【ハート】を描くヒメボタル

先日、ヒメホタルの撮影をしていたのです。(20170711)

何枚か撮影したところで 偶然ヒメホタルがハートの形を描きました。

可愛いので ポスターにしようかな。と 考えてます。

【ワンショット】

ほたるを撮影した作品の場合・・・
写真を何枚も撮影して、重ね合わせる手法もあるのですが、僕はそこまで到達しておりません。(時間もかかりそうですし なんとなく・・・)

(さらに…)

ほたる撮影20170705

20170705

本日は 簗沢エリアにて ほたるを撮影してきました。

写真を良く見ると たくさんのホタルが探せます

 

撮影のコツ、流れ

まずは 空が明るく見通しの良い状況で(遅くても 19:30)に現地入りするのが理想です。

19:44 空は晴れていた

車でのアクセスや駐車スペースの確保、徒歩移動した場合に 水路に落ちたりしないよう周辺の状況を把握しておくと 暗くなってからの移動がスムーズです。 ホタルが出始めるまで待つ時間。 実は、その時間が贅沢とも言えます。 自然の風景を眺めながめつつ 何もしないでじっとしている。 そんな時間は 意外と味わえないものです。

一番星は南西方向に赤っぽい色の星が見えた

空には 一番星が見えて いよいよ、周囲の草むらの中で ホタルが光り始めました。 しかし、活動的に飛び回るのではなく 様子をうかがうように待機中。

ちなみに 満月は9日

南の空の月が明るい!(満月と半月の間くらい) 空には雲が少なく、月明かりが草葉を照らしすぎて ほたる撮影としては ちょっとヤッカイな事になりそうな状況。

19:50 になっても、まだ空は薄明るい状況。

気温は肌寒い程ではなくまぁまぁヨシ

風は弱めにながれて ホタルが飛ぶには問題ないレベルでした。

でも、やっぱり月が気になります。。。

 

ホタル撮影

最初に カメラをセッティングした場所は 見通しの良い場所だったのですが、山際の方に ホタルが沢山飛び始めたので移動しました。

事前に近所の方に挨拶して車を止める場所をお借りしたときに、ほたるの情報を聞くことができたのでスムーズに移動できました。(私有地にお邪魔するわけですし)

 西側の山際だったので平地で見通しの良い場所よりも先に日が落ちます。 つまり、ホタルが飛び始めるタイミングが早い上、月明かりの影響もいくらか少ない為 撮影しやすくなりました。

何枚か撮影したのですが、なかなかうまくいかないものです。 ホタルとの距離を詰めつつ、何度かチャレンジしますが、ホタルがイイカンジに飛んでくれないと どうしようもありません。

ホタルくん。 サービス飛行 お願いします(笑) (飛ぶのは主にオス)

5~10分 観察していると、 ホタルが活発に飛んだり、休憩したりする ナミが訪れます。

本当、気の長い撮影です。

 

気の長い・・・ と、書きましたが 現場はそうでもありません。

綺麗なホタルの光を見ながら、次はどのように撮影するのか、場所移動しようか。 いろいろ考えているうちに 時間が過ぎ去っていきます。 

 

さて、撮影の詳細です。

 

EXIF 情報(撮影プロパティ)はこちら

98秒もシャッターを開けていたので すっかり空が明るくなりました。(RAW現像すれば好みの暗さに調節できます)
ISOも めいっぱい上げてます。

生き物相手の撮影だけに、どんな撮影設定が良いのか迷います。
ホタル撮影は何度も経験を積むのが上手くなる近道なのだろうなぁ。

夜景や星空を撮影した事があっても ほたるの撮影は まったく別物です。 カメラ歴が長くてもホタル撮影が初めての方は面食らうと思います。

 

それよりも 心は密かに 6D Mark2

先日(20170629)、キャノンより新型の一眼レフカメラ Canon EOS 6D Mark II が発表されました。

この機種の登場を2年ほど待ってました。

以前から噂になっていて ついに先日発表されたばかり。 発売はもう少し先(8月上旬)ですので 当然ですが今年のホタルの時期は終わってます。 来年までガマンする予定です。(購入できるかは 別の話ですが)(笑)

現在 所有している 7Dは動く被写体に強いと言われてますので、ホタルや星空を撮影するには ちょっと不向きのようです。 それでもお気に入りのカメラなのですが。

今年の秋には iPhone の10周年記念モデルも発売されるらしいし。 スーパーファミコン ミニも発売されます。 どうしましょう。。。

どうもしないです(笑)

 

やっぱり 6Dが欲しいよね。

でも、それを買っちゃうと レンズが欲しくなるんです。

本体は高額だし、レンズも上を見ればキリが無い。そうやって沢山の方々が沼にはまって身動きが・・・

 

このまま ガマンしようか。

温泉に浸かりながらも悩みつつ、身体が温まってゆきます。

ほたる撮影の後は やっぱり温泉がいいですね。(身体が冷えてます)

 

カメラの事で悩みつつ・・・

今日も温泉日和です♪

うめたま

 

 

速報 ほたる撮影スポットガイド(案)2017

20170630

この写真は車に積んでいたカメラで突発的に撮影しました。
EOS kiss x7 18-55 3200 30sec

 

昨夜は ほたる公園にて ゲンジボタルが盛況でした。

あの発生具合ですと、写真撮影しても なかなかのシーンが撮れるかもしれません。

実際、カメラを構えた方が数人おられました。

僕も撮影したかった。

 

【ほたる撮影の必須条件】

◆絶対にフラッシュを炊かない

◆三脚持参

◆日中に撮影現場を確認できる方

◆自分で移動できる方(車)

◆レリーズ必要

◆バルブ撮影ができる機種

 

【ほたる撮影 基本準備】

◆マニュアルフォーカスで撮影すべし

◆AFを使うと補助光が出るので周りの撮影者に迷惑になります。予め補助光の設定をOFFにする等

※上記の意味がすべて理解できる良識のある方で、当館へ宿泊される方のみご案内致します。

 

上記条件を満たせる方で、できれば僕と気が合いそうな方は どうぞ当館へ御宿泊下さい。

20170630現在、撮影ポイントをバッチリご案内できそうです。

撮影できるのは あと一週間ほど。7月7日まで。(追加情報があるかもしれません)

出発は19:30がオススメです。ほたる撮影は、出始めのタイミングを狙うのがベスト。

おそらく じっくり撮影すると あっという間の90分間になるはずです。

しかし、天気予報は連日【雨マーク】です!徳を積んで せめて夜だけでも晴れるよう祈って下さい!!

 

 

2017ほたる観賞の基本

ほたる観賞の基本 2017
小野川温泉うめや旅館ver

今年も小野川温泉でホタルが見られる時期が近づいて参りました。(6月上旬現在)
僕なりの「ほたる観賞の基本」をご案内致します。
この記事の内容は僕が学んだこと、またはホタル観賞を行って現場で感じたことをまとめました。(特に 毎年変わる事ではありませんが どうぞ観賞前に御一読下さい)

■時期 6月上旬から
これは経験則ですが、ホタルは小野川温泉付近において 毎年6月上旬から出始めます。今年の積雪状況やその後の気候から想像するに6月10日頃には見られると予想しています。 しかし、正確な所はわかりません。見つけ次第 こちらのブログにてお知らせ致します。

■時刻は 20:00(前後)からを守って 
ほたるが活動を始めるのは、暗くなってすぐ。 日の入りの時刻によりますが おおよそ20:00 もしくは 少し前から見学できるよう準備するのがベストです。
ほたるが一晩中飛んでいるワケではありませんのでご理解下さい。

■場所 ベストポイントは毎年変わる
ホタルは生き物です。川の状況も変わります。故に ほたるが見やすい場所は 毎年変わります。定番のスポットはありますが、今年も同じようにホタルが出るとは限りません。

以前にホタルを見た場所へ行けば 今年もまた同じようにホタルが見れると思ってしまいますが、第2候補 第3候補の観賞ポイントを用意しておくのがベストです。
わからない場合は、気軽に地元の人に尋ねてみてみましょう。

■安全対策
・虫刺され ・・・ 気になる方は虫除けスプレーをご準備下さい
・安定した靴 ・・・ ホタルが出る場所は、暗くて凸凹した道などが多いです。サンダルや下駄よりも運動靴(底が平べったい靴)が良いでしょう。
踵の高い靴などは不安定な上、つまずいて小石などで傷がついてしまうかもしれません。

■ライト(懐中電灯)は必要か?
スマホやケータイをお持ちでしたら懐中電灯は必要ではありません。
スマホのライト機能を利用すれば 十分だと思います。充電しておきましょう。

ただし、ライトを使用するのは足下を照らすためです。ホタルは基本的に暗い場所が好きです。私たちは それを邪魔しないように気をつけたいものです。
足下が悪い場所などは懐中電灯やペンライト等 安全の為に明かりが必要な場合もあります。安全は大切な事です。しかし、周囲でホタル観賞をしている人々は 暗い場所に目が慣れている状況で、ライトで照らされると とても眩しく感じます。
無駄にライトを照らさず、ライトを使用する場合は周りの必要な範囲に止めておくと良いです。
ホタルを照らしたり、人の顔に向けたりしないよう気をつけましょう。

※0621追記です
■ほたるの探し方
ホタルがいない。そんな時 ほたるを探すわけですが・・・
ホタルに目が慣れていないうちは 探すのが難しい場合もあります。
ゆっくりと、よーくみて探すと見つかったりします。
「ホタルがたくさん見れます」 そんな場所でも あまりホタルが見つからない場合もあります。 同じ場所で5~10分ほど観察しているとわかりやすいのですが、ホタルにも周期というか 光るタイミングの波のようなものがありまして。活発に発光して飛び回っている時と ちょっと休憩しているのか 葉に止まって あまり発光しなくなる場合があります。
歩きながら チラッとホタルを探しても見つからない場合があるのはその為です。
のんびり、ゆっくり、あるいは同じ場所に立ち止まって ホタル観賞してみて下さい。
2~3分待つと 状況が変わるかもしれません。
※0621追記おわり

 

■ホタルの撮影(一眼レフ、三脚が必要。難しいです)
理想は 出かける前にフラッシュ設定を停止しておいて下さい。

ホタルの撮影はとても難しいです。事前に撮影方法を調べておかないと まず写りません。
撮影にチャレンジするのは良いですが、


フラッシュ撮影はご遠慮下さい
★★★★★★★★★★★★★★

周囲に人がいる場合 フラッシュは迷惑になる場合があります。
お気持ちはわかります。ホタルは 可愛くて 光って飛ぶ姿に感動します。 是非とも写真に残したい。 私もそう思います。

良いことがない
フラッシュをオンにして撮影しても ホタルの光は弱い為、写真に写りにくいです。
草むらの景色を撮影しただけになってしまいます。

 周囲が暗い場所では、スマホの画面の明るさ設定も 少ない明るさに設定しましょう。消費電力も少ないですし目に優しいです。

■ホタルの撮影 その2(しっかり撮影される方へ)
・一眼レフ(シャッタースピードを30秒以上設定できるカメラ)
・三脚
・レリーズ(理想)
・動きやすい靴
・明るいうちに下見する(事前情報を入手、人が少ないポイントを知っておく、川に落ちないよう注意。場合により農作物を荒らさないよう注意)
・初めての方は カメラの設定を事前に確認しておいて下さい。
・比較的 明るいレンズ(理想)
・時間に余裕を持つ(真っ暗になる前に撮影ポイントに到着するのが良い)
※暗くなると ピント合わせが難しいです。AFは使えません。事前にWEBや本などを参考にシミュレーションして下さい。

■ほたる観賞 まとめ

・時刻を守ろう 20時頃 <とても大切です>
・毎年、同じ場所が良いとは限らない
・訪れる時期によりベストポイントが移動する
・安定した靴が良い

■おまけ
ほたる ホタル 蛍 どれも同じ意味です。
個人的に文章中の文字は なるべくカタカナの 「ホタル」と表記しようと思ってます。
ひらがなの 丸みのある 「ほたる」が雰囲気的に好きですが 題名や看板などは わかりやすいですが、文章の途中だと ちょっと紛れやすいかなと思います。 漢字ですと音読み訓読みで 勘違いする場合もあるので 僕はカタカナで行きます。

冬の夜 冷えたレンズの向こう

 

冬の夜、街灯2017

 

冬の夜

お客様を送迎した帰り道
ふと街灯が気になって撮影してみようと思った。

車を止めてカメラを向けた。

んん?
撮影していて・・・ なんだか様子がおかしい。

シャッターを切る度に、
少しずつ写真が変化しているようだ。

幻想的だから まぁいいか。

その後 数回 シャッターを切りつつ、悩んだ。
カメラ壊れちゃったかな???

それから・・・

そうか! カメラを車内に置いたままにしていたので カメラ本体とレンズが冷え切ってしまっていたのだ。
レンズを持つ手の暖かさで レンズ内部が温められ 曇りが発生しているのだろう。

ある意味 こんな偶然のチャンスに恵まれる事はなかなか無いと思い、シャッターを切った。

僕は聞いたことがないけれど、わざとレンズやカメラを冷やして撮影するという技法があるのかもしれない。
しかし、基本的には曇ったらアウト。 機器の故障の原因になる可能性だってある。
保証しませんが、やってみたい人は 是非チャレンジしてみてほしい 曇ったレンズの向こう側に新しい撮影の世界が待っているかもしれない。

撮影で冷えた後は もちろん温泉で温まります。
今日も温泉日和です♪

 

流星群を見に行こう!2016夏

 流れ星20160812

毎年 お盆の頃だよね

流星群が訪れるのは。

先日、ペルセウス座流星群が見えるという事で 気になっていた。
もともと星を見るのが好きなので、前日(8月11日)も夜空を見上げていると 3つの流れ星を見つけることができた。
(場所は自宅付近)

そうなると、8月12日の本番の日は さらに期待が高まるというもの。

天候は晴れ。
雨や曇りの心配は全くない 晴天である。

後は 月だな

月明かりがあると、もちろん流れ星が見えにくい。
見るだけなら なんとかなる。
でも、今回は見るだけじゃない。写真撮影をしたいのだ。

真っ暗になるのは23時

場所や環境にもよるが、2016年8月12日23時頃には 月が山の向こうへ消えて 夜空が暗くなる。

出かけてみると

月は山の陰に隠れ その姿は見えない。
しかし、山の裏側から ふんわりと明かりが漏れる。
そのうち 暗くなるでしょう。

シャッタースピードは10秒

撮影方法は まったく知らなかったのです。
が、同行して頂いた方と 調整しながらカメラのセッティングを少しずつ変えて試しました。

約1時間ほど撮影していましたが、流れ星の撮影は難しいですね。
と、言うか根気?
何しろ 被写体が無いのですから。
どこへ出るのかもわからない。
ひたすらシャッターを押して 夜空に光が走るのを待つ。
出やすい方向は 多少あるものの、ほとんどは運次第。

それで撮影できたのが これでございます。

20160812流れ星(左上)

流れ星が無い・・・

いえいえ あるのです。 左上の所に ちょっぴりと。
以前、流れ星を撮影する方に写真を見せてもらったり 話を聞いたことはあったのですが、こんなに 曖昧で運任せなものだとは想像してませんでした。

でも、沢山の流れ星を見ることが出来て 良い夜を過ごせました。

流星群は毎月訪れている!?

ちょっと調べると わかる事ですが、流星群は珍しいものではありません。
今回のペルセウス座流星群は終わりましたが、観測するチャンスは沢山ありますので、晴れた日は夜空を見上げに出かけたいものです。
気が向いたら一緒に出かけませんか?
空が晴れて 月が無い夜が理想です。

星空観測の後は 冷えた身体を温めましょう。
今日も温泉日和です♪