調べてみたのですが、これが有力かなというのが見つかりました。

長くなりますが、おつきあい下さい。

 

基礎知識 さいど焼き

さいど焼きとは どんど焼き 等とも呼ばれる行事です。

”小正月に行なわれる行事で、正月飾り等を燃やす行事とされ、地方によっては「サイトヤキ」「ドンドンヤキ」「サギチョウ」などとも呼ばれている。” 引用 「どんど焼き」

地元 小野川温泉では さいど焼きと呼ばれていますが、 さいと焼きが訛ったのでしょう。

毎年 1月15日に行われる さいど焼き ですが、ワラやカヤと一緒に昨年飾った御札や正月飾りを燃やします。
(写真は 2018年1月15日撮影)

それで そのさいど焼きの終盤に・・・

ここから大事

積み上げられたワラなどが燃えつきて 少なくなってから さいど焼きの中心にある 棒を倒す時が来るのです。

これは 子供の頃から強制的に 明の方(あきのほう)に向かって 人の手で倒されると認識しております。 もちろん燃える炎の中心にある棒は熱いので、別の棒で突いて倒します。

おそらく、理想というか 本来は さいど焼きのワラなどが燃え尽きて 自然に棒が(折れて)倒れて、その方角で農作物の収穫を占ったりするのだと思います。

この 「明の方」(あきのほう)こそが 恵方と同じ意味であり、今回調べたところ 読み方も異なっている事に気付きました。

「明の方」=「あきのほう」 ではなく 「明の方」=「あけのかた」「あけのほう」「あきのかた」

 

恵方

”その年の十干(じっかん)によって定められる、最もよいとされる方角。その方向に歳徳神(としとくじん)がいるとされる。吉方(きっぽう)。明(あ)きの方(かた)。” 引用 「恵方」 コトバンク

子供の頃から 「あきのほう」 って聞いて来ましたし、今年の1月15日も あきのほうに棒を倒しました。
僕としては 「あきのほう」というのも味わい深いと感じてます。

 

セブンイレブンの大成功

恵方巻は関西の文化だそうですが、なぜに関東というか日本全国に広まったのか。
それはセブンイレブンの営業努力によるものだと想像しています。
さらに他店の追随により 恵方巻が大幅に拡散!

先ほど紹介した さいど焼きは 毎年その行事を続けるのが難しくなっています。 規模を縮小する地域、 中止となり 行事そのものをやめてしまった地域もあると耳にします。

年々なくなる季節感。 聞いたことの無い文化、 美味しくて楽しそうなルール。
それと宣伝広告などの影響により 恵方巻は年々広まり認知度をあげていったのでしょう。

 

しつこいようですが、

僕の恵方イベントは 1月15日

僕の 恵方(明きの方)は、さいど焼きが行われる1月15日に 答えが出ています。
わざわざ節分の日に 恵方イベントを繰り返さずとも・・・ と、感じていました。

なので、正直なところ恵方捲に関して そんなに興味ありません。

ってゆーか

山形県民なら 恵方とか言ってる場合じゃありません。

節分の原点に返って
【でん六】の豆で豆まきして下さい!

今からでも遅くありません。 地元 山形県の企業を応援しましょう!!
豆をまくのは もったいないので 豆を食べましょう♪

本当、でん六豆は美味しいですよね。 やめられなくなるのがツライ。
僕ですか? たまに食べますヨ♪

恵方巻 自滅!?

今年の恵方巻は 商品ラインナップを増やしすぎたんじゃないかな。
コンビニの棚を覗くと、 なんでも巻いて 恵方捲っぽくデザインすれば 売れるかも。と、いう便乗商品が見つけられました。

節分バナナ&いちごのロー

その下の段には

節分 黒豆と黒みつのもっちロール

その他 節分や恵方捲きを強く意識した商品をいくつか目にしました。
(もしかすると僕が意識しすぎたのかもしれませんが)

とりあえず、巻いた商品を 恵方捲チックに売り出せば・・・ という意図が伝わってきました。

もしかすると、普通に美味しいスイーツできました。って発表されたなら良かったのかもしれません。

 

そして恵方捲が大量廃棄されたニュース記事なども目にしました。
ちょっとフィーバーしすぎたのだと思います。

 

面白いの見つけました!

節分や恵方捲と関係性は浅いようなのですが、

チョコバナナ巻

地元スーパーマーケット キムラで扱っている商品なのですが、独自センスで販売中。
チョコクリームとバナナチップは まぁ、すんなり受け入れられますが・・・

包んでいる 「竹炭パウダー入りの皮」 と、いうのが 春巻きの皮なんですよね。

あっ 「チョコバナナの春巻」 って書いてありました。

食べた感じは・・・

カリッと揚がった春巻きの感触と チョコクリームの甘さが来ます。
味は 個人の好みによると思います。
スーパーマーケット キムラのオリジナル商品だと思いますので、キムラにて購入してお試し下さい。

それにしても イラスト付きのパッケージシールが付いていて気合い入ってますよね。
キムラさんの攻めの体勢に心打たれます。
もう少し突き抜けると キムラ名物になれるのかもしれません。
米沢市が、チョコバナナ巻発祥の地として、歴史に残る日を迎える日が・・・

 

まとめ

・恵方は 明きの方(あけのかた)と同じ。 僕の地域では「あきのほう」と呼ぶ。
・恵方捲は 関西発祥の文化
・恵方捲は美味しいが、大きくて食べきれない物も。

・僕は 1月15日の さいど焼きで恵方は十分だと考えている

・恵方捲きに似ている商品が多く、本来の意味や行事がどこかへ行ってしまってる。
なので、消費者は 今年の恵方捲に対して少し違和感があったのではないでしょうか?

・山形県民なら 豆まき! でん六豆美味しい!!

・チョコバナナ巻もよろしく(キムラ)

 

お腹いっぱいになったら 少し休憩して温泉に入りましょう
今日も温泉日和です♪

 

 

 

 

 

 

 

見えない信号機【縦型】 雪国仕様

見えない信号機

写真の信号機は、先日投稿した記事で紹介したものですが、
くっつきやすい雪質で、なおかつ風が強い日は こんなふうに雪が信号機にくっついて 何色が点灯しているのか確認しづらい場合があります。

雪国仕様の信号機は タテ型が圧倒的に多いのです。
もちろん理由は、積雪の重みに対する強度を確保する為です。 雪が積もる面積を少なくしてあるのだと思います。

そして、縦型信号機にもバリエーションがありますので ちょっとだけ紹介致します。

逆に、米沢市内で横型の信号機が設置されている場所は かなり少ないです。 おそらく市内に設置されている信号機の95%以上がタテ型信号機だと思います。(個人的な感覚です)

以下、特に信号機マニアという訳ではありませんので 自己流で紹介致します。

 

電球式信号機

なじみ深い、定番タイプの信号機です。

子供の頃、信号機は 青、黄、赤 の3色と習いましたが、当時の信号機の青色は 実際には緑色に近い色でした。

”灯火の灯色については、1970年代以降のものは、色覚障害に配慮して緑色部分の色を国際基準から逸脱しない、ぎりぎりまで青色に近づけた色(おおむね波長が500nm前後)に変更されている。” Wikipedia 信号機 より引用

そうか。 青信号の色合いは、緑色に近い青色を採用していたから 緑色に見えたのですね。

 

 

LED式信号機(ノーマル)

長いまつげが特徴的です。 LED式で多く見られるタイプですので、LED式ノーマルタイプと位置づけました。 厚みはないものの、丈夫そうですし、見慣れたせいか信頼できる気がします。

 

LED式タテ型信号機カバー付き

写真は逆光の為 ちょっと見づらいですが、上部が少し尖った形の しずく型 というか 涙型のような透明カバーが付いているのが特徴の信号機です。 記憶では米沢市周辺で 2015年頃から見られるタイプです。

 

LED式タテ型信号機(薄型)

2017年から設置されたタイプの信号機です。
今までの信号機と 見た目が大幅に変わっています。 いろいろ改良されていると思うのですが、気付いた点をあげておきます。

とにかく 薄型、かなり軽量化されていると想像できます。 平面のようで少し弧を描いたデザインは風に対する抵抗値を低く抑える為だと思います。

僕が 改悪と感じる部分は、横からの視認性の悪さです。
この写真では、良く見ると青信号が点灯しています。

正面からですと、LEDランプの視認性は悪くありません。しかし、斜め方向や 横方向からですと どの色の信号が点灯しているのか 認識しづらく、ある意味キケンです。

信号機正面の走行車線からの視認性が良くなるように斜め下に傾けて設置されているのだと思います。
つまり、水平方向を向けて設置すると、信号機の一番前の車内から信号機の色が認識しづらいのかもしれません。 (それは問題ですね・・・)

視認性の悪さは、意図して設計されたものなのか、何らかの都合なのか、コストダウンによるものなのかわかりませんが、交差点の左右側の信号機表示がわからないとなると 安全性が下がるのではないでしょうか。

それとも、これからの自動運転時代に対応した何か特別な機能が仕込まれているのかわかりませんが、今のところはメリットがありません。

 

LED歩行者用信号機

特に意味も無く撮影したのですが、 気付いてしまいました。

ドットの色が違う!

色合いを調節しているのでしょう。 良く見ると緑と黄色のドットが光っているようです。
黄緑色に近い表示が行われているのかもしれません。

 

以上、 僕の身近な信号機を簡単にまとめましたが、 まだまだ信号機のバリエーションは豊富にあると思いますし、信号機マニアの方からすれば 甘すぎるとは思うのですが、気付いたらまたチェックしてみようと思います。
ただし、警察が管理するものですので 非公開部分も多いような気がします。

外から帰ってきたら うがい、手洗い、温泉入浴(笑)
今日も温泉日和です♪

 

参考文献 Wikipedia 信号機

※掲載した画像は停車中または、車から降りて撮影しました。