【インスタ】宿の魅力にふれようキャンペーン~2020年2月29日

【インスタ】宿の魅力にふれようキャンペーン

以下、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会のキャンペーンを転載致します。

【公式ページ】 宿の魅力にふれようキャンペーンについて

●応募期間 2020年2月29日まで

●応募方法

応募テーマは「日本の宿」
2019年10月1日以降に宿泊した国内の旅館・ホテルで、外観、内観、客室、お食事等の写真を撮影。
インスタグラムに、指定のハッシュタグ「#全旅連キャンペーン」「#宿泊施設名」「#宿泊日」の両方をつけて投稿。
※公式インスタグラムアカウントのフォローは必要ありません。
インスタグラムをご利用であれば、どなたでもお気軽にご参加いただけます!

●賞品

旅行券(5000円分)を200名様にプレゼント

●当選発表および通知

・キャンペーン当選者へのご連絡は、2020年3月中旬頃に全旅連公式インスタグラムアカウント「@yadonet」からダイレクトメッセージにてお知らせいたします。
・指定の期限までに賞品発送のためのお名前、賞品お届け先等の必要事項を、専用の入力フォームよりご連絡ください。
・ダイレクトメッセージを受信頂けない場合、または期限内にお届け先情報のご連絡がない場合は当選を無効とさせていただきますのでご注意ください。

 

<応募規約>
本応募規約をお読みいただき、ご同意いただいた方のみご応募ください。

・投稿画像は、投稿者ご本人様が撮影したものに限ります。
・指定の3つのハッシュタグがついていない投稿は、応募対象外となります。
・当選された方の写真は、全旅連公式サイト「宿ネット」や関連するメディア等に掲載される可能性があります。
・画像の投稿は、自己の責任の下で行うものとし、全国旅館ホテル生活衛生同業組合シルバースターキャンペーン事務局(以下、「事務局」という。)は、本キャンペーンへの応募、または選出されたことに起因するトラブル、損害、費用等について、事務局は一切責任を負いません。
・お客様がお持ちの端末(スマートフォン、PC、タブレット)に関する技術的なお問い合わせには応じかねます。
・ご応募の際のインターネット接続料および通信費はご自身お負担になります。
・審査結果に関する個別のお問い合わせにはお答えしかねます。
・本キャンペーンはInstagramが支援、運営、関与するものではありません。

<当選者選出・賞品発送について>
・応募締め切り後、事務局にて、“宿の魅力が伝わり、泊まってみたくなるような写真であるか”という視点で、厳選なる審査のうえ、200作品を選出いたします。
・事務局が当キャンペーンの趣旨に合わない作品と判断した場、当キャンペーンの対象外とさせていただきますのでご了承ください。
・次の場合は当選が無効となり、賞品をお届けできませんのでご注意ください。
※アカウントを非公開設定している場合
※賞品発送の為のお客様情報に不備がある場合
※お客様のご住所が不明・連絡不能等の理由により賞品がお届けできない場合
※賞品の発送が日本国外の場合
※その他、事務局が不適切と判断した場合
・当選はお1人様および1世帯につき1回とさせていただきます。
・宿泊補助券は親族以外への譲渡、転売、換金はできません。
・当選者の個人情報につきましては、賞品発送の目的のみに使用させていただきます。

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会

――――――――――――――――――

以上 旅行券が貰えちゃうかもしれません!
皆様 応募してみては如何でしょうか♪♪

 

ホタル観賞とホタル撮影

ホタル観賞とホタル撮影

先日、ホタル観賞へ行ってきました。

ホタルの案内を行っていると 僕はガイドをする立場ながら、逆にお客様から情報を頂ける場合があります。

また、質問を頂く事により ホタルについて深く考えさせられる事も。

その中で、これは大切だな。と、感じたので 忘れる前に投稿致します。

僕自身、ホタル観賞 ホタル撮影 どちらも好きです。
ですから、どちらの気持ちもわかるつもりです。
まず、それぞれの立ち位置を比較してみます。

ホタル観賞とホタル撮影の違い?

ホタル観賞の場合

ホタル観賞をする場合は、ホタルを見る事が目的です。
僕のオススメは 安定した靴を履いて出かけて頂く事です。
ゲタやハイヒールはオススメしません。

時々 懐中電灯やライト類を持参される方がいらっしゃいます。携帯電話やスマホで代用になります。
足下を照らして 安全に移動して頂き、ホタル観賞の時は 立ち止まって安全を確認してライトを消して頂ければ良いと思います。

ホタルが小川の近くに発生する事を考慮すれば、ホタル観賞をして 小川に落ちないよう気をつけて頂きたいと願っています。 ケガして欲しくないです。

ホタルが格好良いコースで飛んでくれました!

ゲンジボタルは 時々、点滅せずに光ったまま飛行する様子を目にします。
特に、このホタルは ギュイーーーンとカメラの前を横切ってくれました。
こんな格好良い残光、なかなかありません♪

 

ホタル撮影の場合

ホタル撮影の場合は、 装備にけっこう気を遣います。
比較的高額なカメラやレンズを準備する必要があり、三脚やその他の装備をする事も多いです。
(ホタル撮影の詳細に関しては各自検索して下さい)

撮影する時間ですが、一度のシャッターを切るのに数秒から数分。と、ホタル撮影は 「パシャ」っと一瞬で終わるわけではありません。 数分間撮影したところに、ライトをピカっと照らされると 作品としては たぶん良くない物になってしまいます。 数分間が 「ピカッ」と照らされた瞬間・・・ ガックシ。

噂ですが、カメラマンが ずらりと並んでホタル撮影している場所で 不用意にライトを照らしたりすると怒鳴られるらしいです。 数分間かけた作品が 一瞬でダメになったら怒りたくなる気持ちもわかりますが・・・

もしも、そんな場所だとしたら、楽しみに出かけて「癒やされる時間」を想像して訪れたホタル観賞で、逆に緊張してしまいます。

とにかく、ホタル撮影中に懐中電灯や車のライトで照らされたら 写真は、ほぼ台無しになります。
「お願い…車よ来ないでちょうだい。」 そう願いつつ、撮影する事もありますが、 そもそも自分が車で訪れているので 文句言うつもりはありません。

 

木星と飛行機とホタル

南の空に光る木星が目立っていました。
星空と蛍を狙っていると 飛行機が飛んできて 人工衛星も写っているのかな。
夜空に浮かぶイロイロが写った一枚。

 

ホタル観賞(撮影)に関して貴重な意見

お客様にお聞きした意見は 僕があまり考えたことの無かった物でした。

ホタル撮影が禁止されている場所がある。

その理由は、やはり カメラマンとホタル観賞する人のトラブルを避ける為のようでした。

詳しく伺ったワケでもありませんし、WEBを検索したワケでもありません。
ただし、その言葉で 察した意味は・・・

ホタルは観賞する人が優先

ホタルは観賞する人が優先

大切な事なので2度言いました。

そしてもう一度言わせて頂きます。

ホタルは観賞する人が優先

 

実は、僕は一度だけ いきなり怒鳴られたことがあります。

ある場所へ車で ホタルを探しに行きました。

そしたら、暗闇からおじさんが出てきて ホタル撮影に来たのか 尋ねられました。

撮影する事もある。と、答えると・・・

「ホタル撮影するなら ライトが当たったらダメなのわかってるだろ」
と、いう感じの注意をうけました。

その時は、撮影者の気持ちがわかるので、 「スイマセン」と引き下がって帰ってきたのですが 僕自身考えさせられる出来事だったのを記憶しています。

※土地の所有者がどうとか、注意書きがどうとか、事前の許可の有無とか。考えられる条件はいろいろありますが、ここでは控えておきます。

 

光の帯が凄い!

偶然カメラの前をホタルが通過!
ここまで近くをサービス飛行してくれる事はナカナカありません。
意味不明かもしれませんが、迫力のある一枚。

 

小野川温泉のホタル観賞は恵まれている

ホタル観賞のお客様が 押し寄せる程でもありませんので、のんびりホタル観賞するには良い場所なのだと思います。
また、ホタル観賞スポットが徒歩圏内にあり、車で移動可能なら また別の場所でホタル観賞ができる。
小野川温泉やその周辺に限らず、米沢市周辺ではホタルを観賞する事も可能。

結果的に、この場所のこの角度から見るのが最高!と言われるようなポイント的な物ではなく エリアとしてホタル観賞を楽しめる恵まれた土地なんだと感じました。

 

僕個人の考え方としては

ホタル撮影をしている時に、車が通ったり 他人のライトが当たったりした場合 「あらら…やられた」 くらいにしか思ってませんでした。 車が近づいてくる場合は 遠くからライトの光が見えるので事前にシャッターをストップする事も可能です。

ホタル観賞に訪れた方が持参したライトで周りを照らされた場合は 僕がホタル観賞している場合や ホタル撮影している場合。 どちらの場合でも ライトを消してくれるように伝えると思います。

周りにホタル観賞されている方が沢山いらっしゃれば なおさらですが、ライトのスイッチを入れると 暗闇に慣れた目に光が刺さるように眩しく感じる為です。

そして、今回の件で 明確に感じたのは ホタル観賞とホタル撮影で どちらを優先すべきかと言えば
ホタル観賞する人が優先なのだと思います。 もちろんですが、撮影している方の邪魔にならないよう気をつけたり、機材に触れないなど配慮する必要はあります。 (ホタル撮影の邪魔になるような事をしても良いというわけではありません。)

どちらもホタルが好き

ホタル観賞している人、ホタル撮影している人。
どちらもホタルが好きで訪れています。 小野川温泉付近でトラブルが起きているワケではありません。
トラブルになったら嫌だな。 みんな楽しく見て欲しいな。 そしてこれからもホタルが沢山見れますように。
そういう思いで今回の記事を書きました。

立体感のあるホタルの風景

手前から奥に伸びたホタルの残光と、中心で賑やかに舞っているホタル。
良く見ると、ずっと奥の方でチラチラと光っている姿が見えます。
奥に見えるのは吾妻山。 山の方角で少しだけ位置関係がわかる写真になってます。

ホタル撮影は楽しい!

ホタルをカメラ撮影するのは楽しいですし、夜景や星空撮影よりもハードルが高いです。

スマホで撮り慣れた写真と違って、10秒・20秒・30秒・1分。

1分後にならないと 撮影結果がわからない。 そんな撮影なかなかありません。
そんな ワクワク感のある写真撮影、オモシロイですよ~♪
スマホ撮影を否定するワケではありません。 スマホ撮影が簡単すぎて それに慣れちゃってるんです。

撮影に関して・・・

撮影の問い合わせがあった場合は事前に その時期に撮影しやすいスポットをご案内する場合もあります。 テレビ局の方を案内する場合もあります。

その場合、理想は明るいうちの下見が大切です。 この場所にホタルが出やすいので この角度から撮影すると良いかもしれません。と、具体的に案内する事もあります。 ホタルの飛んでいる時間は短い為 やり直しが効かない事が多いです。 そして、せっかくのチャンスですから美しく癒やされるホタルを魅力的に撮影して頂きたいです。
是非ホタル撮影にチャレンジして楽しみましょう♪

※スマホでホタル撮影するのは難しいですし、フラッシュの設定を「切」にしてチャレンジして下さい。
おそらくピントが合わなくて 撮影自体不可能かもしれません。
また、ホタル観賞されている方がいらっしゃる場合、フラッシュ撮影は迷惑になる場合があります。

※僕が常にホタル撮影の案内を行えるものではありません。
問い合わせに対して明確に応じられるわけではありませんので予めご了承下さい。

 

今後は・・・

今後 考えが変わるかもしれませんし、ルールが作られて行くかもしれません。
基本的には ホタル観賞の方を優先すべき。という事で どうぞご理解ご協力をお願いします。

そして、恵まれた小野川温泉とその周辺の地域に改めて感謝せねばと思いました。

 

ほたる観賞する時期は ジメッと湿度の高い日が多いです。
そして、ほたる観賞から戻ったら 温泉で汗を流せば気持ちいい!

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉がテレビ「やまがた発!旅の見聞録」に出ます

やまがた発!旅の見聞録

小野川温泉がテレビに出ます♪

やまがた発!旅の見聞録:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
リンク:【#1284】冬の温泉王国~米沢市(1月3週)2019/01/19-20

放送局 放送曜日 放送時間
テレ玉(テレビ埼玉) 毎週日曜日 10:30~10:45
テレ玉(テレビ埼玉)
※再放送
毎週金曜日 14:00~14:15
チバテレ
(千葉テレビ放送)
毎週日曜日 08:45~09:00
tvk(テレビ神奈川) 毎週土曜日 07:15~07:30
KHB(東日本放送) 第3土曜日 10:55~11:10
YBC(山形放送) 毎週土曜日 09:25~09:40

まずは白布温泉さんの紹介から始まり・・・

小野川温泉は 温泉街や おみやげ店「つたや」さんの紹介。
お宿は 「河鹿荘」さん、冬の名物 「豆もやしラーメン」が紹介されます。
※WEBページより

 

テレビを見て 楽しく♪
訪れて さらに楽しく♪
温泉で温まったら最高です♪

今日も温泉日和です♪

 

 

【温楽】湯花を考える

温泉を楽しむ

温泉好きの皆様、当館に限らず 全国各地で温泉に入る場合に、その地域特有の温泉利用方法・使用方法が存在し、迷ったり困ったりする場合があると思います。 僕自身、旅先の温泉地で こんな温泉入浴文化があるのか。こんなローカルルールがあるのか。と驚くこともあります。 温泉に入る前の知識として楽しんで読んで頂ければ幸いです。

 

湯花が多い湯船

さらりと 書かせて頂きます。

温泉と暮らしているわけですので、お客様と温泉の話をする事が多いです。

一般的に 温泉の浴槽に 湯花を見つけると 湯花があって嬉しい・ありがたい と思う事が多いのでは無いでしょうか。

僕も同じです。

湯花がある →→→ 温泉成分が濃い(と、思う)

の方程式が成り立ちます。

心理的には・・・

温泉成分が濃い →→→ いい温泉でありがたい

と、なりやすいです。

しかし、別の方程式も存在するので 紹介致します。

それは 湯花を意図的に 湯船の中に多くする事ができるという方法です。

湯船に湯花を貯める →→ 方法 →→ お湯を抜かない

どうでしょうか。

さっきまで 湯花は多い方が良いと思っていた皆様も、湯花は少なくても良いのではないだろうか。
なんて気持ちが湧いてきたかもしれません。

注意です

この方程式は どの温泉にもあてはまる物ではありません。

むしろ 当てはまらない物が多いとさえ思えます。

もしかすると、こんな可能性がある。考え方もある。という程度に理解して下さい。

僕自身 微妙な発言になりかねないという事は十分理解しています。
様々な可能性を含んでいる為、安易に判断しないようお願いします。

そもそも、湯花は出た方が良い事が多いです。

なぜなら 温泉の中に溶けている様々な成分が酸化したり、なんらかの変化をする事により 目に見える形となるわけです。 それだけ温泉の中に温泉成分が入っていると言えます。

ただし、温泉の中の成分が 一律的・一定の条件に沿って湯花に姿を変えるわけでもありません。
温泉成分が沢山入っていても 湯花が少ない温泉も存在するでしょうし、温泉成分が少ない温泉でも 湯花は豊富に出るかもしれません。

色も白い湯花や白濁している温泉が写真的には大変重宝されます。ビジュアルが良いですから。

白濁しているから温泉効果が高くて、無色透明な温泉は温泉効果が少ない・温泉成分も薄い。

と、いう事でもありません。

つまり何が言いたいか

見た目で判断せず、
入浴中に目をつぶって 温泉を感じてみるのも良いのではないでしょうか。

ブルース・リーも言ってました。

Don’t Think. Feel

考えるな 温泉を 感じろ

温泉の部分は余計だったかもしれません。テヘペロ。

 

今日も温泉日和です♪

 

真夜中の踏切、夜汽車の窓

踏切

夜のドライブ。
米沢市から北へ向かって国道13号線を走る。

跨線橋にさしかかり、右手を見下ろすと目に入るんです。

ぽつんと 暗闇に照らされた踏切が、少し寂しそうに。

その踏切は、田畑に囲まれて。ローカル感溢れる場所に位置しています。

そして、地元農家さんの通り道になっているようでした。

 

ちゃんと列車が通ります

路線は、奥羽本線の一部 米沢市と山形市を結ぶ山形線です。

普通電車はもちろんですが、
この踏切を新幹線が駆け抜けぬけます。
(上下線あわせて およそ 新幹線は32本、普通列車は35本)

緑に囲まれたチープな踏切を 新幹線がほどほどのスピードで通って行きます。
本当にいい感じのローカル具合ですよねぇ。

僕が訪れた時は 奥羽本線 山形線の普通列車が通過しました。

 f2.8 5秒 ISO 400

この日連れて行ったのは EOS Kiss x7 に最近購入したレンズ、EF-S24mm F2.8 STMです。

列車の撮影は、 ほぼ一発勝負なので
悠長にセッティングし直す事ができません。

これは経験を積んで 夜の列車撮影の感覚を掴まないと 自分の思ったような、好みの作品が出来ません。

まぐれで上手く撮れても、次回も そうとは限りませんし。
(日中もそうですが、夜の列車撮影はまだまだ手探り状態)

f8 1秒 ISO 400

夜汽車の窓

普通列車に乗り込んで田舎の方へ旅行すると
綺麗な景色やその土地の文化が感じられる光景を目の当たりにして 違う土地に来たのだという感覚につつまれるのがとても楽しいものです。

しかし、夜になれば 窓の外はポツンポツンとした灯りしか見えない場合や 真っ暗でなにも見えないような場所もあったり。

綺麗な海岸を走る路線も、日が落ちれば 何も見えない闇となり、
停車するホームに人影がない事も多く、 僕はそっけない風景を旅することになります。

そうしていると もう景色を見ようとは思わなくなり、寝てしまったり これから行く目的地の情報をネットで検索したりするワケですが・・・

過去の旅で撮影

 

ただ、なんとなく

駅舎や駅前の繁華街が目に付くこともありますが、
夜遅い時刻のローカル線は話し声も少ないし そもそも乗客がほとんどいない場合も多いもの。
(静かな方が好きです)

車内には列車の走行音だけが響き、僕は窓から ぼーっと真っ暗な 景色にもならない景色に目をこらす。

これといった物は何も見えず、
ちらちらと遠くに見える町灯りや海に浮かぶ漁船の明かりだったり。
車内の明かりが線路横の草木を照らし 山中を走っているのだなと認識する程度。

 

過去の旅で撮影

 

真っ暗の中に見えるものは。

目をこらせば、窓ガラスに映っているのは車内の風景。
もしくは、自分の姿が映り込んでいる。

外の景色が見えないというのは 寂しく退屈なのだな。。。

そんな真っ暗な景色に 心まで包み込まれると、
過去の・・・、
楽しい思い出もあるのだが どちらかというと、
ちょっと後悔した事や反省した事。普段は思い出さない ほろ苦いような、時には甘酸っぱい記憶が頭をよぎり 浮かんでは消えて行く。

悔いた思いを軽く噛みしめて、揺れに身を任せて過ごすうち いつのまにか寝てしまっている事も多い。

真っ暗な景色は、過去の旅へ誘うのだろう。
これも夜汽車ならではの醍醐味なのかもしれない。