夜空のタイムラプス動画

タイムラプス動画を撮影してみたものの

難しいです。
撮影が難しいです。(その後の編集も手間がかかります)

今回は 35秒のインターバルと シャッタースピードは5秒間で撮影。
つまり 40秒で1枚の写真を撮影しています。150枚の写真をつなぎ合わせました。
40秒x150(枚)=600秒

つまり1時間ほど撮影していました。(実際はもう少し撮影してます)

星が動く角度としては 360度のうち1時間で 約15度となるワケですが、
もっと動いているようにも感じます。 (空の15度をナメンナヨ)

撮影には長時間必要なのと。画像の明るさ等のバランスが難しいです。
もしかすると、使用するアプリによっては とても簡単に調整できちゃうのかもしれませんが。
(まだわからない事ばかり)

 

ちょっぴりテスト

■以下2つの動画は同じ内容です。(YouTube)

1つ目はyoutube公式サイトより埋め込みタグを入力して 表示しています。
(パラメータを変えることも可能で、オススメ)

2つ目は、youtubeサイトの動画を共有するURLを貼り付けただけ。
お手軽リンクアップロードです。意図したとおり表示してくれない可能性が高くなるのでオススメしません。

■1つ目

 

■2つ目
こちらの動画は、共有URLを貼り付けただけで、ワードプレスが自動的に動画として表示してくれています。(たぶん)

 

Panolapse というアプリ

現在は複数枚数の画像を1本の動画へ変換する為という事で、
タイムラプス動画を作成するのに Panolapse というアプリにお世話になっています。
ほとんどの機能を無料版で使用させて頂けます。

 

EOS RP インターバル撮影について

インターバル撮影の前にお伝えしておきます。

EOS RP にはタイムラプス動画撮影は標準装備!

他のカメラの標準装備としても備わっている物が多いのかもしれません。
カメラを固定してメニュー画面のからパラメータをセット、スイッチでスタートさせると 手軽にタイムラプス動画撮影が始まり、わりと簡単に撮影できちゃいます。
普段ならこれで十分かと思うのですが。。。

星空は撮影するのがデリケートな被写体かつ、編集の手間がかかります。が、
1枚ずつ撮影しておけば編集の際に痒いところに手が届きそうですし、
後からいろいろ変更したいという希望を叶えてくれそうなので
便利なタイムラプス撮影機能は使わずにインターバル撮影にしました。

 

翌日も撮影してみた!(笑)

小野川温泉街の裏通り(ちょっと暗めの場所)で撮影しました!

 

タイムラプス撮影に必要なアイテム

■インターバル撮影に対応したレリーズ

タイマー付きレリーズ。 これは今回の必需品です。 2000円程度で購入可能ですので、
ダマされたと思って試してみても良いと思います。 (下記リンク参照)

■バッテリーが足りない!?

長時間露光やインターバル撮影となると、撮影中にバッテリー交換ができないのが痛いところ。です・・・

ソニーのカメラは給電しながらの撮影が可能なモデルもあるようで、そのあたりはさすがソニーです。 僕の所有する EOS RPにおいては 給電しながらの撮影はできません。
付け加えれば小型軽量化がコンセプトの為、バッテリーも小型軽量となっており、手軽さがウリなのがアダとなってます(笑)

苦肉の策として純正ではありませんが、バッテリーグリップ(バッテリーが2個入る)が発売されてますので、バッテリー2個を満タンに充電してそれを使えば 撮影時間(枚数)をかなり延ばせる(増やせる)とは思います。 そして余計なアイテムが増えてゆく。。。

インターバル撮影してみて…

EOS RP のバッテリーのみでも 結構撮影できちゃいました。
実際に標準バッテリー満タンで400枚近く撮影できました。
撮影を開始したら少しでもバッテリーの消耗を減らすため、バリアングル液晶を閉じました。
EVFが光ってましたが、液晶よりもバッテリーの消耗を抑える事ができるハズ。

公式では240枚

キャノンの【EOS RP | 仕様】公式Webでは 下記のように240~250枚となっておりました。

リンク:キャノン 撮影可能枚数の目安 常温(+23℃)約250枚/低温(0℃)約240枚
※フル充電のバッテリーパックLP-E17使用時

バッテリーグリップに関しては 早とちりせずもう少し様子を見て購入する事にします。
焦っちゃだめ!(笑)

現在のところ、この EOS RP(社外品)に関しては下記に紹介した商品が最安でした。
似たような商品がいくつか出品されてましたが、モノは一緒だと思います。
社外品の為 本体の保証に影響が出るかもしれません。(注意+自己責任)

それでも、バッテリー2個で撮影したい場合は 頼みの綱として役立ってくれる事でしょう。

ただし、普通に撮影する場合、バッテリーを交換で済むなら無用です。
予備バッテリーを一個持っていれば 何の問題もありません。

インターバルなアイテム

レリーズとしても使用できるので便利っちゃ便利ですが、
リモコンシャッターで済んでしまう事も多いです。
用途は限られると思います。が、僕としては欲しくなっちゃいますねぇ。
カメラ本体に似たような性能が備わっているモノもありますので、
購入前によく調べてからポチりましょう。
※定点観測には役立つと思います。

夜が暑いと感じるのも今のうち。
秋口になってから星空撮影を楽しもうと行ってみたら、
気温が低くて思ったよりも寒さがキツイ事があります。
(標高が高くなるほどに寒いッ。)

と、いう事で・・・
アナタも夜遊びしてみては いかがでしょうか?
夜遊びの後はもちろん温泉です。

今日も温泉日和です♪

 

夏の大三角(星座)

彗星を探しに行ったが…

今 話題の「ネオワイズ彗星」を見てみたいぞ♪

本日の日中は久々に空が晴れて 暑い日でした。

夜空も晴れているだろうと外へ出て見上げると 星が見えていたので、
彗星が見えそうな場所へ車でちょっと移動してみると。。。

北西の空は曇っていた

20時頃。 北斗七星の下にあるハズのネオワイズ彗星は、
水平線の上にかかった雲に遮られ 見えませんでした。

iPhone アプリの night sky で確認すると、見えても良い場所に存在してそうなのですがねぇ。残念。

時期的に そろそろ夏の大三角が見える頃

と、いう事で ネオワイズ彗星とは反対方向の 東側の空に見える
夏の大三角を撮影して帰りました。
温泉街の近くという事で 明かりが入ってしまいましたが、
真っ暗にキラキラ星とはまた別に風情のある星空も良いかもしれません。

皆様も星空鑑賞などいかがでしょうか?

小野川温泉へ宿泊されたら、ちょっと移動するだけで夜空がけっこうキレイに見えます。

星空を見た後は、気付かないうちに身体が冷えている事でしょう。
そんな時はもちろん温泉です。

今日も温泉日和です♪

 

 

小野川温泉ほたる情報局20200627

ヒメホタルはじめました

ヒメホタルが出始めているものの。
コロナの影響で、気軽にバス案内をやりにくい状況です。
んでも、ヒメホタルをご覧頂きたい。 難しい世の中です。

ホタル発生場所は第3ステージへ

ほたる公園のゲンジボタルが見頃になりました。
昨日、さらりとチェックしたところ 橋を渡って50m程進んだ木の下にゲンジボタルが飛んでいるのを確認。

亀屋さんの裏手は、シーズン終わりが近づいております。

今年の積雪は少なかった。その為にホタルが発生するのも早かったです。

ヒメホタルも含めて今年は 例年よりも少し早めにホタルの時期が進んでいると感じます。
そうなると、ホタル鑑賞シーズンが終わるのも早くなっちゃうわけですが。

とにかく ホタルの見頃を迎えています。

星空もキレイ

ホタル鑑賞にご案内したお客様が 星も綺麗。と、おっしゃって下さいます。
うん。 確かにキレイに見えます。
普段、夜は明るい所が多いですし、
暗いところへ行く機会は少ないですもんね。

僕も夜空を見上げてみました。
南の空には 蠍座の頭の部分が見えてました。

んで、もって…

ほたる鑑賞において 大切なのは・・・

考えるな、感じろ

はい。深い意味はありません。
ちょっと言ってみたかっただけ(笑)

そんなわけで 宜しくお願いします。

 

【満月】ストロベリームーン

2020年6月5日(満月の前日)

 

今夜は満月! だと思ったら明日でした。
でも、ほぼ満月なわけでして。 良い感じに月が ほんわりと雲に包まれたりしてました。

 

土星っぽい?

雲がかかって 土星っぽく見えました。
こんな月も ちょっと面白いです。

 

闇に紛れる月

この月は ちょっと怪しく感じます。

って事で 2020年6月6日(明日)は満月ですので、思い出したら夜空を見上げてみて下さい。

小野川温泉は 間もなくほたるの時期を迎えます。(少し出始めました)

当館は「ほたる鑑賞ガイド」を毎晩行っています。ご宿泊の方は ぜひご参加下さい。
明日からでも ほたるが1匹でもご案内致します!!

 

夜空やホタルを見た後は やっぱり温泉に入りましょう♪

今日も温泉日和です♪

 

小野川月山から登る満月の謎に迫る!?

小野川月山から登る満月の謎に迫る!?

20191017

昨日に続き、当館の正面から昇る月を撮影しました。
まず、昨日と今日では月の出現に関して異なる点があります。

昨日は ほぼ山頂から

昨日は 小野川月山のほぼ山頂から 月が顔を出しました。
(ムーンカレンダーによる満月の日の2日後 2019/10/16)

記事にも書いたように ダイヤモンド富士のような位置から月が出現しました。

しかし、満月から3日後(2019/10/17)の月は 山頂の左側(北側)から昇ってきたのです。

と、なると 月が山頂付近から出てくるのは・・・ 満月の日じゃないのかも。

ムーンカレンダーをチェック

むーん。 観測場所は小野川温泉の当館の玄関前。
満月の2日後あたりが 小野川月山の山頂から 満月が出現する日なのだと思います。

 

山頂と満月のズレ

当館の玄関前から小野川月山を観察すると、
満月の日は小野川月山、山頂の少し右から月が出る。
山頂と満月で【A】のズレが出る。

ハッ!

視点を変えれば 山頂から満月が!?

観測場所を変えれば、見え方も変わるハズ。
その場合、月が右に見えるなら自分は左側へ移動すれば良いだろう。
たとえば、観測場所を郵便局へ移して 満月をチェックすれば・・・きっと!

 

パール小野川月山

ダイヤモンド富士に対して、あえて名付けると 「パール小野川月山」 でしょうか。

次回の観測は2019.11.12

できれば 満月の1~2日前に 山頂から満月が見えるよう、予想をつけておいて 撮影に挑むのが良いですね!

あとは晴れるだけだ!

まぁ、ね。 曇るんでしょうけど(笑)

ところで アレだ。 今回のレポで気付いたこと。

満月が昇る山だから 月山なんだな!

小野川温泉街から見える山から満月が昇ってくる。
だから 【月山】と呼ばれるようになった説。

この説は有力だと思ってます。
今まで先輩方から聞いたことがありませんでしたが、僕としては ほぼ確定しちゃってます。

もう少し掘り下げて場所を特定してみます。
もしかして、温泉が最初に湧いていた 小野川温泉発祥の場所である、
「尼湯共同浴場」から見た時に 山の頂上に満月を眺められるのかな。
などと想像したのですが、 月山の起源はもっと古いハズ。

塔原(とのはら)

塔原とは、温泉街から約200m先の橋を渡ってすぐの地名で、小野川郵便局周辺を指します。
その昔、塔原に住む「尼代」という女性が温泉を見つけたので「尼湯」と名付けられた説があります。


小野川温泉物語より

小野川温泉物語より

そうか!
小野川温泉を見つけた 尼代さんが住む地域から 満月を見れば・・・

満月の日はきっと 山頂に輝く月が・・・

ちょっとまって! 「どう山」説

その昔は 月山ではなく「どう山」と呼ばれていた。と、いう話を聞きました。
私の母である女将の父(祖父)が そう言っていたと記憶しているとの事。
「どう山」とは おそらく「堂山」ではないだろうか。と推測しています。

理由は、まず、古い地図を見て下さい。

この地図の正面に描かれているのが 小野川月山になります。
しかし 良く見ると 山の名前は書かれていません。
「月山」という文字が 一つも見つかりません。
見つかったのは 「御堂」があったようだ・・・ と、いう事でして。

「こくぞうどう」と読むらしいですが・・・ たぶん 「古くぞう堂」と書かれていると思います。
(間違っていたらごめんなさい)

「こくぞう」と言えば・・・

会津柳津の「虚空蔵様」の「こくぞうさま」とは 違う「こくぞう」なのでしょう。
米沢市(周辺も含む?)では、「十三参り」に柳津の虚空蔵様へお参りに行く風習がありまして。。。
(話が長くなるのでカット)

「月山」の前は「堂山」説

月山と呼ばれる前は 堂山と呼ばれていた説は なんとなく本当のような気がしています。
いつから月山になったのか、今は調べようとは思いませんが 何かの機会があれば追ってみます。

仮設は否定された(笑)

「尼代」さんの住んでいた 塔原から観察すれば、
月山の山頂から満月が昇る説は ちょっと信じられなくなってきました。
そもそも 月山が 月山と呼ばれてないとなると、自信が揺るぎます(笑)

この満月を撮影した時の記憶を辿ると・・・
山頂よりも 少し右側から満月が出ていた。 (この木 今もあるかな)

まず撮影してみようね

結局なにも解決しないまま終わってしまいました。
来月、満月が出る時に 山頂と満月が一致する場所から撮影して。
いろいろな事は その後に考えることにします。

とりあえず、 「堂山」=「月山」 だったのかもしれない。
山の中腹に 「こくぞう堂」があったようだ。
と、いう歴史を知った。と、いう事で ひとまず終わりと致します。

あまり役立ってない記事だな~(汗)
最後までお付き合い下さいましてありがとうございます。

※本家の「月山」と間違わないよう 小野川月山と表記してますが、本当は「月山」です。

 

ふー 頭を使うと お腹が減る。 (何か食べましょう)

食べた後は 温泉でさらにスッキリしましょう!!

今日も温泉日和です♪