真夜中の踏切、夜汽車の窓

踏切

夜のドライブ。
米沢市から北へ向かって国道13号線を走る。

跨線橋にさしかかり、右手を見下ろすと目に入るんです。

ぽつんと 暗闇に照らされた踏切が、少し寂しそうに。

その踏切は、田畑に囲まれて。ローカル感溢れる場所に位置しています。

そして、地元農家さんの通り道になっているようでした。

 

ちゃんと列車が通ります

路線は、奥羽本線の一部 米沢市と山形市を結ぶ山形線です。

普通電車はもちろんですが、
この踏切を新幹線が駆け抜けぬけます。
(上下線あわせて およそ 新幹線は32本、普通列車は35本)

緑に囲まれたチープな踏切を 新幹線がほどほどのスピードで通って行きます。
本当にいい感じのローカル具合ですよねぇ。

僕が訪れた時は 奥羽本線 山形線の普通列車が通過しました。

 f2.8 5秒 ISO 400

この日連れて行ったのは EOS Kiss x7 に最近購入したレンズ、EF-S24mm F2.8 STMです。

列車の撮影は、 ほぼ一発勝負なので
悠長にセッティングし直す事ができません。

これは経験を積んで 夜の列車撮影の感覚を掴まないと 自分の思ったような、好みの作品が出来ません。

まぐれで上手く撮れても、次回も そうとは限りませんし。
(日中もそうですが、夜の列車撮影はまだまだ手探り状態)

f8 1秒 ISO 400

夜汽車の窓

普通列車に乗り込んで田舎の方へ旅行すると
綺麗な景色やその土地の文化が感じられる光景を目の当たりにして 違う土地に来たのだという感覚につつまれるのがとても楽しいものです。

しかし、夜になれば 窓の外はポツンポツンとした灯りしか見えない場合や 真っ暗でなにも見えないような場所もあったり。

綺麗な海岸を走る路線も、日が落ちれば 何も見えない闇となり、
停車するホームに人影がない事も多く、 僕はそっけない風景を旅することになります。

そうしていると もう景色を見ようとは思わなくなり、寝てしまったり これから行く目的地の情報をネットで検索したりするワケですが・・・

過去の旅で撮影

 

ただ、なんとなく

駅舎や駅前の繁華街が目に付くこともありますが、
夜遅い時刻のローカル線は話し声も少ないし そもそも乗客がほとんどいない場合も多いもの。
(静かな方が好きです)

車内には列車の走行音だけが響き、僕は窓から ぼーっと真っ暗な 景色にもならない景色に目をこらす。

これといった物は何も見えず、
ちらちらと遠くに見える町灯りや海に浮かぶ漁船の明かりだったり。
車内の明かりが線路横の草木を照らし 山中を走っているのだなと認識する程度。

 

過去の旅で撮影

 

真っ暗の中に見えるものは。

目をこらせば、窓ガラスに映っているのは車内の風景。
もしくは、自分の姿が映り込んでいる。

外の景色が見えないというのは 寂しく退屈なのだな。。。

そんな真っ暗な景色に 心まで包み込まれると、
過去の・・・、
楽しい思い出もあるのだが どちらかというと、
ちょっと後悔した事や反省した事。普段は思い出さない ほろ苦いような、時には甘酸っぱい記憶が頭をよぎり 浮かんでは消えて行く。

悔いた思いを軽く噛みしめて、揺れに身を任せて過ごすうち いつのまにか寝てしまっている事も多い。

真っ暗な景色は、過去の旅へ誘うのだろう。
これも夜汽車ならではの醍醐味なのかもしれない。

 

 

 

小野川温泉ほたる情報20180713

ほたるも終盤です

ゲンジボタルとヘイケボタルが同じ場所に混在する場合があります。

その場合は ゲンジボタルが先に出て、ヘイケボタルが後から出る順番になっているのが一般的です。

最近は 小野川温泉から 3~4km先の上流の方へ行って ほたる観賞していますが、ヘイケボタルの時期ですので もうそろそろ ほたるの見ごろは終わるかもしれません。

ほたるまつり期間が 2018年7月16日まで と、なってますので タイミング的には ちょうど良いと言えば そうなのですが、 毎日のように見ていたホタルが見れないと ちょっと寂しく感じます。

男は引き際が肝心よ

僕は 渥美さんの映画 「男はつらいよ」(寅さん)が好きです。

魅力的な女優さん(マドンナ)が毎回登場して、寅さんと仲良くなるのですが、
寅さんは 嫌らしくないんですよねぇ。いつも潔く身を引きます。

僕はというと、あきらめが良かったり・・・悪かったり・・・

だって
「もう少し ホタルが見たい」 じゃないですか。

儚い光を放って ふわふわと暗闇を飛び回るホタル。
もう少し。 もう少し。 見ていたい気がします。

諦め悪く、セコイので、見れるだけみてやろうと思ったり。
ホタルを見るのはやめて 夜遊びしよっかな~ と、思ったり いろいろです。

別の夜遊び

夜遊びと言えば ホタルとは正反対な きらびやかなネオンの街へ繰り出すのも良いですが、 夏は流星群が見やすい時期です。

 

2016年には こんな記事を書いてました↓↓

流星群を見に行こう!2016夏

 

2018年7月13日が新月でしたので ちょうど今が 星空観賞に最適です♪

しかし、流星群の見ごろをネットで検索すると 7月26日~28日あたりが良いようなのですが
28日に満月になるので 観測状況は良くないはず・・・

ダメならだめで 他の遊びを考えて楽しみましょう♪

 

夜遊びの後は 温泉で けがれた身体を清めましょう(笑)

今日も温泉日和です♪

 

雪の合間…【皆既月食】

雪がちらつく夜【月食】

本日は、午後から かまくら作りの作業を手伝って、その後 雪下ろし作業をしたので 疲れて茶の間で寝てました。

するとテレビから皆既月食の話題が聞こえてきたので、しばらくゴロゴロして ちょっと外へ。。。

すると チラチラ降っていた雪の合間に 偶然 欠けはじめた月がよく見えたのです!

普段はホコリをかぶっている望遠レンズですが、 今使わずに いつ使うの!?

急いで準備して 手持ちでパチリ。 天体ショーで遊べるってのは良いですね。

 

ところで、関東の月は赤いのでしょうか? テレビに映っていた月や、関東の方が撮影された月。どちらも赤かったです。大気のせいだとは思いますが・・・

ある意味 山形の月は 綺麗なのかな??

その後 空が曇ってしまい、ぼんやりした月しか見えませんでした。 ずっと粘っていれば 良く見えたのかもしれません。

月食も良いですが・・・
それより 明日の朝、積雪が少ないといいなー とか、最低気温がマイナス10とか やめて~ という生活の心配が先立つこの頃です(笑)

 

雪かき、雪下ろしで疲れた後は もちろん温泉で筋肉をほぐしましょう♪

今日も温泉日和です♪

 

空が綺麗な夜は…出かけよう!

20170728

こんにちは 星空を眺めるのが好きな僕です。

先日、地元の方と 夜の会議が終わって 外で立ち話をしていた時です。

 

意識せずに眺めていた景色の中に すーっと 星が流れたのです。

いつもの サッ と夜空を流れるタイプではなく、 流れ星のスピードにしては とても遅いタイプでした。

良く見たら綺麗な星空

先ほどのような すごく存在感のある流れ星を見たら テンション上がりますヨ。
家に帰って ベッドに寝転んでスマホで検索。 すると、やっぱりです。

キテマス キテマス

今年の流星群、検索結果は・・・
「7月26日頃からは明らかに流星数が増えたと感じると思います。」

流星群が近くまで キテマス キテマス

そんなの知ったら 行くしかありません。 どこへ? 星の見える場所へ

小野川温泉より 星空の見える場所へ車で10分ほど走ります。

そこには 綺麗な天の川が サラサラと流れておりました。(含む妄想)

もちろん 流れ星も見られました。(30分くらい滞在して 5~6個流れました)

(さらに…)