ホタル観賞とホタル撮影

ホタル観賞とホタル撮影

先日、ホタル観賞へ行ってきました。

ホタルの案内を行っていると 僕はガイドをする立場ながら、逆にお客様から情報を頂ける場合があります。

また、質問を頂く事により ホタルについて深く考えさせられる事も。

その中で、これは大切だな。と、感じたので 忘れる前に投稿致します。

僕自身、ホタル観賞 ホタル撮影 どちらも好きです。
ですから、どちらの気持ちもわかるつもりです。
まず、それぞれの立ち位置を比較してみます。

ホタル観賞とホタル撮影の違い?

ホタル観賞の場合

ホタル観賞をする場合は、ホタルを見る事が目的です。
僕のオススメは 安定した靴を履いて出かけて頂く事です。
ゲタやハイヒールはオススメしません。

時々 懐中電灯やライト類を持参される方がいらっしゃいます。携帯電話やスマホで代用になります。
足下を照らして 安全に移動して頂き、ホタル観賞の時は 立ち止まって安全を確認してライトを消して頂ければ良いと思います。

ホタルが小川の近くに発生する事を考慮すれば、ホタル観賞をして 小川に落ちないよう気をつけて頂きたいと願っています。 ケガして欲しくないです。

ホタルが格好良いコースで飛んでくれました!

ゲンジボタルは 時々、点滅せずに光ったまま飛行する様子を目にします。
特に、このホタルは ギュイーーーンとカメラの前を横切ってくれました。
こんな格好良い残光、なかなかありません♪

 

ホタル撮影の場合

ホタル撮影の場合は、 装備にけっこう気を遣います。
比較的高額なカメラやレンズを準備する必要があり、三脚やその他の装備をする事も多いです。
(ホタル撮影の詳細に関しては各自検索して下さい)

撮影する時間ですが、一度のシャッターを切るのに数秒から数分。と、ホタル撮影は 「パシャ」っと一瞬で終わるわけではありません。 数分間撮影したところに、ライトをピカっと照らされると 作品としては たぶん良くない物になってしまいます。 数分間が 「ピカッ」と照らされた瞬間・・・ ガックシ。

噂ですが、カメラマンが ずらりと並んでホタル撮影している場所で 不用意にライトを照らしたりすると怒鳴られるらしいです。 数分間かけた作品が 一瞬でダメになったら怒りたくなる気持ちもわかりますが・・・

もしも、そんな場所だとしたら、楽しみに出かけて「癒やされる時間」を想像して訪れたホタル観賞で、逆に緊張してしまいます。

とにかく、ホタル撮影中に懐中電灯や車のライトで照らされたら 写真は、ほぼ台無しになります。
「お願い…車よ来ないでちょうだい。」 そう願いつつ、撮影する事もありますが、 そもそも自分が車で訪れているので 文句言うつもりはありません。

 

木星と飛行機とホタル

南の空に光る木星が目立っていました。
星空と蛍を狙っていると 飛行機が飛んできて 人工衛星も写っているのかな。
夜空に浮かぶイロイロが写った一枚。

 

ホタル観賞(撮影)に関して貴重な意見

お客様にお聞きした意見は 僕があまり考えたことの無かった物でした。

ホタル撮影が禁止されている場所がある。

その理由は、やはり カメラマンとホタル観賞する人のトラブルを避ける為のようでした。

詳しく伺ったワケでもありませんし、WEBを検索したワケでもありません。
ただし、その言葉で 察した意味は・・・

ホタルは観賞する人が優先

ホタルは観賞する人が優先

大切な事なので2度言いました。

そしてもう一度言わせて頂きます。

ホタルは観賞する人が優先

 

実は、僕は一度だけ いきなり怒鳴られたことがあります。

ある場所へ車で ホタルを探しに行きました。

そしたら、暗闇からおじさんが出てきて ホタル撮影に来たのか 尋ねられました。

撮影する事もある。と、答えると・・・

「ホタル撮影するなら ライトが当たったらダメなのわかってるだろ」
と、いう感じの注意をうけました。

その時は、撮影者の気持ちがわかるので、 「スイマセン」と引き下がって帰ってきたのですが 僕自身考えさせられる出来事だったのを記憶しています。

※土地の所有者がどうとか、注意書きがどうとか、事前の許可の有無とか。考えられる条件はいろいろありますが、ここでは控えておきます。

 

光の帯が凄い!

偶然カメラの前をホタルが通過!
ここまで近くをサービス飛行してくれる事はナカナカありません。
意味不明かもしれませんが、迫力のある一枚。

 

小野川温泉のホタル観賞は恵まれている

ホタル観賞のお客様が 押し寄せる程でもありませんので、のんびりホタル観賞するには良い場所なのだと思います。
また、ホタル観賞スポットが徒歩圏内にあり、車で移動可能なら また別の場所でホタル観賞ができる。
小野川温泉やその周辺に限らず、米沢市周辺ではホタルを観賞する事も可能。

結果的に、この場所のこの角度から見るのが最高!と言われるようなポイント的な物ではなく エリアとしてホタル観賞を楽しめる恵まれた土地なんだと感じました。

 

僕個人の考え方としては

ホタル撮影をしている時に、車が通ったり 他人のライトが当たったりした場合 「あらら…やられた」 くらいにしか思ってませんでした。 車が近づいてくる場合は 遠くからライトの光が見えるので事前にシャッターをストップする事も可能です。

ホタル観賞に訪れた方が持参したライトで周りを照らされた場合は 僕がホタル観賞している場合や ホタル撮影している場合。 どちらの場合でも ライトを消してくれるように伝えると思います。

周りにホタル観賞されている方が沢山いらっしゃれば なおさらですが、ライトのスイッチを入れると 暗闇に慣れた目に光が刺さるように眩しく感じる為です。

そして、今回の件で 明確に感じたのは ホタル観賞とホタル撮影で どちらを優先すべきかと言えば
ホタル観賞する人が優先なのだと思います。 もちろんですが、撮影している方の邪魔にならないよう気をつけたり、機材に触れないなど配慮する必要はあります。 (ホタル撮影の邪魔になるような事をしても良いというわけではありません。)

どちらもホタルが好き

ホタル観賞している人、ホタル撮影している人。
どちらもホタルが好きで訪れています。 小野川温泉付近でトラブルが起きているワケではありません。
トラブルになったら嫌だな。 みんな楽しく見て欲しいな。 そしてこれからもホタルが沢山見れますように。
そういう思いで今回の記事を書きました。

立体感のあるホタルの風景

手前から奥に伸びたホタルの残光と、中心で賑やかに舞っているホタル。
良く見ると、ずっと奥の方でチラチラと光っている姿が見えます。
奥に見えるのは吾妻山。 山の方角で少しだけ位置関係がわかる写真になってます。

ホタル撮影は楽しい!

ホタルをカメラ撮影するのは楽しいですし、夜景や星空撮影よりもハードルが高いです。

スマホで撮り慣れた写真と違って、10秒・20秒・30秒・1分。

1分後にならないと 撮影結果がわからない。 そんな撮影なかなかありません。
そんな ワクワク感のある写真撮影、オモシロイですよ~♪
スマホ撮影を否定するワケではありません。 スマホ撮影が簡単すぎて それに慣れちゃってるんです。

撮影に関して・・・

撮影の問い合わせがあった場合は事前に その時期に撮影しやすいスポットをご案内する場合もあります。 テレビ局の方を案内する場合もあります。

その場合、理想は明るいうちの下見が大切です。 この場所にホタルが出やすいので この角度から撮影すると良いかもしれません。と、具体的に案内する事もあります。 ホタルの飛んでいる時間は短い為 やり直しが効かない事が多いです。 そして、せっかくのチャンスですから美しく癒やされるホタルを魅力的に撮影して頂きたいです。
是非ホタル撮影にチャレンジして楽しみましょう♪

※スマホでホタル撮影するのは難しいですし、フラッシュの設定を「切」にしてチャレンジして下さい。
おそらくピントが合わなくて 撮影自体不可能かもしれません。
また、ホタル観賞されている方がいらっしゃる場合、フラッシュ撮影は迷惑になる場合があります。

※僕が常にホタル撮影の案内を行えるものではありません。
問い合わせに対して明確に応じられるわけではありませんので予めご了承下さい。

 

今後は・・・

今後 考えが変わるかもしれませんし、ルールが作られて行くかもしれません。
基本的には ホタル観賞の方を優先すべき。という事で どうぞご理解ご協力をお願いします。

そして、恵まれた小野川温泉とその周辺の地域に改めて感謝せねばと思いました。

 

ほたる観賞する時期は ジメッと湿度の高い日が多いです。
そして、ほたる観賞から戻ったら 温泉で汗を流せば気持ちいい!

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉ほたる観賞案内2019(基礎)

小野川温泉ほたる観賞案内2019(基礎)

小野川温泉で ほたるをご覧頂ける場所に関しましては、いくつかございますが、
現在 ほたる公園は ちょっと少なめです。

毎年 ほたるが最初に見られる 温泉が流れ込む 水温が温かい小川はシーズンが終わったようです。

今年は 小野川温泉観光協議会にて 宿泊のお客様に ほたるの観賞案内を行っております。
宿泊されるお客様は お宿さんに ほたる観賞するのに 良い方法を伺ってみて下さい。
地元情報が入るかもしれません。

一番の基本は ほたるが飛びやすい時刻 20:00~20:30 に ほたる観賞に出かける事です。

●暗い場所ですし、舗装路ばかりではありませんので、 ゲタやハイヒール等の不安定な履き物は オススメしません。

●懐中電灯を持ってお出かけになられるのは良いですが、ほたる観賞をされている方は 暗い風景に目が慣れていますので とても眩しく感じます。 ご配慮下さい。

●写真撮影・ビデオ撮影は フラッシュやライトの設定をオフにして 撮影下さい。
※スマホで ほたるの写真撮影は非常に難しいです。 (ピントを合わせにくい)
自分の目で楽しんで頂くのが良いです。

●もちろん ほたるは捕まえてはイケマセン。

ほたる観賞 注意点

小野川温泉付近で ほたるを御覧になる場合は 旅館組合駐車場を御利用下さい。
空き地があっても私有地等への無断駐車はオススメできません。

小野川温泉付近に限らず、ほたる観賞される方は あまり土地勘が無いと思いますし 暗いですので周辺の状況も把握しにくいです。
私有地や一般道・農道などで場合は 地元の方の迷惑にならないようご注意下さい。

これからも ずっとほたるが見れますように 安全・その他にご配慮下さいませ。

小野川温泉ほたるまつり2019

小野川温泉ほたるまつり2019

ほたるまつり期間に入ってます。
今年のほたるまつり チラシをご紹介致します。

第39回小野川温泉ほたるまつり
6月22日(土)~7月15日(月)

ほたるまつりイベント

7月6日(土) 7日(日)18:00~21:00
※温泉街 17:00より車両通行止め
●ほたる茶屋・・・ほたるまつり期間中 金、土、日営業/19:00~21:00
●露天風呂小町の湯・・・ほたるまつり期間中20:30まで営業
●その他詳細情報はQRコードで御覧下さい。 ※大食いイベントへの参加含む

リンク: 第39回 小野川温泉 ほたるまつり

7月6日(土) 大食いイベント
三宅智子 / おごせ綾(おしんちゃん)
7月7日(日) お笑いステージ
芋洗坂係長

 

 

 

 

 

 

 

ほたる観賞案内<毎晩やります>

ほたる 見れます♪

20190623

昨日から ほたるまつり期間となりました。

今年は ほたるが出るペースが比較的早いのかもしれません。

条件や場所にもよりますが、積雪が少なかったのが影響して
例年より 早まったと思われます。

焦らせるつもりはありませんが、御覧になる場合は 例年より早いと思って下さい。

 

ほたるを見るには

当館へチェックイン時に ほたる観賞へ出かけるご案内を致します。
午後8時前後に出発する事が多いですので、夕食を食べ終える時刻に注意して下さい。

ほたる観賞へ行く場所に関しましては、その時の条件により ベストの場所をご案内致しますので安心して下さい。

 

ちなみに、今夜は夕方に雨が降りました。
小雨程度ではなく 普通に雨が降っていたので 今夜のほたる観賞は どうなるかな。どうしようかな。

と、心配していましたが 午後8時頃には 雨が上がり、空気も冷え込まなかったので 観賞に良い条件となりました。

ほたるも飛んでくれて お客様にも喜んで頂けました。

 

毎年ほたるが早くでる場所

温泉が流れ込む 温かい小川があります。
毎年 そのポイントには 早い時期から ほたるを見ることが出来ます。
近所ですので、 そのポイントには 良く見に行きますが、そろそろ終盤かもしれません。
(普通の水温の場所で ほたるが出ていますので そう思って良いです)

 

ほたる観賞の後は・・・

ほたるの光を思い浮かべながら 温泉で温まるのがオススメです!

今日も温泉日和です♪

 

菜の花畑20190510三ノ倉高原(喜多方)

5月10日 三ノ倉高原(三ノ倉高原スキー場)へ行ってきました。

【菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑】
2019年5月16日(木)~6月4日(火)

まずはルート案内

GoogleMapにて 当館から 三ノ倉高原花畑 を検索すると 車で42分 37km と案内が表示されます。 1時間圏内ですので、比較的 気軽に行けるドライブコースとしてオススメです。

■リンク
・2019三ノ倉高原花畑(菜の花)のお知らせ – 喜多方市ホームページ
・菜の花フェスタ in 三ノ倉高原花畑|開催中のイベント|喜多方観光物産協会

早朝 気合いを入れて出発しました。

米沢市から喜多方方面へ
右折ポイントだけ気をつけて

国道121号線を喜多方方面へ
約35分で 熱塩温泉・三ノ倉高原の標識を見つけたら右折です。

米沢市から 道の駅田沢「なごみの郷」を通過し、
国道121号線を走行し 大峠トンネルを抜けて 福島県エリアへ入ります。
トンネルを10本くらい抜けると・・・(正式な数は各自お調べ下さい)
熱塩温泉 と 三ノ倉高原
 の文字が見えたら右折します。
ここだけ 気をつけて頂ければ スムーズに目的地へ到着できるハズ。

ここから10分弱で三ノ倉高原

道路の横、花畑が目に入ります。
スイセンの左奥に 菜の花が咲き始めていました。
こんもりと盛り上がっていて陽当たりが良い場所だと思います。

標高が高い為でしょう。 桜がまだ見られました。

喜多方市をバックに花畑が広がります

手前の菜の花は咲き始めていましたが、全体的には まだまだでした。

広い駐車場が確保されております。
奥のレストハウス?(スキー場のロッヂ)の営業日については 確認の上御利用下さい。

仮設トイレが設置されていました。

男性用・女性用・車いす対応 トイレが設置されていました。
(オープン前なのでロープが張られていました)

去年の記事ですが、 参考になります!

■リンク 喜多方 |「三ノ倉高原花畑 菜の花フェスタ」会津盆地を一望!大絶景が広がる天空の花畑

タイミングを見て どうぞお出かけ下さい♪

関東方面からドライブ、菜の花畑を見学して→ 小野川温泉へ宿泊するプランもありだと思います。

 

 

おまけ 日中線記念館

熱塩温泉には 旧熱塩駅が保存されています。
(駅舎の中には鉄道用具やヘッドマーク・備品など展示されています。見学される場合は事前確認する事をオススメします)

熱塩温泉のすぐ近くです。
三ノ倉高原花畑を楽しんだ後 予定に余裕がありましたら お立ち寄り下さい。

この屋根のカーブ

洋風テイストが感じられる駅舎。 僕はこのデザインが好きなんです♪
全体的なデザインもそうですが、特にこの屋根のカーブが魅力的だと思ってます。
大切に保管されているからなのでしょう。 綺麗な状態を保ち続けています。

この改札を抜けて列車に乗ってみたかった。

日中線記念館案内

現在、野岩鉄道は存在しますが、
その昔 野岩羽線が計画されていた。
(栃木―会津若松―米沢)

案内版の文章を読んで頂くとわかるのですが、
野岩羽線=昔の下野(栃木県)岩代(福島県)羽前の国(山形県)をつなぐ鉄道
として計画されていたとの事。

鬼怒川温泉方面から会津若松、喜多方、大峠を越えて 小野川温泉の近くを鉄道が通っていたかもしれない。 うちの近くに駅が出来たのかも!?
そんな想像すると胸が熱くなります。

目的は鉱山なのかな?

実際には大変な難工事になっただろうし、利用客があったのか不明です。
その頃の鉄道は鉱物等を運搬する役割が重要だったでしょうから、
米沢と喜多方の境界線付近、大峠の八谷鉱山から採掘された鉱石の運搬が主な目的だったのかもしれません。

■リンク 八谷鉱山(山形県米沢市)(1999年作成?)

■リンク 昭和の風景「八谷鉱山(昭和30年代)」 | NCV米沢 (映像あり)

母(女将)が、小学校の頃?に 先生から
「小野川温泉の近くを鉄道が通る。駅ができる。」と教わった話を今でも記憶しており その時の事を尋ねると教えてくれます。

駅の隣にラッセル車と客車

先ほどの案内版より
●除雪車(キ・100278)
●客車(オハフ・612752)

列車の中を見ることができますので、時間がありましたら 是非立ち寄ってみて下さい。

■リンク 国鉄キ100形貨車 – Wikipedia

外から客車を見ただけで わくわくします

列車へ入ると木造テイストに包まれます

まるで 999号に乗った感じ

木製で直角の背もたれ、網棚、窓、 もしこの車両で旅をしたら・・・
(なんだか想像しちゃいます)
当時、長時間の乗車は大変だったと思いますが 現在も気軽に見学できるこの車両は 本当に貴重だと思います。

網棚のアミも しっかり保存されてます

洗面台もレトロな雰囲気です

このドアハンドルだけでも、レトロ感あります

喜多方の朝ラーメンは 7時から

■リンク *朝ラー実施店について*|お知らせ|喜多方観光物産協会

こちらのWEBサイトで 朝ラー店を検索して 朝7時からラーメンを食べてきました!

どちらのお店のラーメンか。 ではなく
朝ラーメンという文化が根付いている事に驚き、関心します。 凄い文化です 朝ラー。

さすがに米沢ラーメンが美味しくても、朝から食べる人は少ないでしょうし 営業しているお店も ほとんど無いと思います。

 

本当は 熱塩温泉で日帰り入浴するのも良かったのですが、
温泉街をプチドライブして帰ってきてしまいました。 (また次回)

以上 三ノ倉高原→日中線記念館→朝ラーメン でした。

 

温泉には入りませんでしたが、温泉に入れば さらにグレードアップなドライブだったのに。
次回は是非 入りましょう。

今日も温泉日和です♪