この道を行けば・・・2018

知らない道を通るのはオモシロイ

普段の買い物や、目的のあるドライブ、 ちょっと遠回り。

いずれにしても 知らない道を通ることは少ない。

 

しかし、自分の為ではなく 誰かの為に運転するとなれば 知らない道や 普段はなかなか通らない道に出会うことも多い。

今日は その中でも なんだかいい雰囲気だな~ と、いう景色をご紹介します。

場所は飯豊町から長井市方面へ向かう道なのですが、

絵に描いたような風景だったので、車を止めました。

まっすぐ伸びた道路の先は ちょっと曲がっていて。

横に広がる木々の向こう側は おそらく川が流れている。

立ち込める霧。

奥に広がる山々。

そして、空を覆い尽くす重々しい雲。

 

こんな風景と出会ったときは 写真を撮影しておかないといけません。

後から~ 。。。 なんて思っても、同じような風景と出会うことはとても難しいです。

 

そんな景色は、ふとしたときに。

家の近所でも そんな風景と出会うことがあります。

ここ最近 当館の目の前の山から登ってくる日差しが照らし出す。

昨夜は晴れていて星が綺麗に見えた。

夜中からけっこう冷え込んだ。 そんな朝の空気感。

僕は ささっと 清水山公園へ行き 温泉街を見下ろして撮影してきました。

 

朝の冷たい空気の中 散歩されているお客もいらっしゃいますが。(寒そうです)

もちろん 早朝散歩の後は 冷えた身体を温泉で温めて下さい。
その為の温泉です♪♪♪

今日も温泉日和です♪

 

菊のおひたし~もってのほか

山形県では 菊を好んで食べます。

菊の栽培も盛んで、 食用菊の生産量は 全国2位でした。

ネットで検索すると 2014年(平成26年)のデータが見つかりました。
リンク: 食用菊の生産量の都道府県ランキング(平成26年)
1位の愛知県には ダブルスコアの大差がついてましたが…

食用菊ではなくて 「菊の生産量」ランキング

1位 愛知県 46,720万本
2位 沖縄県 27,960万本
3位 鹿児島県 9,450万本

と、なっておりました。 たぶん観賞用ですよね。(汗)

もってのほか

食用菊の品種で 代表的なのは 「もってのほか」という品種で、
「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」
「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」
などなどの説があります。 詳しくは下記の記事が参考になります。

【リンク】 食用菊 もってのほか Aコープ東北

 

紫色と黄色

一般に 食用菊は 紫色が定番で、 「もってのほか」と呼ばれるのは紫色です。

黄色の食用菊は 「黄色もってのほか」 と、呼ばれたりします。

写真の おひたしは 2色ミックスもってのほか です(笑)

そして、この時期 菊を頂く事が多いです。 感謝感謝!

 

with 温泉玉子

以前 記事にした事もあるのですが、 菊のおひたしと 温泉玉子を混ぜて うまいたれ(米沢定番のだし醤油)をかけると すっごく美味しいんです。

菊と温泉玉子で

きくたま (菊玉)

かってに 名付けましたが。
機会がありましたら 是非混ぜて食べてみて下さい。 きっと満足の味です!

 

まもなく冬

西吾妻山のてっぺんは すでに白くなっていて、すぐ近くまで 冬が近づいているのを実感します。
天元台スキー場のゲレンデも白くなり始めています。
(曇っていて見えない事も多いですが…)

先日 日曜日の朝市(今年最後の朝市でした)も けっこう冷えましたよーー

外気温で冷えた身体を温泉で温めるのは 心にも身体にも。 良いですよ。

今日も温泉日和です♪

 

満月が昇るとき 20181025

母が近所へ徒歩で買い物に出かけてすぐに戻ってきた。

 

母は言う・・・

向かいの山に 光が見える

山の頂上付近。 少し下がった所に 光がポツンと見えた。

誰かが山登りしているのだろうか。

 

んなわけないよね

うちから正面に見える山は (小野川)月山。

時刻は 19:30

こんな 夜に山登りをするハズが無いし、 そもそも その光は ジッと動かない。

人が山登りしている光じゃないのは すぐに予想できた。

それなら 何の光なのだろうか。

それは・・・

月明かりでした

しかも、今夜は 満月 Full Moon

見る見るうちに 山の陰から 満月が昇ってきて 顔を出した。

そして 丸くて明るい月が 眩しく僕らや街を照らし始めた。

 

満月を撮影するなら 全国どこからでも可能ですので、山肌から伸びる木を手前に配置して 撮影しました。

ちょっとカッコイイような ちょっと不気味な写真です。

何となく 牙狼(GARO)のような雰囲気とも思えます。

 

晴れた夜の翌朝はきっと冷え込んで暖房が必要になるかもしれません。

そんな時は 温泉です。 朝風呂です。 さいこー

 

今日も温泉日和です♪

 

ツバメの子 巣立ちました

毎年のように

毎年のように 当館の軒先に巣を作っては、巣立って行くつばめ。

ツバメが巣を作ると、 その家は

縁起がいい、繁盛する、幸運を呼ぶ

と、言われたりします。

玄関前から ツバメの巣が目に付くので 通りを歩いている人からも声をかけられる。

「つばめに選ばれたのですねぇ~」 などなど ありがたい言葉を頂いたりします。

 

 

しかし、
良い事ばかりなら歓迎なのですが…

本当は、良い事ばかりではない。

ご存知ですよね。 ツバメは害を及ぼします。

こらぁ~ おしり 出してるヤツ~ 

【 フン害 】 でございます。

可愛らしいお尻を 外側に向けて プリッと産み落とされる アレです。

ポトン。。。 イヤン。。。

画像は(ぼかしてあります) ツバメのふんが落ちる場所に新聞紙を置いたところです。
時々、 トンボが落ちていたりします。
ツバメのヒナがが 親から運ばれてきたトンボを食べ逃して落としてしまった物でしょう。

僕は、ツバメが来て欲しいとは 願ってません。
見てるだけなら カワイイです。
お願いは ひとつだけ。ウンコちゃんは勘弁してくだせぇ。

ところが・・・

セイフティーゾーン

ツバメにとって 小野川温泉は住みよい場所なのかもしれない。

自然環境に恵まれている為 近くの山や田畑から エサを捕りやすい。
人が住んでいる場所なので、外敵に襲われにくい。

聞くところによると、ヘビやカラスに ツバメのヒナが狙われる事も多いらしいです。
カラスに狙われるなら 守るしかないじゃない!! と、変な正義感が芽生えたり。

 

女将が主に ツバメのトイレ掃除をしてくれました。
毎日の事ですし、文句を言いながらも ツバメが巣立っていなくなると 「ちょっと物足りないねぇ」と言ってました。

【方言】ツバメいねぐなっと なんだが すげねな。

 

のんびりと、人々が行き交う温泉街だから ツバメも毎年来てくれるのでしょうねぇ。

しかたないっすね。

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉の桜が咲きました20180417

小野川温泉の桜、咲き始めました

小野川児童遊園 2018年4月17日撮影

当館のすぐ裏手 小野川児童遊園(公園)の桜が咲き始めました。

 

小野川清水山公園 2018年4月17日撮影

清水山公園の桜も 開花しています。
(旅館組合の事務員さんが撮影しました)

清水山公園に登ると 温泉街が見渡せて 眺めが良いです。

 

お散歩の後は温泉で疲れを癒やしましょう
今日も温泉日和です♪