夜空のタイムラプス動画

タイムラプス動画を撮影してみたものの

難しいです。
撮影が難しいです。(その後の編集も手間がかかります)

今回は 35秒のインターバルと シャッタースピードは5秒間で撮影。
つまり 40秒で1枚の写真を撮影しています。150枚の写真をつなぎ合わせました。
40秒x150(枚)=600秒

つまり1時間ほど撮影していました。(実際はもう少し撮影してます)

星が動く角度としては 360度のうち1時間で 約15度となるワケですが、
もっと動いているようにも感じます。 (空の15度をナメンナヨ)

撮影には長時間必要なのと。画像の明るさ等のバランスが難しいです。
もしかすると、使用するアプリによっては とても簡単に調整できちゃうのかもしれませんが。
(まだわからない事ばかり)

 

ちょっぴりテスト

■以下2つの動画は同じ内容です。(YouTube)

1つ目はyoutube公式サイトより埋め込みタグを入力して 表示しています。
(パラメータを変えることも可能で、オススメ)

2つ目は、youtubeサイトの動画を共有するURLを貼り付けただけ。
お手軽リンクアップロードです。意図したとおり表示してくれない可能性が高くなるのでオススメしません。

■1つ目

 

■2つ目
こちらの動画は、共有URLを貼り付けただけで、ワードプレスが自動的に動画として表示してくれています。(たぶん)

 

Panolapse というアプリ

現在は複数枚数の画像を1本の動画へ変換する為という事で、
タイムラプス動画を作成するのに Panolapse というアプリにお世話になっています。
ほとんどの機能を無料版で使用させて頂けます。

 

EOS RP インターバル撮影について

インターバル撮影の前にお伝えしておきます。

EOS RP にはタイムラプス動画撮影は標準装備!

他のカメラの標準装備としても備わっている物が多いのかもしれません。
カメラを固定してメニュー画面のからパラメータをセット、スイッチでスタートさせると 手軽にタイムラプス動画撮影が始まり、わりと簡単に撮影できちゃいます。
普段ならこれで十分かと思うのですが。。。

星空は撮影するのがデリケートな被写体かつ、編集の手間がかかります。が、
1枚ずつ撮影しておけば編集の際に痒いところに手が届きそうですし、
後からいろいろ変更したいという希望を叶えてくれそうなので
便利なタイムラプス撮影機能は使わずにインターバル撮影にしました。

 

翌日も撮影してみた!(笑)

小野川温泉街の裏通り(ちょっと暗めの場所)で撮影しました!

 

タイムラプス撮影に必要なアイテム

■インターバル撮影に対応したレリーズ

タイマー付きレリーズ。 これは今回の必需品です。 2000円程度で購入可能ですので、
ダマされたと思って試してみても良いと思います。 (下記リンク参照)

■バッテリーが足りない!?

長時間露光やインターバル撮影となると、撮影中にバッテリー交換ができないのが痛いところ。です・・・

ソニーのカメラは給電しながらの撮影が可能なモデルもあるようで、そのあたりはさすがソニーです。 僕の所有する EOS RPにおいては 給電しながらの撮影はできません。
付け加えれば小型軽量化がコンセプトの為、バッテリーも小型軽量となっており、手軽さがウリなのがアダとなってます(笑)

苦肉の策として純正ではありませんが、バッテリーグリップ(バッテリーが2個入る)が発売されてますので、バッテリー2個を満タンに充電してそれを使えば 撮影時間(枚数)をかなり延ばせる(増やせる)とは思います。 そして余計なアイテムが増えてゆく。。。

インターバル撮影してみて…

EOS RP のバッテリーのみでも 結構撮影できちゃいました。
実際に標準バッテリー満タンで400枚近く撮影できました。
撮影を開始したら少しでもバッテリーの消耗を減らすため、バリアングル液晶を閉じました。
EVFが光ってましたが、液晶よりもバッテリーの消耗を抑える事ができるハズ。

公式では240枚

キャノンの【EOS RP | 仕様】公式Webでは 下記のように240~250枚となっておりました。

リンク:キャノン 撮影可能枚数の目安 常温(+23℃)約250枚/低温(0℃)約240枚
※フル充電のバッテリーパックLP-E17使用時

バッテリーグリップに関しては 早とちりせずもう少し様子を見て購入する事にします。
焦っちゃだめ!(笑)

現在のところ、この EOS RP(社外品)に関しては下記に紹介した商品が最安でした。
似たような商品がいくつか出品されてましたが、モノは一緒だと思います。
社外品の為 本体の保証に影響が出るかもしれません。(注意+自己責任)

それでも、バッテリー2個で撮影したい場合は 頼みの綱として役立ってくれる事でしょう。

ただし、普通に撮影する場合、バッテリーを交換で済むなら無用です。
予備バッテリーを一個持っていれば 何の問題もありません。

インターバルなアイテム

レリーズとしても使用できるので便利っちゃ便利ですが、
リモコンシャッターで済んでしまう事も多いです。
用途は限られると思います。が、僕としては欲しくなっちゃいますねぇ。
カメラ本体に似たような性能が備わっているモノもありますので、
購入前によく調べてからポチりましょう。
※定点観測には役立つと思います。

夜が暑いと感じるのも今のうち。
秋口になってから星空撮影を楽しもうと行ってみたら、
気温が低くて思ったよりも寒さがキツイ事があります。
(標高が高くなるほどに寒いッ。)

と、いう事で・・・
アナタも夜遊びしてみては いかがでしょうか?
夜遊びの後はもちろん温泉です。

今日も温泉日和です♪

 

朝のごちそう 小野川温泉

「朝のごちそう」とは

「朝のごちそう」 とは、
冬の とても天気の良い朝、放射冷却により 山や木々 温泉街全体がキーンと冷やされて引き締まった空気。
そんな中で見つける 普段はあまり目にしない景色に出会ったり 発見がある。

寒くて起きるのが嫌だけど、ワクワクするシーン。
そんな朝の素敵な景色との出会いの事を 僕は 「朝のごちそう」って思ってる。

早起きは三文の徳 ってことわざと一緒じゃない? って思った方はたぶん正解です。
きっとそういう意味も含まれていると思います。

温泉街へ出て まず目にするのが 青空。
キーンと冷えた朝は もちろん晴天に恵まれる。(可能性が高い)

眩しい日差しに照らされる温泉街。
街が目覚めようとしている。
なんだかワクワクしてきます。

裏手に移動すると 西側の山が朝日を浴びて キラキラしている。
まだ、雪や氷の結晶が溶ける前の状態。
日陰になっている 手前の車と桜の木とのコントラストが 明るい山を浮かび上がらせる。
雲一つ無い空は どこまでも澄んでいるようだ。

 

河原へ出ると、川沿いに奥まで連なる山の景色が見える。
僕はこの景色が好きで、時々写真に残す。
なんとなく好きなのだ。 そういう物ってあるでしょ? ないかな?

空の青

なにこの空の色。 下の雪景色の印象が薄くなるような 綺麗な青空。

なんだか 心まで洗われそうな空。
僕の心は たぶん洗われた。 きっと。

池の横を通りがかる。
本当は 鳥が池の鯉を狙わないように張られた紐なのだが、
雪がツブツブになって くっついていた。

温泉街へ戻って。

蜘蛛の巣。
「朝のごちそう」のベストメンバー。

最近のiPhoneは どうなのかわからないけど、iPhoneで撮影するのは難しいんじゃないかな。
一眼カメラをオススメします。

ちなみに、この現象を引き起こす条件は難しいのかもしれないし、以外と簡単なのかもしれない。

僕なりに考えてみると、少し暖かい水分がある場所の蜘蛛の巣が 非常に寒い朝に こうなっちゃうんだろうと思っている。

皆さんも冒険!

寒い朝故に 外へ出るのをためらう事でしょう。
その代わりに 発見があるかもしれません。

皆さんも 朝のごちそう 頂いてみてはいかがでしょうか?

※P.S. そういや この朝は霜柱を見つけなかった。
気温は ほどほど高かったのか。 いやいや、水道管は凍結したし。
んでも氷の結晶が そんなに鮮やかじゃなかったから。
冷え込み方の問題なのかもしれない。(迷宮入り)

 

宿に戻ったら もちろん 冷えた身体を温泉で温めましょう♪

今日も温泉日和です♪

 

 

山から昇る月 20191016

山から昇る月 20191016

当館の正面の山 (小野川 月山)から昇る。
格好良く例えるなら ダイヤモンド富士のように顔を出す月。

今日(20191016)の 20:45 頃の出来事。

明日は 約1時間ずれるので 21:45頃に 月が顔を出すハズ。

覚えていたら また撮影したいな。

と、思いつつ。

そうはいかない理由が…

僕が持っているタムロンのレンズですが、EOS RPにはファームウェアが対応しておらず、一度 サポートへ送って対応してもらわなければなりません。。。
(撮影がうまく行かない為 調べたら そんな事になってました)

マニュアル撮影なら うまくいくかな? 試してみないとわかりませんが、
明日も覚えていたら 撮影してみようと思います。

ただし、月ってヤツは 一瞬の間に上がっちゃうから。

あれと同じですね。 あっという間に 沈む夕日。

この夕陽は、たまたま空が晴れ渡り 綺麗な姿を見せてくれました。
オレンジのグラデーションがとても綺麗です。

EOS Kiss の出番かな。

EOS Kissでも十分撮影できると思いますので、明日はそっちでチャレンジしてみます。
問題は 明日も晴れるかな。って事ですね。

とりあえず三脚を準備して待ちましょう!

夜の撮影で身体が冷えた後は温泉です!

今日も温泉日和です♪

 

山形日和。スタンプラリー 2019/10/1より

山形日和。スタンプラリー 2019/10/1より

案内が届きましたので、ご紹介致します。

スタンプを集めて、山形県産品をGET!
山形日和。スタンプラリー
2019.10.1 tue →2019.12.31tue

「新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン」の開催と同時に
山形県内を巡る「『山形日和。』スタンプラリー」がスタートします!
山形県には魅力あるスポットが盛りだくさん!
モバイル端末を持って、山形県内を巡ってみませんか?

主催/やまがた観光キャンペーン推進協議会
問い合わせ/(公社)山形県観光物産協会
TEL 023-647-2333
stamprally@yamagatakanko.com

 

リンク → 山形日和。スタンプラリー 2019年10月1日〜2019年12月31日

リンク → >山形日和。フォトコンテスト:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト

――――――――――――――――――

以上 スタンプラリーの紹介です。

スタンプラリーで楽しんだ後は もちろん温泉でリフレッシュ!

今日も温泉日和です♪

 

MidnightCat 20190826

MidnightCat 20190826

ここ4日間、小野川温泉 MidnightCat として撮影を行いましたが、
今さら限界に気付きました。

夜中にのんびりネコと戯れつつ撮影するのは 心地よいものですが、
いくらカメラ(レンズ)が高感度になっても、所詮は真夜中。
街灯や自動販売機の灯りでは シャッタースピードが稼げません。

そもそも動き回る生き物ですからねぇ。(デスヨネ)

今回、せっかく見せてくれた ノビの体勢からのプニプニ肉球ですが、
明るさが足りない為 どうしてもスローシャッターになってしまいます。
肉球がもっと鮮明に残せればよかったのにナ。

F1.8 のレンズですので、スペックを生かした撮影は可能です。
しかし、シャッタースピードを稼ぐと被写界深度が浅くなり、
顔と肉球どちらかがボケてしまいそうです。 まぁ、試してみるしかありませんが。

こうなると、日中の明るい時間帯にネコ撮影するしかなくなりますが、コンセプトが変わります(笑)
(夜中にライトで照らすコストも手間もかけたくないですし、それは無駄というもの)

ネコの愛らしい姿が のんびり手軽に撮影できるのが良いと思っているのですが。。。

とりあえず 気が向いたら また撮影に行きます。

この限界を乗り越える事はできるのか。。。
待っているのは希望なのか挫折なのか。

真夜中のネコとのふれあいは続くのか。