【インスタ】宿の魅力にふれようキャンペーン~2020年2月29日

【インスタ】宿の魅力にふれようキャンペーン

以下、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会のキャンペーンを転載致します。

【公式ページ】 宿の魅力にふれようキャンペーンについて

●応募期間 2020年2月29日まで

●応募方法

応募テーマは「日本の宿」
2019年10月1日以降に宿泊した国内の旅館・ホテルで、外観、内観、客室、お食事等の写真を撮影。
インスタグラムに、指定のハッシュタグ「#全旅連キャンペーン」「#宿泊施設名」「#宿泊日」の両方をつけて投稿。
※公式インスタグラムアカウントのフォローは必要ありません。
インスタグラムをご利用であれば、どなたでもお気軽にご参加いただけます!

●賞品

旅行券(5000円分)を200名様にプレゼント

●当選発表および通知

・キャンペーン当選者へのご連絡は、2020年3月中旬頃に全旅連公式インスタグラムアカウント「@yadonet」からダイレクトメッセージにてお知らせいたします。
・指定の期限までに賞品発送のためのお名前、賞品お届け先等の必要事項を、専用の入力フォームよりご連絡ください。
・ダイレクトメッセージを受信頂けない場合、または期限内にお届け先情報のご連絡がない場合は当選を無効とさせていただきますのでご注意ください。

 

<応募規約>
本応募規約をお読みいただき、ご同意いただいた方のみご応募ください。

・投稿画像は、投稿者ご本人様が撮影したものに限ります。
・指定の3つのハッシュタグがついていない投稿は、応募対象外となります。
・当選された方の写真は、全旅連公式サイト「宿ネット」や関連するメディア等に掲載される可能性があります。
・画像の投稿は、自己の責任の下で行うものとし、全国旅館ホテル生活衛生同業組合シルバースターキャンペーン事務局(以下、「事務局」という。)は、本キャンペーンへの応募、または選出されたことに起因するトラブル、損害、費用等について、事務局は一切責任を負いません。
・お客様がお持ちの端末(スマートフォン、PC、タブレット)に関する技術的なお問い合わせには応じかねます。
・ご応募の際のインターネット接続料および通信費はご自身お負担になります。
・審査結果に関する個別のお問い合わせにはお答えしかねます。
・本キャンペーンはInstagramが支援、運営、関与するものではありません。

<当選者選出・賞品発送について>
・応募締め切り後、事務局にて、“宿の魅力が伝わり、泊まってみたくなるような写真であるか”という視点で、厳選なる審査のうえ、200作品を選出いたします。
・事務局が当キャンペーンの趣旨に合わない作品と判断した場、当キャンペーンの対象外とさせていただきますのでご了承ください。
・次の場合は当選が無効となり、賞品をお届けできませんのでご注意ください。
※アカウントを非公開設定している場合
※賞品発送の為のお客様情報に不備がある場合
※お客様のご住所が不明・連絡不能等の理由により賞品がお届けできない場合
※賞品の発送が日本国外の場合
※その他、事務局が不適切と判断した場合
・当選はお1人様および1世帯につき1回とさせていただきます。
・宿泊補助券は親族以外への譲渡、転売、換金はできません。
・当選者の個人情報につきましては、賞品発送の目的のみに使用させていただきます。

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会

――――――――――――――――――

以上 旅行券が貰えちゃうかもしれません!
皆様 応募してみては如何でしょうか♪♪

 

米沢市上杉博物館 常設展示室入館料 改定

米沢市上杉博物館 伝国の杜 入館料改定

米沢市上杉博物館 伝国の杜の入館料改定のお知らせを頂きましたので 転載します。

改定前料金 令和元年9月30日まで
改訂後料金 令和元年10月1日から

■一般 410円(改定前) → 410円(改訂後)
団体 320円(改定前) → 330円(改訂後)

■高校・大学生 200円(改定前) → 210円(改訂後)
団体 150円(改定前) → 150円(改訂後)

■小・中学生 100円(改定前) → 110円(改訂後)
団体 60円(改定前) → 60円(改訂後)

 

企画展示室入館料(およびセット券料金)は、下記料金表をご参照下さい。

【お問合せ】 米沢市丸の内1-2-1
伝国の杜・米沢市上杉博物館
TEL 0238-26-8001

――――――――――――――――――

以上でございます。

博物館で 刺激を受けた後は
温泉で 頭と身体を休めてリラックス。

今日も温泉日和です♪

 

 

雪板!からの、すべり下駄=ぼふらん?

すべり下駄 と、いうか

方言にびっくらこいた話

米沢市民と川西町民の皆様 こんにちは。

 

その前に 「雪板」紹介!

僕はテレビでしか見たことないですので
現物は見たことも触った事もありませんが、
テレビニュースでは、

雪板 = お手軽スノーボード

という感じで紹介されていました。
(子供達が遊んでました)

リンク: 『 雪板(ゆきいた) 』で遊びませんか?!―川西町観光協会

リンク: 雪板祭り 2019/03/11 イベント詳細


雪板って本格的!

テレビで見た感じは 子供達がちょっとした斜面で
手軽に滑って遊ぶ道具というか玩具に近い印象を受けたのですが、
このイベント案内を目にすると 完全に競技になってませんか?
遊びを極めるとスポーツになるのかも。
今なら冬季オリンピック種目に・・・ (笑)

マジで川西町から伝説が生まれようとしているのかもしれません。

 

ところで すべり下駄 です

すべり下駄は 冬の遊び道具で 主に女の子が使用するものでした。
下駄の裏に足が無くて、その代わりに 竹が貼り付けてあり 滑りやすく加工されています。

冬の遊び道具がとても少なかった時代なので、とても欲しかったそうです。
比較的裕福なお家の子が持っていた。と、いう話を聞いたりします。
買って貰えない場合は、竹でスキーのように作って滑っていたそうですが、
雪がくっついて すぐに滑らなくなる 等々、上手に滑れるものではなかったそうです。

先日、お客様(川西町のおばあちゃん)が ロビーのショーケースに飾ってある
すべり下駄を見ていた時です。 僕が聞き慣れない言葉を耳にしました。

ぼふらん ・・・

どういう意味なのでしょう。
アラフィフの僕ですが、今まで耳にしたことがありません。
女将も知らなかった言葉。 「ぼふらん」

謎の単語 BOFULAN ― 「ぼふらん」

それは、川西町から訪れたお客様の口から 偶然出てきた言葉。

フランス語!?

いやいや、おばあちゃんがフランス語を話せるとは思えません。(偏見…)

どういう意味か 尋ねると すべり下駄の事を指していました。

本当ですか?? 川西町では ぼふらん って言うのですか。

隣町とは言えども侮れない事っていっぱいあります。

以上 備忘録として

 

※P.S. 「ぼふらん」を検索すると フランスの建築家がヒットします。
しかし、 川西町はおろか 日本語として存在を確認できておりません。
もしかすると川西町のごく狭い地域での呼び名だったのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら 情報をお知らせ頂ければ幸いです。
もちろん (のんびりと)追加調査したいと思います。

――――――――――――――――――

雪遊びの後は 温泉に決まってます
今日も温泉日和です♪

 

【入場無料】11/3 米沢市上杉博物館 伝国の杜

【入場無料】11/3 米沢市上杉博物館 伝国の杜

タイトルの通りです。

リンク 伝国の杜・上杉博物館
https://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/top.htm

 

【 入場無料 】
11月3日(土曜日・祝日)

無料対象:全展示室
特別展 「戊辰戦争と米沢」を開催中
国宝 「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示

この催しは、東北文化の日の協賛事業との事です。

 

【東北文化の日とは】
 東北6県と仙台市が、平成22年度から毎年10月の最終土曜日とその翌日の日曜日を「東北文化の日」として、東北の文化に関する情報を一体となって発信するとともに、「東北文化の日」から約1ヶ月間を中心として、美術館、博物館などの文化施設の展示を無料(割引)とする日の設置や、シンポジウムや文化祭などの各種イベント開催などを行っています。
(事務局:「東北文化の日」推進委員会)
※頂いた資料より

【お問合せ】
米沢市丸の内1-2-1
伝国の杜・米沢市上杉博物館
TEL 0238(26)8001

 

昭和のクリームソーダ from うふCafe

うふCafeで
昭和のクリームソーダ

先日、うふCafeさんにお邪魔して来ました~

僕のお気に入りのお店です。(いうほど通ってませんが…)
女性向けのかわいい雰囲気を壊さないようにしないと。

到着するなり 庭が・・・

庭がアートに!?

小物バザーのようでもあり、かわいい休憩所のようでもあり、アート展示場のようでもあります。

何ですかこのセンス溢れる庭は。。。
暑い日でしたが、涼しい店内に入らずに しばらく眺めて楽しませて頂きました♪

道草しすぎです。 やっと玄関に辿り着きました(笑)

ワイヤーがクルクルしていてカワイイ看板
こういうステキ作品を作って下さる方がいらっしゃるそうです

 

ようやく入店。
イス・テーブルには個性がありまして どの席が良いか迷ってしまいます。

お店の中に こんな場所♪

お店の奥の方にファンシールーム(?)
土足禁止です~

なんでしょう! この素敵空間♪ いい感じです~

喫煙室。
どこへ来たのか忘れてしまいそう

田舎の待合所のような ちょっと旅気分が味わえます

クリームソーダがキター

今回のお目当て
昭和のクリームソーダ

厚口のグラスに浮かぶ鮮やかな緑色のグラデーション。
表面に汗をかいた夏の日の甘くてシュワシュワした味わい。

 

店内の雰囲気と相まって 嬉しい楽しい時間を過ごせました。

ってゆーか 見れば見るほど 美味しそう。
このグラスも味わいありますねぇ。
トレイもコースターも凝ってますし。

斜平山(なでらやま)の麓に位置します、米沢盆地

 

皆様も うふCafeさんへ涼みに行ってみてはいかがでしょうか。
他にも魅力的なメニューが並んでいたのですが 今回はここまで。

 

最後にポイントカードを頂いてきました。
僕はポイントを貯めるつもりはなかったのですが、可愛らしいデザインなので つい貰ってしまいました。

 

うふCafe

リンク 公式 Facebook

 

 

暑いっすね~
甘く涼んだ後は温泉もいいですよォ

今日も温泉日和です♪