天元台高原スキー場 2019 シーズン

天元台スキー場 2019 シーズン

いよいよスキーシーズン到来!

リンク: 天元台高原 スキー場

写真は 11月24日 小野川温泉より撮影

――オフィシャルサイトより転載――

2019スノーシーズン12月1日(土)オープン予定
11月30日(金)プレオープン&冬山安全祈願祭開催
【11月30日(金)のご案内】
●ロープウェイ運行時間 9:00~17:00 毎時00分、20分、40分発車
●冬山安全祈願祭開催 10:00~ アルブ天元台レストラン白樺
●オープニングセレモニー 10:45頃 民謡一家祝い太鼓
●しらかばリフト運行開始 11:00頃(滑走できない場合は運休となります)
※まだ積雪が少なく滑走不可能でございます。一定程度の降雪があるまでしばらくお待ち下さいませ。

――以上――

と、いう事で この記事を書いている 2018/11/30 現在
WEBの情報では滑走は不可能との事です。
今夜の天気予報を見たら 米沢市は 雨となっておりました。
もちろん標高の高い天元台は雪が降ると思います。
ゲレンデが真っ白に埋め尽くされる程に降雪があれば・・・
週末は滑走可能になる事を祈りつつ見守りましょう。

 

おまけ
11/24~25 は臨時営業にて
滑走できました!※条件あり

――以下 公式サイトより引用――――――――――――――――

【11/24(土)プレオープン】しました!

しらかばスラロームバーン「一部滑走可能」でオープンいたします!

本日、天然降雪によりゲレンデの一部を開放!

コースには圧雪車が入りました。天然雪の初すべりをぜひお楽しみ下さい。
積雪:30㎝(圧雪10㎝) 雪質:粉雪 コース長:500m
営業時間: ロープウェイ&しらかばリフト 9:00~15:00
料金: パスポート1日券 大人2,300円 学生シニア1,900円 小学生1,700円
●リフト乗車について スキー板やボードは手に持ち、お一人様での乗車となります。減速にて運行いたします。
●積雪の少ない場所は、石やブッシュがあり、滑走面を傷つける場合がございます予めご了承下さいませ。
●11/25(日)も営業予定です。コース状況、天候の変化などにより、安全確保ができない場合は営業時間内でも終了する場合がございます。

――以上 公式サイトより引用――――――――――――――――

 

と、いう事で テレビや新聞にも 天元台が滑走可能と紹介されておりましたので、

リンク: 待ってた!初滑り 米沢・天元台高原スキー場 ― 山形新聞
リンク: 待望!白く爽快な季節 県内スキー場が順次オープン ― 山形新聞

【お遊びコーナー♪】

実際にスキーをしている人を見てみよう!

こんな感じの望遠レンズを準備しまして

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

小野川温泉 甲子大黒天へ移動します

うめや旅館より徒歩 約10分で 甲子大黒天です。

甲子大黒天の手前、鈴木理容所さん付近でも 吾妻山が見えます。

甲子大黒天さんからは、小野川温泉街が一望でき 眺めが良いです。
そして天元台スキー場がある吾妻山がバッチリ見えます。

直線で14km

甲子大黒天 ←→ 天元台 しらかばゲレンデ
直線距離で 約14km (google map にて計測)

さっそく西吾妻山をチェック

天元台スキー場が見えますね~

第1ゲレンデを拡大

もっと拡大! +コントラスト強め

見えるぞ私にも敵が見える! (シャア・アズナブル)

敵じゃ無いけど・・・ スキーを楽しんでいる人が小野川温泉からも確認できました!

パッと見 ゲレンデに9名 リフトに2名を確認できました。
たぶん もっとお客様がいらっしゃると思いますが、これだけ確認できれば十分です。

リンク: 天元台高原 | スキー&トレッキング

で、スキーを滑っている人を確認して どーするのよ!?
えーと。。。 自分の目で確認してみたかったのです。(それだけかいっ)

 

と、いう事で スキーヤーの皆様、アフタースキーは もちろん温泉です♪

今日も温泉日和です♪

 

 

クラシックカーレース La Festa Mille Miglia 2018

クラシックカーレース
La Festa Mille Miglia 2018

2018-10-20
ラ フェスタ ミッレ ミリア クラシックカーレースが久しぶりに小野川温泉を通過するコースとなり、
チェックポイントに選定されお手伝いしました。

僕は 仕事の都合もあり、前半のみの参加でしたが、
参加されていたカッコイイ車を 何枚か撮影しましたので、
どうぞご覧下さい。 (流し撮りしたかったので一眼で)

 

曲線というか筒状のデザインが特徴的な車です。
どの車も居住性は良くなさそうです。

少し大きめの車でした。 スペアタイヤが2本ついてます。
屋根を取り外してオープンにした方が開放感がありますね。

荷物袋?リュック?が下がってます。
タイヤも大きめで迫力あります。

ライトなカラーで小回りがききそう。

鮮やかなブルーとフロントバンパー?が印象的。

クラシックカーと言えども基本的にはレーシングカー。
どの車も結構なパワーがあるのでしょう。 いい音をたてて加速して行きました!

撮影は・・・

EOS Kiss です。
ちょっと絞り気味 1/40 くらいのシャッタースピードで撮影しました。
他にも撮影したのですが、手持ちの為 ブレが大きい物は掲載していません。

三脚を準備して もう少しスローシャッターにすればよかったかな。
撮影に専念できれば良いのですが、そうも行きませんので。

 

La Festa Mille Miglia 2018

参加資格はとても厳しい

リンク: La Festa Mille Miglia 2018 大会概略

ちょっと調べてみました。

――以下引用――――――――――――――――
参加資格車
A:Vintage クラス 1919年1月1日~1929年12月31日に製造された車輌
B:Post-Vintage クラス 1930年1月1日~1939年12月31日に製造された車輌
C:Post War-I クラス 1940年1月1日~1949年12月31日に製造された車輌
D:Post War-II クラス 1950年1月1日~1957年12月31日に製造された車輌
E:Closed List クラス 1958年1月1日~1967年12月31日に製造された車輌
※ミッレミリア参加資格車を最優先する。
※レプリカモデルは参加を認めない。
※参加車両はFIVA ID-CARDかFIA Historic Regularity Car Pass取得車に限られる。
※特に組織委員会の認めた車輌。
――以上引用――――――――――――――――

気になったのが 下記部分。
※参加車両はFIVA ID-CARDかFIA Historic Regularity Car Pass取得車に限られる。

なんの事かさっぱり知りませんので、もう少し掘り下げてみます。

FIVA ID-CARD とは

――以下引用――――――――――――――――
 海外では年間を通じて、非常に多くのFIVA公認ラリーが開催されています。こうしたFIVA公認ラリーに、日本から車を運んで参加する場合、車両と特定された所有者(車検証に記載された法的な所有権者)に対して発給された、FIVA IDカード(パスポート)という書類が必要です。
 FIVAは、このIDカードを発給する権限と義務を各国の加盟クラブに委任しており、日本ではCCCJがIDカードを発給しています。
 IDカードはオリジナルの車に限り発給され、いわゆるレプリカ(新たな複製)には発給されません。IDカードは、車両と所有者のコンビに対して発給されるもので、所有者が変わると直ちに失効します。したがって車両の売買に際し、「FIVA IDカード付きの車」ということは本来あり得ません。
――以上引用――――――――――――――――

FIA Historic Regularity Car Pass

リンク: 2016年 付則K項 国際ヒストリック競技における競技車両の技術規則

こちらは 規則について 100ページものPDFファイルにて
もの凄く詳細に記されています。

3泊4日の行程だけでもハードなのに、 参加する為のハードルはさらに高そうです。

それを知ると 参加されている方々と貴重な車両が余計にありがたく感じます。

 

おまけ

応援の方も 小野川温泉に沢山来て下さいました。
来年も小野川温泉がチェックポイントとしてお手伝いできれば嬉しいです。

おまけ2

全車両がチェックポイントを通貨して、撤収作業も終わった後。
僕がたまたま玄関前に出たとき クラシックカーが1台走ってきて、

「この辺りにチェックポイントありますか?」 と、尋ねられました。

「ここがチェックポイントでしたが、終わっちゃいました」

と、いう事で その先(喜多方方面)のルートを案内しました。

 

遅れたときこそ

焦らず、おちついて。 が、良いかもしれません。

今日も温泉日和です♪

 

この道を行けば・・・2018

知らない道を通るのはオモシロイ

普段の買い物や、目的のあるドライブ、 ちょっと遠回り。

いずれにしても 知らない道を通ることは少ない。

 

しかし、自分の為ではなく 誰かの為に運転するとなれば 知らない道や 普段はなかなか通らない道に出会うことも多い。

今日は その中でも なんだかいい雰囲気だな~ と、いう景色をご紹介します。

場所は飯豊町から長井市方面へ向かう道なのですが、

絵に描いたような風景だったので、車を止めました。

まっすぐ伸びた道路の先は ちょっと曲がっていて。

横に広がる木々の向こう側は おそらく川が流れている。

立ち込める霧。

奥に広がる山々。

そして、空を覆い尽くす重々しい雲。

 

こんな風景と出会ったときは 写真を撮影しておかないといけません。

後から~ 。。。 なんて思っても、同じような風景と出会うことはとても難しいです。

 

そんな景色は、ふとしたときに。

家の近所でも そんな風景と出会うことがあります。

ここ最近 当館の目の前の山から登ってくる日差しが照らし出す。

昨夜は晴れていて星が綺麗に見えた。

夜中からけっこう冷え込んだ。 そんな朝の空気感。

僕は ささっと 清水山公園へ行き 温泉街を見下ろして撮影してきました。

 

朝の冷たい空気の中 散歩されているお客もいらっしゃいますが。(寒そうです)

もちろん 早朝散歩の後は 冷えた身体を温泉で温めて下さい。
その為の温泉です♪♪♪

今日も温泉日和です♪

 

F1.4のレンズを貰っちゃいました!

レンズを貰っちゃいました

F1.4のレンズが欲しいな~ なんて雑談していたら・・・
近所のお店に勤めるお姉さんから
カメラのレンズを頂いちゃいました!

FDマウント ・・・だと!?

正直 知りませんでした。
EFマウント (EF-Sマウント含む)しか さわった事がないのです。

この度 FDマウントのレンズを使ってみようと思ったので、
さっそくFD→EF変換アダプターを購入。

キャノン純正マウントアダプターの場合 もしかすると2万円くらいの とても高価な品ですが、楽天市場の カメラで有名なマップカメラで販売している安いモデルをGETしました。
(マップカメラが販売しているなら 使えない事はないだろうと思ったのです)

《新品アクセサリー》K&F Concept (ケーアンドエフ・コンセプト) キヤノンFDレンズ/キヤノンEFボディ用 絞り補正付 KF-FDEF 【KK9N0D18P】
楽天市場で販売されています

撮影です!

これがねぇ。 難しいのです。
と、いうか すごく昔に戻った方法で撮影している感覚がハンパない!

面食らいますよ~~~

現在のカメラがどれだけ簡単で楽で便利なのか 比較・体感できます。

■ピント → 手動
■シャッタースピード → 手動
■絞り → 手動
■ISO感度 → 手動

ピントは 手動でなんとか合わせたとします。

問題はその後。
試しに1枚撮影する。

■明るすぎる場合
シャッタースピードを早くする or 絞りを絞る or ISO感度を下げる

■暗すぎる
シャッタースピードを遅くする or 絞りを開ける or ISO感度を上げる

要するに・・・ シャッタースピード、絞り、ISO感度
この3つのパラメータのバランスで写真の出来が変わってくる。

詳細は省きますが、写真の表現方法、目的によるもの、状況による制限。
などなど。

たとえば、列車やレーシングカーの撮影には シャッタースピードを早くする場合が多いです。

まわりを ぼかす表現をしたい場合は 絞りを開けます。

暗い場所で撮影する場合は ISO感度を上げます。

もちろんその他、沢山の状況や目的に携わる撮影要素があるのですが・・・

 

上記の撮影方法を踏まえて・・・

スマホの撮影は チョー簡単

カメラアプリを起動して シャッターボタンを押す。

これだけ。 それ以外は 殆ど必要ない。(実際はありますけど)

 

なので 現在のカメラ及びレンズの性能の高さは ハンパじゃありません。

レンズマウント新世紀到来!
EOS-R と Nikon z7 z6

新型カメラが発売されるぞ~ っと。

最近一眼レフカメラ業界は とても盛り上がっています。

Nikon z7 は、すでに発売されていますし、
EOS-Rは 2018年10月25日発売 (明後日)を予定されてます。

Nikon z6は11月下旬発売予定。

どちらのメーカーも 新規格のフルサイズミラーレスカメラなのですが、もちろん大変話題になっていて様々な記事を目にします。

性能も良くなりますが、30年ぶりにマウントが変わるそうでして・・・

マウントって 何? と、思った方は こちらをどうぞ。(慣れない方はチョット難しいかも)

【リンク】 レンズマウント物語(第1話):たかが穴、されど穴……

【リンク】 レンズマウント物語(第2話):キヤノンの苦悩

新しいカメラ 欲しくなりますよね~
僕は予約はしません。 ここはガマン、お金もないし(笑)
各メーカーの実際使用した評価が上がってきてからでも遅くありません。

それまで、 頂いたレンズで遊んで過ごします。

画像はすべて canon EOS 7D 50mm F1.4(FDマウント)にて撮影
リサイズのみで 画像の加工はしていません。

玄関前の花

 

玄関前のカボチャ

 

温泉玉子(丸田屋さん)

 

煮玉子と玉こんにゃく

 

以上の撮影した写真は リサイズしただけで、色加工・明るさ・シャープネスなどの加工は なにも行っていません。

単焦点50mmレンズなので APS-C規格のカメラ本体に接続すると、約80mmになるので画角が狭くなりますので 場合によっては使いにくい事もありますが 古いレンズが手軽に使えるのはオモシロイものです。

ただし・・・

撮影するのに すごく時間がかかる

これは 本当です。

一発で 上手に撮影するのは まず無理だな~と感じます。

急がず慌てず のんびり構えましょう。
少しずつパラメータを変えて 結果を確認しながら 良い方向へ導いて行くような撮影方法です。

アナログカメラの極みとでも申しましょうか、
比較するには極端ではありますが 久々に 日光写真を思い出しました(笑)

最初は 星空撮影したいので明るいレンズに興味があるんです。
と、いう話題から頂いたF1.4のレンズですが、 この画角だと星空撮影はちょっと辛いです。
しかし、楽しいレンズですので これで遊ばせて頂いて 新型カメラの評価が出るのを待ちます。

キャノン、ニコン。 どちらも興味深いですが、最近のソニーも負けてないですし・・・

迷っているうちが楽しい。と、いうのもよく認識してますので 楽しく過ごさせて頂きます。

 

撮影の後は 温泉で疲れた身体をリラックスさせましょう

今日も温泉日和です♪

 

【NEW】小野川温泉街ライブカメラ

ライブカメラが新しくなりました

おまたせ致しました。

当館の屋上から小野川温泉街のライブ映像を配信しているカメラが新しくなりました。

ご注意! URLが変わっています
URL http://umeya.dip.jp:8080/

上記URLにて 小野川温泉街ライブカメラの映像をご覧頂けます。

このカメラを選択するまで どのカメラでどのような構成がベストなのか悩みました。

 

★パワーアップした点★

新しいライブカメラになって なにが変わったのかご説明致します。

■解像度

640 x 480 → 1280 x 720
これに関しては 以前設置していたライブカメラの3倍以上になりました。
また、他の解像度や画質を選べるようになりました。

画質に関して 僕の体感ですが 以下のようになっています。
【1】画質が良い フレームレートが遅くなる
【2】画質が1より劣る しかし動きは少しスムーズ

 

■設置場所

約2m上昇!!

以前よりも高い位置に 設置しなおしました。
その為 見通しが良くなり 広範囲に温泉街を楽しめるようになりました!

ただし、強風や 降雪による影響が気になります。
場所的にはパワーアップしていますので、雨・風・雪・その他から耐えて欲しい。

「ガンバレ新ライブカメラ! 負けるな新ライブカメラ!」
(子供向けヒーロー番組のナレーションぽい声で読む)

■ネットワーク

これは、皆様に直接関係ないかもしれませんし 関係あるかもしれません。
ネットワークの見直しを行いましたので、以前よりスムーズに通信できると思います。
(動画のコマ落ちが少ないと予想)
しかし、設定にもよりますし解像度が上がっている為 通信量も増えていますので体感するのは難しいかもしれません。
気持ち的にはパワーアップしてます。 ほんの気持ち程度にお考え下さい。

■今後の計画

今後は・・・
ライブカメラをもう一つ 増やせるか検討中です。
予算的な部分が多いですが、期待できない訳ではありません。

また、古いライブカメラを整備して 別の目的で利用できないか検討しています。
そもそも監視カメラですので、何かの監視をするには向いてるんですよね。

 

■ライブカメラを回顧します

そもそもライブカメラは僕の好奇心から始まりました。

2000年にはすでにライブカメラの配信を開始しておりましたが、最初は手探りでした。

LANの知識というか、ネットワークやパソコンはすべて独学で行っておりますので やる気とポケットマネーが最重要ポイントでした(笑)

まずは屋上までネットワークを設備する困難が待ち受けており、
無線LANが出始めた頃です。
もしかしたら無線LANなら屋上までネットワークが設備できるのではないだろうか。

そう思って 高木産業の無線LAN機器を購入しました。 小さい物が2つで5万円でした。
結局 うまく接続できず、返品・返金して頂きました。
そしてそのお金は 無駄遣いやギャンブルへ消えたような気がします(笑)

有線LANを設備するという発想が無かったので、
ライブカメラを設置する為には無線LANしかないと思い込んでおり、
必然的にライブカメラと無線LANの知識が増えて行きました。

当初はルーターが何なのかもわかってなかったかもしれません。
現在は有名なバッファローは無線LANに注力して どんどん商品展開してゆきました。

画像は PCM-CIA無線LANカードです。
ノートパソコンのスロットに差し込んで使用する無線LANカード。
(現在はUSBタイプが多いですね)

表面に54Mbpsと書かれてますので PCM-CIAカードの中では比較的新しめの商品です。
出始めは、確か 2Mbps、そして 11Mbpsのモデルが主流になり しばらく11Mbps時代が続いたと思います。
僕はバッファロー信者となって、この手の無線LAN商品を買いまくりました(笑)

最初に発売されたルーター等の商品は、ケースを開けると 中にこんな感じの無線LANカードが そっくり入っていたものです。 (え? ですw)

屋上ライブカメラ ハード構成
・windows パソコン
・ビデオキャプチャーボード
・CCDカメラ
・ライブカメラのソフト
・ブラウン管モニター

などなどを準備して 屋上へ設置して 1分毎に静止画を配信

デジタルでしたが、今振り返ればアナログな時代でした。 楽しかったです。

まぁいいか。
今回は このくらいにします。 (無理矢理終了)

今日も温泉日和です♪

むりやり感がすごい(笑)