クラシックカーレース La Festa Mille Miglia 2018

クラシックカーレース
La Festa Mille Miglia 2018

2018-10-20
ラ フェスタ ミッレ ミリア クラシックカーレースが久しぶりに小野川温泉を通過するコースとなり、
チェックポイントに選定されお手伝いしました。

僕は 仕事の都合もあり、前半のみの参加でしたが、
参加されていたカッコイイ車を 何枚か撮影しましたので、
どうぞご覧下さい。 (流し撮りしたかったので一眼で)

 

曲線というか筒状のデザインが特徴的な車です。
どの車も居住性は良くなさそうです。

少し大きめの車でした。 スペアタイヤが2本ついてます。
屋根を取り外してオープンにした方が開放感がありますね。

荷物袋?リュック?が下がってます。
タイヤも大きめで迫力あります。

ライトなカラーで小回りがききそう。

鮮やかなブルーとフロントバンパー?が印象的。

クラシックカーと言えども基本的にはレーシングカー。
どの車も結構なパワーがあるのでしょう。 いい音をたてて加速して行きました!

撮影は・・・

EOS Kiss です。
ちょっと絞り気味 1/40 くらいのシャッタースピードで撮影しました。
他にも撮影したのですが、手持ちの為 ブレが大きい物は掲載していません。

三脚を準備して もう少しスローシャッターにすればよかったかな。
撮影に専念できれば良いのですが、そうも行きませんので。

 

La Festa Mille Miglia 2018

参加資格はとても厳しい

リンク: La Festa Mille Miglia 2018 大会概略

ちょっと調べてみました。

――以下引用――――――――――――――――
参加資格車
A:Vintage クラス 1919年1月1日~1929年12月31日に製造された車輌
B:Post-Vintage クラス 1930年1月1日~1939年12月31日に製造された車輌
C:Post War-I クラス 1940年1月1日~1949年12月31日に製造された車輌
D:Post War-II クラス 1950年1月1日~1957年12月31日に製造された車輌
E:Closed List クラス 1958年1月1日~1967年12月31日に製造された車輌
※ミッレミリア参加資格車を最優先する。
※レプリカモデルは参加を認めない。
※参加車両はFIVA ID-CARDかFIA Historic Regularity Car Pass取得車に限られる。
※特に組織委員会の認めた車輌。
――以上引用――――――――――――――――

気になったのが 下記部分。
※参加車両はFIVA ID-CARDかFIA Historic Regularity Car Pass取得車に限られる。

なんの事かさっぱり知りませんので、もう少し掘り下げてみます。

FIVA ID-CARD とは

――以下引用――――――――――――――――
 海外では年間を通じて、非常に多くのFIVA公認ラリーが開催されています。こうしたFIVA公認ラリーに、日本から車を運んで参加する場合、車両と特定された所有者(車検証に記載された法的な所有権者)に対して発給された、FIVA IDカード(パスポート)という書類が必要です。
 FIVAは、このIDカードを発給する権限と義務を各国の加盟クラブに委任しており、日本ではCCCJがIDカードを発給しています。
 IDカードはオリジナルの車に限り発給され、いわゆるレプリカ(新たな複製)には発給されません。IDカードは、車両と所有者のコンビに対して発給されるもので、所有者が変わると直ちに失効します。したがって車両の売買に際し、「FIVA IDカード付きの車」ということは本来あり得ません。
――以上引用――――――――――――――――

FIA Historic Regularity Car Pass

リンク: 2016年 付則K項 国際ヒストリック競技における競技車両の技術規則

こちらは 規則について 100ページものPDFファイルにて
もの凄く詳細に記されています。

3泊4日の行程だけでもハードなのに、 参加する為のハードルはさらに高そうです。

それを知ると 参加されている方々と貴重な車両が余計にありがたく感じます。

 

おまけ

応援の方も 小野川温泉に沢山来て下さいました。
来年も小野川温泉がチェックポイントとしてお手伝いできれば嬉しいです。

おまけ2

全車両がチェックポイントを通貨して、撤収作業も終わった後。
僕がたまたま玄関前に出たとき クラシックカーが1台走ってきて、

「この辺りにチェックポイントありますか?」 と、尋ねられました。

「ここがチェックポイントでしたが、終わっちゃいました」

と、いう事で その先(喜多方方面)のルートを案内しました。

 

遅れたときこそ

焦らず、おちついて。 が、良いかもしれません。

今日も温泉日和です♪

 

この道を行けば・・・2018

知らない道を通るのはオモシロイ

普段の買い物や、目的のあるドライブ、 ちょっと遠回り。

いずれにしても 知らない道を通ることは少ない。

 

しかし、自分の為ではなく 誰かの為に運転するとなれば 知らない道や 普段はなかなか通らない道に出会うことも多い。

今日は その中でも なんだかいい雰囲気だな~ と、いう景色をご紹介します。

場所は飯豊町から長井市方面へ向かう道なのですが、

絵に描いたような風景だったので、車を止めました。

まっすぐ伸びた道路の先は ちょっと曲がっていて。

横に広がる木々の向こう側は おそらく川が流れている。

立ち込める霧。

奥に広がる山々。

そして、空を覆い尽くす重々しい雲。

 

こんな風景と出会ったときは 写真を撮影しておかないといけません。

後から~ 。。。 なんて思っても、同じような風景と出会うことはとても難しいです。

 

そんな景色は、ふとしたときに。

家の近所でも そんな風景と出会うことがあります。

ここ最近 当館の目の前の山から登ってくる日差しが照らし出す。

昨夜は晴れていて星が綺麗に見えた。

夜中からけっこう冷え込んだ。 そんな朝の空気感。

僕は ささっと 清水山公園へ行き 温泉街を見下ろして撮影してきました。

 

朝の冷たい空気の中 散歩されているお客もいらっしゃいますが。(寒そうです)

もちろん 早朝散歩の後は 冷えた身体を温泉で温めて下さい。
その為の温泉です♪♪♪

今日も温泉日和です♪

 

菊のおひたし~もってのほか

山形県では 菊を好んで食べます。

菊の栽培も盛んで、 食用菊の生産量は 全国2位でした。

ネットで検索すると 2014年(平成26年)のデータが見つかりました。
リンク: 食用菊の生産量の都道府県ランキング(平成26年)
1位の愛知県には ダブルスコアの大差がついてましたが…

食用菊ではなくて 「菊の生産量」ランキング

1位 愛知県 46,720万本
2位 沖縄県 27,960万本
3位 鹿児島県 9,450万本

と、なっておりました。 たぶん観賞用ですよね。(汗)

もってのほか

食用菊の品種で 代表的なのは 「もってのほか」という品種で、
「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」
「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」
などなどの説があります。 詳しくは下記の記事が参考になります。

【リンク】 食用菊 もってのほか Aコープ東北

 

紫色と黄色

一般に 食用菊は 紫色が定番で、 「もってのほか」と呼ばれるのは紫色です。

黄色の食用菊は 「黄色もってのほか」 と、呼ばれたりします。

写真の おひたしは 2色ミックスもってのほか です(笑)

そして、この時期 菊を頂く事が多いです。 感謝感謝!

 

with 温泉玉子

以前 記事にした事もあるのですが、 菊のおひたしと 温泉玉子を混ぜて うまいたれ(米沢定番のだし醤油)をかけると すっごく美味しいんです。

菊と温泉玉子で

きくたま (菊玉)

かってに 名付けましたが。
機会がありましたら 是非混ぜて食べてみて下さい。 きっと満足の味です!

 

まもなく冬

西吾妻山のてっぺんは すでに白くなっていて、すぐ近くまで 冬が近づいているのを実感します。
天元台スキー場のゲレンデも白くなり始めています。
(曇っていて見えない事も多いですが…)

先日 日曜日の朝市(今年最後の朝市でした)も けっこう冷えましたよーー

外気温で冷えた身体を温泉で温めるのは 心にも身体にも。 良いですよ。

今日も温泉日和です♪

 

美味しいお菓子を頂きました♪

ヴィクトリア

ある方から お菓子を頂きました。

お菓子が詰め合わせになったパッケージの中で 目に付いた それ…

名前は ヴィクトリア

洋菓子舗 ウエスト という 東京にあるお店のお菓子でした。

ひとくち食べると、しっとり サックリ 上品な甘さのドライケーキ

ドライケーキという響きの時点で おしゃれ感が出ていたワケですが、食感も味も良いのです~♪

説明書きがありましたので紹介します。

【ヴィクトリア】(Victoria)
専用に調整したイチゴジャムを絞って焼き上げた
ドライケーキシリーズのベストセラーです。
※小麦・乳・卵 1個 169kcal

 

と、小冊子に書かれていました。 美味しいわけです ベストセラーですもん。

甘党の僕ですが、 地元のお店ならともかく 他の地域の事はわかりません。

プレゼントして下さった方に感謝です。 美味しかったです。と、伝えたい。。。

「実は・・・」

このお菓子をプレゼントして下さった方は、 当館のお客様ではありませんでした。

ある日、 「こんにちは 予約した○○です。」 と、お客様が玄関にお越しになりました。

駐車場の案内をして、フロントでチェックインをして頂いて・・・

ん。 んん?

まずい ッス

お客様の 予約が ない だとっ!?

 

ちょっと待て。 こういう時は深呼吸。

実は・・・ 大変申し上げにくいのですが・・・

当館の間違い・手違いかもしれませんが、
ご予約頂いておりません。

もしかして 他のお宿さんに予約された可能性はありませんか?

この言葉は 大変言いにくいものです。
本当に、この言葉は 大変言いにくいものです。

当館で間違っている可能性もありますし、お客様が間違っている可能性もあります。

お客様が間違っているなら良いのですが、 もしもそうじゃなかったら 真夜中の心霊スポットのような怖さがあります・・・

予約の記録が明確に残っていれば良いのですが、
そうじゃない場合もあります。

その当日は 幸いにも
当館に空室はありましたので、宿泊頂くことはできたのですが、
お客様の話を伺いながら連絡をして原因をつきとめるべく丁寧に対応させて頂いたつもりです。

その後 いろいろお話しを伺って、近所のお宿さんに予約されていたと判明しましたので ホッと胸をなで下ろしました。

無事に予約されたお宿さんに行かれて良かったなぁ。と、思っていたら わざわざお菓子を届けて下さいました。
それが このお菓子。

(^_^) 甘いの大好きスイーツLOVEな僕。

感謝の気持ちを込めて 写真撮影&記事にさせて頂きました。
ありがとうございます。おしょうしな。

最後に、
私も誰でも100%間違えないとは言い切れません。
お出かけして楽しく過ごせるよう いつもよりチョットだけ気をつけてみては いかがでしょうか。
そして 温泉や食事、その土地の雰囲気をお楽しみ頂ければ幸いです。

今日も温泉日和です♪

 

満月が昇るとき 20181025

母が近所へ徒歩で買い物に出かけてすぐに戻ってきた。

 

母は言う・・・

向かいの山に 光が見える

山の頂上付近。 少し下がった所に 光がポツンと見えた。

誰かが山登りしているのだろうか。

 

んなわけないよね

うちから正面に見える山は (小野川)月山。

時刻は 19:30

こんな 夜に山登りをするハズが無いし、 そもそも その光は ジッと動かない。

人が山登りしている光じゃないのは すぐに予想できた。

それなら 何の光なのだろうか。

それは・・・

月明かりでした

しかも、今夜は 満月 Full Moon

見る見るうちに 山の陰から 満月が昇ってきて 顔を出した。

そして 丸くて明るい月が 眩しく僕らや街を照らし始めた。

 

満月を撮影するなら 全国どこからでも可能ですので、山肌から伸びる木を手前に配置して 撮影しました。

ちょっとカッコイイような ちょっと不気味な写真です。

何となく 牙狼(GARO)のような雰囲気とも思えます。

 

晴れた夜の翌朝はきっと冷え込んで暖房が必要になるかもしれません。

そんな時は 温泉です。 朝風呂です。 さいこー

 

今日も温泉日和です♪