桜咲きました!米沢市20180415

米沢市の桜が咲きました

画像は2018年4月15日 撮影

上杉神社は もちろんですが、その他の米沢市と周辺の桜スポットも見頃を迎えていると思います。

今週は米沢市で お花見などいかがでしょうか?

上杉神社の参道には 出店も並んでました。

画像で確認できるだけですが、
・水あめ屋さん、やきそば、スノーアイス、みたらし団子、たこやき など約10軒の出店が確認できます。

これで天気が晴れると お出かけしたくなります♪♪

まもなく道の駅がオープン!

※道の駅米沢 のオープンは 今月20日でございます。
(2018年4月20日オープン) 桜が満開かもしれません♪

リンク 道の駅米沢 ― 公式サイト

小野川温泉の桜は…

20180416撮影

場所は当館の真後ろ、小野川児童遊園。
まだ ツボミですが、桜色に膨らんできました。
開花まで あと1週間くらいでしょうか。

もうすぐ春ですね~♪

外の空気は まだ肌寒さが残ります。
花見の後に温泉はいかがでしょうか?

今日も温泉日和です♪

 

 

米沢 仙台 高速バスが便利に!2018

米沢 仙台 高速バスが便利に!2018

2018-04-20(金)より

運行ルート・ダイヤが大幅リニューアル!

■ルートと料金などが変わります

今までのルートは 下記の公式サイトへのリンクより確認頂けます。
この記事では 新しいルートとサービスを紹介致します。

【公式サイト リンク】
JRバス 仙台-米沢  自由乗車制<無予約制>平成30年4月20日改正
山交バス 米沢~仙台線 – 山交バス

 

米沢 ← 約120分 → 仙台

■運賃 大人1,960円 子供 980円

■2回券 3,500円 (2人で行くのに便利!)
 <1回あたり210円、合計420円お得!>

■6回券 10,000円 (何人で利用してもOK!)
※回数券は1人でも、複数人でもご利用頂けます。
 <1回あたり293円、合計1760円お得!>

 

仙台 発 → 米沢 行き
■乗り場
●仙台駅東口72 → 広瀬通一番町
トイレ休憩 ~ 東北自動車道国見SA
■降り場
●道の駅米沢 → 米沢駅東口 → 上杉神社前

米沢 発 → 仙台 行き
■乗り場
●上杉神社前 → 米沢駅東口 → 道の駅米沢
トイレ休憩 ~ 東北自動車道国見SA
■降り場
●広瀬通一番町 → 仙台駅東口 → 宮城球場前

 

仙台 → 米沢 高速バス 時刻表

 停留所
便

便

便

便

便

便
仙台駅
東口72
6:30 9:40 14:00 16:00 18:00 20:00
広瀬通
一番町
6:38 9:48 14:08 16:08 18:08 20:08
道の駅
米沢
8:14 11:24 15:44 17:44 19:44 21:44
米沢駅
東口
8:20 11:30 15:50 17:50 19:50 21:50
上杉
神社前
8:30 11:40 16:00 18:00 20:00 22:00

 

 

米沢 → 仙台 高速バス 時刻表

 停留所
便

便

便

便

便

便
上杉
神社前
6:05 8:00 10:00 12:00 15:00 16:50
米沢駅
東口
6:15 8:10 10:10 12:10 15:10 17:00
道の駅
米沢
6:21 8:16 10:16 12:16 15:16 17:06
広瀬通
一番町
7:57 9:52 11:52 13:52 16:52 18:42
仙台駅
東口
8:05 10:00 12:00 14:00 17:00 18:50
宮城
球場前
10:07
12:07
14:07
●★
17:07

●デーゲーム開催日 延伸運行  ★ナイトゲーム開催日 延伸運行

 

米沢のバス停留所 個別紹介

■上杉神社前 バス停

このバス停で降りれば 上杉神社へお参りはもちろん、
観光物産センター城史苑でおみやげを見ながら時間調整や待ち合わせをする事も可能。

小野川温泉へ向かう場合 山形交通バス 「松が岬」 バス停が最寄り。

 

 

小野川温泉から仙台へ向かう場合は、「公園北口」バス停にて下車。

公園北口バス停に関しては こちらの記事を参考にして下さい。

●小野川温泉まで 車で約15分 7.5km

 

■米沢駅東口 バス停

米沢駅は 西口がメインとなり、東口はすこし寂しい感じがしますが、近所のマックスバリュが24時間営業しているので 何かと便利な場所でもある。
東京←→山形 高速バスも こちらが発着所となっている。
●小野川温泉まで 車で約20分 10km

■道の駅米沢 バス停

2018年4月20日オープンの道の駅米沢 敷地内に 高速バス停留所が設置される。
現在 オープン前ですので、詳細は不明。
米沢市民がマイカーでここへ来てバス利用するのにナイスな場所になるだろうと予想。

逆に、仙台からバスに乗車してきたお客様が 無計画にこのバス停で下車した場合、道の駅で食事やお買い物が楽しめますが、その後の移動は便利とは言えないかも。
ご利用は計画的に。。。
●小野川温泉まで 車で20分 約10km

■チラシです

 

【公式サイト リンク】
JRバス 仙台-米沢  自由乗車制<無予約制>平成30年4月20日改正
山交バス 米沢~仙台線 – 山交バス

■おまけ、いざ松島へ !?

米沢発 → 仙台行き便にて さらに充実!?
旅の目的地が 松島方面の場合、仙台駅より列車利用で移動するのが良いと思うのですが、
宮城球場にて デーゲーム・ナイトゲーム開催日に限り、
同料金にて宮城球場まで乗車が可能です。

上手に利用すれば、時間とお金の節約になるかもしれません。
宮城球場前 下車 → 徒歩600m → 宮城野原駅(仙石線)

海へ行ったら美味しい魚 食べたいなぁ♪

 

■最後に ちょっとワザを。

※このバスは予約制ではありません。満席のため、ご乗車頂けない場合がございます。

と、注意書きがあります。高速道路を利用するルートなので 路線バスのように立って乗るわけには行かないため、必ずシートに座る必要があります。
つまり、シートが埋まった場合は 乗車できません。
混み合いそうな場合は なるべく始発に近いバス停、上杉神社から乗車するのがベストです。

 

高速バスのおかげで仙台←→米沢の移動は 本当に便利になりました。
併せてJRの利用や 山形駅←→仙台の高速バスを利用すれば、
緊急事態のカバーもできると思います。
また、高速バスの運行が終わった後の遅い時刻でも移動が可能です。

 

※上記データの内容を保証するものではございません。事前にご確認下さい。

 

山形~宮城の移動をしつつ 温泉が楽しめたら良いですね~

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉→→白布温泉 バス乗換案内

小野川温泉 → 白布温泉 バス乗換案内 2018冬

この記事のバス乗換案内表を観光や移動の参考にして頂ければ幸いです。

乗換案内表 お役立ち例

小野川温泉を出発して・・・

●上杉神社へ行きたい 「公園北口」バス停下車
・上杉神社参拝、観光物産センター城史苑、上杉博物館伝国の杜
・その他 米沢観光の拠点ですので どうぞ訪れてみては。

●笹野観音へ行きたい 「笹野大門前」バス停下車
・笹野観音様にお参りしたい
・笹野一刀彫りを見学したい
・曲家なでら で、お蕎麦を食べたい などなど

●政坊でお蕎麦を食べたい 「横道」バス停下車
(バス停より 約1.2km)
・クロダさんのお家へ行きたい など

●白布温泉へ行きたい
・白布温泉 旅館(東屋、不動閣、西屋さん等)や、かもしか(太田酒店)さんなど

●天元台へ行きたい
・スキー、スノーボード、登山、ハイキング
・高山植物や景色を楽しんだり、夏は涼しく、紅葉の時期も人気スポットです。
・天元台湯元駅の先に「新高湯温泉」さんがあります

 

アクセス バス(乗換)案内

山形交通バス
小野川温泉→米沢駅
山形交通バス
米沢駅→白布温泉
 プ

小野川
温泉
(乗車)
公園
北口
(下車)
徒歩
450m
5分
上杉
神社前
(乗車)
笹野
大門前
横道 白布
温泉
(下車)

07:42

07:58
徒歩
5分
08:18 08:25 08:35 08:48
08:47 09:03 時刻に
注意!

09:08

09:16

09:25

09:38
10:17 10:33 徒歩
5分
10:53 11:01 11:10 11:23

12:28

12:36

12:45

12:58
12:57 13:13 徒歩
5分
13:38 13:46 13:55 14:08
14:42 14:58 徒歩
5分
15:48 15:56 16:05 16:18
16:32 16:48 徒歩
5分
17:38 17:46 17:55 18:08
18:22 18:38 徒歩
5分
なし なし なし なし

※赤の時刻は 土日祝日 運休
お盆・正月などのダイヤも含め、事前にご確認下さい。
※白布温泉 バス時刻 平成29年12月1日改正
※小野川温泉 バス時刻 平成29年4月1日改正
小野川温泉を出発し、上杉神社の最寄りバス停である 「公園北口」にて下車。
そこから450m 約5分を徒歩移動。 上杉神社付近のファミリーマート前の 白布温泉行きバス停留所から 白布温泉行きバスに乗車し、最終的には白布温泉街 そして終点の天元台ロープウェイ湯元駅まで乗車することが出来る。 どのように利用されるのか、あとはあなたの計画次第です。

 

徒歩 約450m 5分 区間案内

「公園北口」バス停留所で下車 → 「上杉神社前」まで徒歩移動します。

移動の手順
公園北口で下車した後、乗ってきたバスの進行方向へ進みます。
約100m先、信号機のある交差点を右折、約250m先に信号機があります。
ファミリーマートの隣、上花輪という米沢ラーメン屋さんの前がバス停です。

このバス停は、時間に余裕があれば、上杉神社の参拝や 観光物産センター城史苑にて、米沢市のおみやげ品を選びつつラウンジで軽食をとる事も可能です。
寒い日はコンビニでお買い物しながら、または近所のラーメン屋さんで食べながらバスが来るのを待つことも出来ます。

交差点付近には、他方面行きのバス停が数カ所ありますので、よーく確認してご利用下さい。

ひとつ心配が・・・

プランB ですが・・・
小野川温泉8:47発→公園北口9:03着 このバス停から走って、
上杉神社前9:08発のバスに乗車できるかどうか心配です。
かなりタイトなスケジュールですので、このプランはオススメしません。

 

以上、
バスの利用や乗換は地元住民なら想像しやすいケースが多いですが、遠方から訪れた皆様は 計画するのが難しいと思います。 この乗換案内が観光される方の一助になれば嬉しい限りでございます。

 

最後に・・・
白布温泉・新高湯温泉・小野川温泉 どの温泉も宜しくお願い致します。
今日も温泉日和です♪

 

見えない信号機【縦型】 雪国仕様

見えない信号機

写真の信号機は、先日投稿した記事で紹介したものですが、
くっつきやすい雪質で、なおかつ風が強い日は こんなふうに雪が信号機にくっついて 何色が点灯しているのか確認しづらい場合があります。

雪国仕様の信号機は タテ型が圧倒的に多いのです。
もちろん理由は、積雪の重みに対する強度を確保する為です。 雪が積もる面積を少なくしてあるのだと思います。

そして、縦型信号機にもバリエーションがありますので ちょっとだけ紹介致します。

逆に、米沢市内で横型の信号機が設置されている場所は かなり少ないです。 おそらく市内に設置されている信号機の95%以上がタテ型信号機だと思います。(個人的な感覚です)

以下、特に信号機マニアという訳ではありませんので 自己流で紹介致します。

 

電球式信号機

なじみ深い、定番タイプの信号機です。

子供の頃、信号機は 青、黄、赤 の3色と習いましたが、当時の信号機の青色は 実際には緑色に近い色でした。

”灯火の灯色については、1970年代以降のものは、色覚障害に配慮して緑色部分の色を国際基準から逸脱しない、ぎりぎりまで青色に近づけた色(おおむね波長が500nm前後)に変更されている。” Wikipedia 信号機 より引用

そうか。 青信号の色合いは、緑色に近い青色を採用していたから 緑色に見えたのですね。

 

 

LED式信号機(ノーマル)

長いまつげが特徴的です。 LED式で多く見られるタイプですので、LED式ノーマルタイプと位置づけました。 厚みはないものの、丈夫そうですし、見慣れたせいか信頼できる気がします。

 

LED式タテ型信号機カバー付き

写真は逆光の為 ちょっと見づらいですが、上部が少し尖った形の しずく型 というか 涙型のような透明カバーが付いているのが特徴の信号機です。 記憶では米沢市周辺で 2015年頃から見られるタイプです。

 

LED式タテ型信号機(薄型)

2017年から設置されたタイプの信号機です。
今までの信号機と 見た目が大幅に変わっています。 いろいろ改良されていると思うのですが、気付いた点をあげておきます。

とにかく 薄型、かなり軽量化されていると想像できます。 平面のようで少し弧を描いたデザインは風に対する抵抗値を低く抑える為だと思います。

僕が 改悪と感じる部分は、横からの視認性の悪さです。
この写真では、良く見ると青信号が点灯しています。

正面からですと、LEDランプの視認性は悪くありません。しかし、斜め方向や 横方向からですと どの色の信号が点灯しているのか 認識しづらく、ある意味キケンです。

信号機正面の走行車線からの視認性が良くなるように斜め下に傾けて設置されているのだと思います。
つまり、水平方向を向けて設置すると、信号機の一番前の車内から信号機の色が認識しづらいのかもしれません。 (それは問題ですね・・・)

視認性の悪さは、意図して設計されたものなのか、何らかの都合なのか、コストダウンによるものなのかわかりませんが、交差点の左右側の信号機表示がわからないとなると 安全性が下がるのではないでしょうか。

それとも、これからの自動運転時代に対応した何か特別な機能が仕込まれているのかわかりませんが、今のところはメリットがありません。

 

LED歩行者用信号機

特に意味も無く撮影したのですが、 気付いてしまいました。

ドットの色が違う!

色合いを調節しているのでしょう。 良く見ると緑と黄色のドットが光っているようです。
黄緑色に近い表示が行われているのかもしれません。

 

以上、 僕の身近な信号機を簡単にまとめましたが、 まだまだ信号機のバリエーションは豊富にあると思いますし、信号機マニアの方からすれば 甘すぎるとは思うのですが、気付いたらまたチェックしてみようと思います。
ただし、警察が管理するものですので 非公開部分も多いような気がします。

外から帰ってきたら うがい、手洗い、温泉入浴(笑)
今日も温泉日和です♪

 

参考文献 Wikipedia 信号機

※掲載した画像は停車中または、車から降りて撮影しました。

 

館山4の坂から川西町小松へ向かう場合

館山4の坂→川西町小松方面へのルート比較

まずは画像をご覧下さい。

小野川温泉より北へ(米沢市街方面)4kmほど。
1つめの信号機がありますが、その手前の下り坂は「4の坂」と呼ばれています。

ちがいますよ。 死の坂ではありません。 ヨンの坂です。
(ヨン様とも無関係です)

1の坂、2の坂、3の坂、4の坂 それぞれありまして 4番目の4です。

1~3の坂の 具体的な場所に関しては またの機会に・・・

 

下の地図の マークが 4の坂です。 そこから川西町小松方面を目指す場合に 2つのルートがありますので どちらを通った方がメリットがあるのか比較してみます。 マークが合流地点です。

ルート1 5分 3.7km

ルート1は 距離が500m短いです。しかし、カーブと起伏の激しいコースになっています。道幅も対向車線はあるものの 広い方ではありません。
しかし、通行量は少なめですし 信号もありません。
(冬期間は除雪をしない為 通行止めの農免道路である)

ルート2 6分 4.2km

国道を走るルートです。最初は 国道121号線、信号を左折して 国道287号線。
287号線は そんなに広い道路ではありませんが国道ですので それなりに整備されています。

スピードを出せるのか?

ルート2は 平地を走るルートですので、ある程度スピードを出せます。 しかし圧倒的なアドバンテージがあるワケではありません。 むしろ、1つだけですが、信号機で待たされると 大幅に時間をロスします。 可能性は少ないですが、場合により信号機で渋滞します。

500mの差

2つのルートを比較すると 気になるのは500mの差です。

500mを 時速50kmで走行した場合 約36秒かかります。

つまり同じスピードで走行した場合 ルート1よりも ルート2は36秒多くかかります。
しかし、平地でスピードを出して 36秒を短縮できれば・・・

結論 どちらも結果は似ている

大きな差はない。 これで悩まずに通行する事ができます。

ルート1の周囲には りんご畑が広がり、高い位置から米沢市街地を見下ろすことができるので ちょっと景色が良いです。 冬期間は除雪作業が行われない道路なので通行できません。

ルート2には コンビニやホームセンターがありますので、買い物しながら目的地を目指すことが出来ます。 車が多いタイミングなら 避けた方が良い場合もあります。
特に 逆方向から走行する場合 信号機の場所で渋滞する可能性が高いです。