小野川月山から登る満月の謎に迫る!?

小野川月山から登る満月の謎に迫る!?

20191017

昨日に続き、当館の正面から昇る月を撮影しました。
まず、昨日と今日では月の出現に関して異なる点があります。

昨日は ほぼ山頂から

昨日は 小野川月山のほぼ山頂から 月が顔を出しました。
(ムーンカレンダーによる満月の日の2日後 2019/10/16)

記事にも書いたように ダイヤモンド富士のような位置から月が出現しました。

しかし、満月から3日後(2019/10/17)の月は 山頂の左側(北側)から昇ってきたのです。

と、なると 月が山頂付近から出てくるのは・・・ 満月の日じゃないのかも。

ムーンカレンダーをチェック

むーん。 観測場所は小野川温泉の当館の玄関前。
満月の2日後あたりが 小野川月山の山頂から 満月が出現する日なのだと思います。

 

山頂と満月のズレ

当館の玄関前から小野川月山を観察すると、
満月の日は小野川月山、山頂の少し右から月が出る。
山頂と満月で【A】のズレが出る。

ハッ!

視点を変えれば 山頂から満月が!?

観測場所を変えれば、見え方も変わるハズ。
その場合、月が右に見えるなら自分は左側へ移動すれば良いだろう。
たとえば、観測場所を郵便局へ移して 満月をチェックすれば・・・きっと!

 

パール小野川月山

ダイヤモンド富士に対して、あえて名付けると 「パール小野川月山」 でしょうか。

次回の観測は2019.11.12

できれば 満月の1~2日前に 山頂から満月が見えるよう、予想をつけておいて 撮影に挑むのが良いですね!

あとは晴れるだけだ!

まぁ、ね。 曇るんでしょうけど(笑)

ところで アレだ。 今回のレポで気付いたこと。

満月が昇る山だから 月山なんだな!

小野川温泉街から見える山から満月が昇ってくる。
だから 【月山】と呼ばれるようになった説。

この説は有力だと思ってます。
今まで先輩方から聞いたことがありませんでしたが、僕としては ほぼ確定しちゃってます。

もう少し掘り下げて場所を特定してみます。
もしかして、温泉が最初に湧いていた 小野川温泉発祥の場所である、
「尼湯共同浴場」から見た時に 山の頂上に満月を眺められるのかな。
などと想像したのですが、 月山の起源はもっと古いハズ。

塔原(とのはら)

塔原とは、温泉街から約200m先の橋を渡ってすぐの地名で、小野川郵便局周辺を指します。
その昔、塔原に住む「尼代」という女性が温泉を見つけたので「尼湯」と名付けられた説があります。


小野川温泉物語より

小野川温泉物語より

そうか!
小野川温泉を見つけた 尼代さんが住む地域から 満月を見れば・・・

満月の日はきっと 山頂に輝く月が・・・

ちょっとまって! 「どう山」説

その昔は 月山ではなく「どう山」と呼ばれていた。と、いう話を聞きました。
私の母である女将の父(祖父)が そう言っていたと記憶しているとの事。
「どう山」とは おそらく「堂山」ではないだろうか。と推測しています。

理由は、まず、古い地図を見て下さい。

この地図の正面に描かれているのが 小野川月山になります。
しかし 良く見ると 山の名前は書かれていません。
「月山」という文字が 一つも見つかりません。
見つかったのは 「御堂」があったようだ・・・ と、いう事でして。

「こくぞうどう」と読むらしいですが・・・ たぶん 「古くぞう堂」と書かれていると思います。
(間違っていたらごめんなさい)

「こくぞう」と言えば・・・

会津柳津の「虚空蔵様」の「こくぞうさま」とは 違う「こくぞう」なのでしょう。
米沢市(周辺も含む?)では、「十三参り」に柳津の虚空蔵様へお参りに行く風習がありまして。。。
(話が長くなるのでカット)

「月山」の前は「堂山」説

月山と呼ばれる前は 堂山と呼ばれていた説は なんとなく本当のような気がしています。
いつから月山になったのか、今は調べようとは思いませんが 何かの機会があれば追ってみます。

仮設は否定された(笑)

「尼代」さんの住んでいた 塔原から観察すれば、
月山の山頂から満月が昇る説は ちょっと信じられなくなってきました。
そもそも 月山が 月山と呼ばれてないとなると、自信が揺るぎます(笑)

この満月を撮影した時の記憶を辿ると・・・
山頂よりも 少し右側から満月が出ていた。 (この木 今もあるかな)

まず撮影してみようね

結局なにも解決しないまま終わってしまいました。
来月、満月が出る時に 山頂と満月が一致する場所から撮影して。
いろいろな事は その後に考えることにします。

とりあえず、 「堂山」=「月山」 だったのかもしれない。
山の中腹に 「こくぞう堂」があったようだ。
と、いう歴史を知った。と、いう事で ひとまず終わりと致します。

あまり役立ってない記事だな~(汗)
最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。

※本家の「月山」と間違わないよう 小野川月山と表記してますが、本当は「月山」です。

 

ふー 頭を使うと お腹が減る。 (何か食べましょう)

食べた後は 温泉でさらにスッキリしましょう!!

今日も温泉日和です♪

 

 

大沼デパート米沢店 思い出掲示板

大沼デパートの思い出
(平和通り商店街の思い出)

皆さん こんにちは。突然ですが、

大沼デパート米沢店-思い出掲示板

を設置しました。 URLは以下です。

http://onogawa.main.jp/bbs50/bbs.php

長年にわたり営業された米沢市の百貨店、大沼デパート。
大沼の品物は 一流品・一流ギフトの代名詞でした。

沢山の方々が買い物、遊び、若かった頃の思い。沢山のあふれ出る想いがある事でしょう。
大沼デパートや平和通り商店街の思い出を 少しでも教えて頂けたらとても素敵だと思い掲示板を設置しました。 宜しければ気兼ねなく書き込みして下さい。

宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m

水飲み器

今では 見かけなくなった水飲み器。 水は出ませんが 可愛らしいデザインが見られるのもいまのうちです!

と、いうワケで 大沼デパート米沢店の思い出掲示板 へ皆様の思い出をお寄せ下さい。

 

 

ホタル観賞とホタル撮影

ホタル観賞とホタル撮影

先日、ホタル観賞へ行ってきました。

ホタルの案内を行っていると 僕はガイドをする立場ながら、逆にお客様から情報を頂ける場合があります。

また、質問を頂く事により ホタルについて深く考えさせられる事も。

その中で、これは大切だな。と、感じたので 忘れる前に投稿致します。

僕自身、ホタル観賞 ホタル撮影 どちらも好きです。
ですから、どちらの気持ちもわかるつもりです。
まず、それぞれの立ち位置を比較してみます。

ホタル観賞とホタル撮影の違い?

ホタル観賞の場合

ホタル観賞をする場合は、ホタルを見る事が目的です。
僕のオススメは 安定した靴を履いて出かけて頂く事です。
ゲタやハイヒールはオススメしません。

時々 懐中電灯やライト類を持参される方がいらっしゃいます。携帯電話やスマホで代用になります。
足下を照らして 安全に移動して頂き、ホタル観賞の時は 立ち止まって安全を確認してライトを消して頂ければ良いと思います。

ホタルが小川の近くに発生する事を考慮すれば、ホタル観賞をして 小川に落ちないよう気をつけて頂きたいと願っています。 ケガして欲しくないです。

ホタルが格好良いコースで飛んでくれました!

ゲンジボタルは 時々、点滅せずに光ったまま飛行する様子を目にします。
特に、このホタルは ギュイーーーンとカメラの前を横切ってくれました。
こんな格好良い残光、なかなかありません♪

 

ホタル撮影の場合

ホタル撮影の場合は、 装備にけっこう気を遣います。
比較的高額なカメラやレンズを準備する必要があり、三脚やその他の装備をする事も多いです。
(ホタル撮影の詳細に関しては各自検索して下さい)

撮影する時間ですが、一度のシャッターを切るのに数秒から数分。と、ホタル撮影は 「パシャ」っと一瞬で終わるわけではありません。 数分間撮影したところに、ライトをピカっと照らされると 作品としては たぶん良くない物になってしまいます。 数分間が 「ピカッ」と照らされた瞬間・・・ ガックシ。

噂ですが、カメラマンが ずらりと並んでホタル撮影している場所で 不用意にライトを照らしたりすると怒鳴られるらしいです。 数分間かけた作品が 一瞬でダメになったら怒りたくなる気持ちもわかりますが・・・

もしも、そんな場所だとしたら、楽しみに出かけて「癒やされる時間」を想像して訪れたホタル観賞で、逆に緊張してしまいます。

とにかく、ホタル撮影中に懐中電灯や車のライトで照らされたら 写真は、ほぼ台無しになります。
「お願い…車よ来ないでちょうだい。」 そう願いつつ、撮影する事もありますが、 そもそも自分が車で訪れているので 文句言うつもりはありません。

 

木星と飛行機とホタル

南の空に光る木星が目立っていました。
星空と蛍を狙っていると 飛行機が飛んできて 人工衛星も写っているのかな。
夜空に浮かぶイロイロが写った一枚。

 

ホタル観賞(撮影)に関して貴重な意見

お客様にお聞きした意見は 僕があまり考えたことの無かった物でした。

ホタル撮影が禁止されている場所がある。

その理由は、やはり カメラマンとホタル観賞する人のトラブルを避ける為のようでした。

詳しく伺ったワケでもありませんし、WEBを検索したワケでもありません。
ただし、その言葉で 察した意味は・・・

ホタルは観賞する人が優先

ホタルは観賞する人が優先

大切な事なので2度言いました。

そしてもう一度言わせて頂きます。

ホタルは観賞する人が優先

 

実は、僕は一度だけ いきなり怒鳴られたことがあります。

ある場所へ車で ホタルを探しに行きました。

そしたら、暗闇からおじさんが出てきて ホタル撮影に来たのか 尋ねられました。

撮影する事もある。と、答えると・・・

「ホタル撮影するなら ライトが当たったらダメなのわかってるだろ」
と、いう感じの注意をうけました。

その時は、撮影者の気持ちがわかるので、 「スイマセン」と引き下がって帰ってきたのですが 僕自身考えさせられる出来事だったのを記憶しています。

※土地の所有者がどうとか、注意書きがどうとか、事前の許可の有無とか。考えられる条件はいろいろありますが、ここでは控えておきます。

 

光の帯が凄い!

偶然カメラの前をホタルが通過!
ここまで近くをサービス飛行してくれる事はナカナカありません。
意味不明かもしれませんが、迫力のある一枚。

 

小野川温泉のホタル観賞は恵まれている

ホタル観賞のお客様が 押し寄せる程でもありませんので、のんびりホタル観賞するには良い場所なのだと思います。
また、ホタル観賞スポットが徒歩圏内にあり、車で移動可能なら また別の場所でホタル観賞ができる。
小野川温泉やその周辺に限らず、米沢市周辺ではホタルを観賞する事も可能。

結果的に、この場所のこの角度から見るのが最高!と言われるようなポイント的な物ではなく エリアとしてホタル観賞を楽しめる恵まれた土地なんだと感じました。

 

僕個人の考え方としては

ホタル撮影をしている時に、車が通ったり 他人のライトが当たったりした場合 「あらら…やられた」 くらいにしか思ってませんでした。 車が近づいてくる場合は 遠くからライトの光が見えるので事前にシャッターをストップする事も可能です。

ホタル観賞に訪れた方が持参したライトで周りを照らされた場合は 僕がホタル観賞している場合や ホタル撮影している場合。 どちらの場合でも ライトを消してくれるように伝えると思います。

周りにホタル観賞されている方が沢山いらっしゃれば なおさらですが、ライトのスイッチを入れると 暗闇に慣れた目に光が刺さるように眩しく感じる為です。

そして、今回の件で 明確に感じたのは ホタル観賞とホタル撮影で どちらを優先すべきかと言えば
ホタル観賞する人が優先なのだと思います。 もちろんですが、撮影している方の邪魔にならないよう気をつけたり、機材に触れないなど配慮する必要はあります。 (ホタル撮影の邪魔になるような事をしても良いというわけではありません。)

どちらもホタルが好き

ホタル観賞している人、ホタル撮影している人。
どちらもホタルが好きで訪れています。 小野川温泉付近でトラブルが起きているワケではありません。
トラブルになったら嫌だな。 みんな楽しく見て欲しいな。 そしてこれからもホタルが沢山見れますように。
そういう思いで今回の記事を書きました。

立体感のあるホタルの風景

手前から奥に伸びたホタルの残光と、中心で賑やかに舞っているホタル。
良く見ると、ずっと奥の方でチラチラと光っている姿が見えます。
奥に見えるのは吾妻山。 山の方角で少しだけ位置関係がわかる写真になってます。

ホタル撮影は楽しい!

ホタルをカメラ撮影するのは楽しいですし、夜景や星空撮影よりもハードルが高いです。

スマホで撮り慣れた写真と違って、10秒・20秒・30秒・1分。

1分後にならないと 撮影結果がわからない。 そんな撮影なかなかありません。
そんな ワクワク感のある写真撮影、オモシロイですよ~♪
スマホ撮影を否定するワケではありません。 スマホ撮影が簡単すぎて それに慣れちゃってるんです。

撮影に関して・・・

撮影の問い合わせがあった場合は事前に その時期に撮影しやすいスポットをご案内する場合もあります。 テレビ局の方を案内する場合もあります。

その場合、理想は明るいうちの下見が大切です。 この場所にホタルが出やすいので この角度から撮影すると良いかもしれません。と、具体的に案内する事もあります。 ホタルの飛んでいる時間は短い為 やり直しが効かない事が多いです。 そして、せっかくのチャンスですから美しく癒やされるホタルを魅力的に撮影して頂きたいです。
是非ホタル撮影にチャレンジして楽しみましょう♪

※スマホでホタル撮影するのは難しいですし、フラッシュの設定を「切」にしてチャレンジして下さい。
おそらくピントが合わなくて 撮影自体不可能かもしれません。
また、ホタル観賞されている方がいらっしゃる場合、フラッシュ撮影は迷惑になる場合があります。

※僕が常にホタル撮影の案内を行えるものではありません。
問い合わせに対して明確に応じられるわけではありませんので予めご了承下さい。

 

今後は・・・

今後 考えが変わるかもしれませんし、ルールが作られて行くかもしれません。
基本的には ホタル観賞の方を優先すべき。という事で どうぞご理解ご協力をお願いします。

そして、恵まれた小野川温泉とその周辺の地域に改めて感謝せねばと思いました。

 

ほたる観賞する時期は ジメッと湿度の高い日が多いです。
そして、ほたる観賞から戻ったら 温泉で汗を流せば気持ちいい!

今日も温泉日和です♪

 

おぎうまし ? とは

おぎうまし

 

はい。
お察しの通り、方言なんです。が・・・

その意味は なんとなく想像できますでしょうか?

代表的なものとして、ラ・フランス がそれに当てはまります。

おぎうまし とは、僕が勝手に漢字を当てはめますと、
このようになりました。↓↓

「置き美味し」

一般的には 「熟成」と表現するのでしょう。
「追熟」
という言葉もあてはまります。

つまりは、果物等を収穫してすぐ食べるよりも ある程度の期間を経過した後に食べると美味しさが増す事です。

アボカドも 食べ頃があるそうで、
今回のネタモトは 林先生の番組でアボカドが紹介されている時に
女将が 「アボカドって おきうまし だべ」 なんて言ったのが発端です。

おぎうまし ・・・ 普段はなかなか耳にしなくなりましたし、
聞いたとしてもピンと来ません。

ラ・フランスの食べ頃

旬の時期を迎えた。 と、いうのとは違いまして。

少し早めに収穫しておいた果実を、
すこし保存(放置)しておくと 食べ頃になる意味での 食べ頃。

山形名産である ラ・フランスは、食べるタイミングが少しシビアです。

ちょっと早く食べると 固いし、遅くなると 柔らかすぎる場合があり。
食べ頃を判断するセンスが求められます。

完熟トマトは?

完熟トマトって甘くて美味しいんですよね?
完熟っていうくらいですから、完熟トマトは 購入したら早めに食べるのが良いのでしょうか?
熟成期間は必要ないのだと思います。(たぶん)
僕はトマトがあまり得意じゃなくて・・・
フルーツトマトですと、時々美味しい事はあるんですが・・・
給食で初めて食べた緑っぽいトマトが酸っぱくて苦くて それ以来苦手になりました(笑)
話がそれました。 今日はこのへんにしとぐべ。

――――――――――――――――――

方言の話は地域性があって面白いです。

どーろびん

 

FTPファイルが表示されない(ロリポップ)(備忘録)

FTPソフトにて
サーバー側のファイルが表示されない

ロリポップ契約のレンタルサーバにて FTP接続しても
サーバー側のファイルが表示されない場合

FFFTPにて 2つのエラー を修正したら 問題が解決しました。

まずはログインできているか確認

「ログインできません」 これでは、話が進みません。
ログインID、パスワードに関しては自分自身で解決するしかありません。(ガンバレ)

 

 

FFFTP 一番下のログ表示部分で 下記のメッセージが表示されていたら

550 PWD:Permission denied

IPアドレスで制限されている かもしれません

僕の場合、IPアドレスによるFTPアクセス制限の設定した事を忘れていました。(ぉぃ)
サーバにアクセスする為の FTPソフトをインストールしているPCのIPアドレスは
プロバイダにより数ヶ月変わらない場合もあるので 普段は放置でOKです。

本当に うっかりしてました

リンク: FTPアクセス制限の設定方法 ― ロリポップ

 

IPアドレスによるアクセス制限の設定に関して
以下のサイトを参考にさせて頂きました。

550 PWD:Permission deniedというエラーでFTP接続出来ない場合の対処法

 

 

もう一つの良くあるエラー

226 Transfer complete

FTPソフトでファイルが表示されない場合に よくあるエラー

■ 【PASVモードを使う】 設定のオンまたはオフ

■ 【LISTコマンドでファイル一覧を取得】 設定のオンまたはオフ

【重要】 FFFTP 再起動 !

再起動しないと ファイルは正常に表示されませんので、注意が必要。

パソコン本体を再起動する必要はありません。
FFFTPのソフトを終了して すぐに起動すればOKです。

下記のサイトを参考にさせて頂きました。

【FFFTP】ファイル一覧が表示されず『257 “/” is current directory.』と表示されている

 

これで やっとホームページのファイルの更新が出来ます。

皆さんにも 温泉日和がさらに広まるよう更新して行きます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます!

m(_ _)m