夏の大三角(星座)

彗星を探しに行ったが…

今 話題の「ネオワイズ彗星」を見てみたいぞ♪

本日の日中は久々に空が晴れて 暑い日でした。

夜空も晴れているだろうと外へ出て見上げると 星が見えていたので、
彗星が見えそうな場所へ車でちょっと移動してみると。。。

北西の空は曇っていた

20時頃。 北斗七星の下にあるハズのネオワイズ彗星は、
水平線の上にかかった雲に遮られ 見えませんでした。

iPhone アプリの night sky で確認すると、見えても良い場所に存在してそうなのですがねぇ。残念。

時期的に そろそろ夏の大三角が見える頃

と、いう事で ネオワイズ彗星とは反対方向の 東側の空に見える
夏の大三角を撮影して帰りました。
温泉街の近くという事で 明かりが入ってしまいましたが、
真っ暗にキラキラ星とはまた別に風情のある星空も良いかもしれません。

皆様も星空鑑賞などいかがでしょうか?

小野川温泉へ宿泊されたら、ちょっと移動するだけで夜空がけっこうキレイに見えます。

星空を見た後は、気付かないうちに身体が冷えている事でしょう。
そんな時はもちろん温泉です。

今日も温泉日和です♪

 

 

小野川温泉ほたる情報局20200630

小野川温泉ほたる情報局20200630

ほたるの活動開始時刻。

Webで探すと、様々な情報が上がっているが、さっくりと。

ゲンジボタルやヘイケボタルは日暮れと共に(20時頃から)活動を開始するのだが、
それに対してヒメボタルは21時を過ぎた頃に活動し始める事が多い。

ホタルは、夜中に飛んでいるのか。

答えは、そんなに飛ばないですよ。ほたるだって疲れます。

しかし、深夜に再び飛んでいるという話(噂)を聞いたこともある。

これに関しても、Webにて記録や情報を目にしたが、最近見つけたレポートの中で興味深かったのは、ほたるが成虫になってから経過した期間で 深夜に再び飛び回るタイミングが異なるというものでした。

自然発生したホタルについては、成虫になった日がわからないと検証のしようがないので、僕は最初からあきらめています。
調べた方は、ほたるが成虫になった日から観測しているという事になる。
しっかりした環境で研究・観察されたのでしょう。 恐れ入ります。

6月29日の夜

と、いうより深夜(つまりは30日) 時刻は1:30

試しに深夜のホタルを探しに出かけてみた。

昨日、21~22時頃に見ることが出来たヒメホタルは、深夜になると全然光って無くて、ほたる公園のゲンジボタルも ほぼ0でした。

アタリマエとも思えるわけですが、実際に身をもって現場の様子を確認すると 本当はいるはずなのに。。。 と、なんというか ディズニーランドでミッキーに会えないような寂しさを感じます。

 

今年のほたる発生時期は、
例年より1週間ほど早く推移?
ほたる鑑賞は早めに!

7月になる前に ほたる公園が見頃になっている?(かもしれない)

確定ではりませんが、やはり暖冬が影響して ほたるの見頃は例年よりも早く終わってしまう可能性があると僕は感じています。

ほたる鑑賞を目的とするなら早めにお越し下さいませ。

 

小野川温泉ほたる情報局20200626

小野川温泉ほたる情報局20200626

ずっとサボってましたすいません。
ホタルを見てないわけではないのですが、ご報告が遅れております。

と、いうのも 今年は亀屋万年閣(旅館)さんの裏手の小川が 安定してホタルを鑑賞する事ができており 他のポイントは ほどほどチェックしている状態でした。

さて、近況報告へ行ってみましょう。

M1地点 最近見てません(終了?)
M2地点 今シーズンは終了みたい。
G地点 ヘイケが生息している
JA地点 ヘイケが見える
IW地点 ゲンジがほどほど出ている
U地点 側溝がコンクリートのU字溝へ変わった(無念)
K1地点 去年は出ていたが今年はいないかも。
K2地点 河川に少々

ヒメホタルはじめました

ヒメホタルが出始めています。
例年の感覚ですと7月になってから見え始める感じなのですが。。。
詳しくは明日以降に。

 

ヘイケボタルは働かない?

働くとか 働かないとか そういう問題ではありませんが・・・
ヘイケボタルが飛び交う時刻は短時間だな~ って実感します。
ですので、具体的には 暗くなる直前から20分間くらいが ヘイケボタルを観察しやすいのかな。
19:50~20:10 くらいが飛びやすい時刻かなと見ています。
(時期により日の長さが変わりますし、その日の天候により異なりますので 鵜呑みにしないで下さい)

 

以上 また明日更新しま・・・

(=゚ω゚)ノ またね1

 

小野川温泉ほたる情報局20200615

温かい小川

小野川温泉では、温泉が流れ込む暖かい小川が存在します。

小野我を暗線の温泉成分はpHが中性成分(約6.9)の為、生き物にも悪い影響は ほとんど無いと思います。(僕個人の感想)

むしろ ホタルの幼虫や、そのエサになるカワニナ(方言でカンニョボ)も、温泉の温度と成分のおかげで住みよい環境になるのではないでしょうか。

 

と、いうわけで 現在は温泉の影響による温かい小川にてホタルが見れる状況です。

 

 

普通の小川にはいない?

逆に言えば、普通(水温)の小川には まだホタルが出ていないのかもしれません。

近日中に調査してみます。

ゲンジボタル、ヘイケボタル それぞれあわせて 10匹程度は確認していますが、あまり飛び回らないで葉っぱに止まっている事が多いです。
ホタルさん、もう少しサービスして飛んでる姿を見せて~ なんてね。

 

ちょっと蒸し暑い夜でしたので、少し汗ばんだ感があります。
もちろん 温泉でスッキリ!

今日も温泉日和です♪

小野川温泉ほたる情報局20200612

小野川温泉ほたる情報局2020

本年もはじまりました♪ 毎年恒例 小野川温泉ほたる情報局です!
コロナで大変ですが、本年も当館ご宿泊のお客様には毎日 ほたる鑑賞案内を行っております。
6月上旬~7月中旬を予定しておりますが、ほたる発生状況により 期間は前後します。

6月の頭にホタルはすでに出ていました。
しかし、肌寒い日が続いておりました。夜、寝るときに窓を少し開けておくと 外気が冷たくて身体がすごく冷えてしまう程寒かった。

また、6月上旬はホタルもそんなに多くない為 ご来館のお客様には直接案内しています。

6月12日

ホタル発生ポイントは あちこち心当たりがあるのですが、現在は近所でホタルが見られるので そちらへご案内しています。

 

ほたる鑑賞の場所は毎年変わります

ほたる公園へ行けば ホタルがいる。
去年見た場所に もう一度行けば ホタルが見れる。

その考えはアマイです。激甘です。
小野川温泉でほたるが最初に飛び始める場所は 温泉が流れ込む暖かい小川など。

今年は雪が少なかったから 例年よりも早いかな~ なんて思ってましたが、僕の感覚ではそんなに変わりませんでした。(ちゃんと調べてないだけかもしれませんが)

 

たとえ台風でも案内します

一匹でも見れるなら。

僕がホタル鑑賞へ案内する場所は、ありきたりの場所だったり 特別な場所だったりします。
その日の ほたるの状況とお客様のコンディション等を考慮しベストポイントへお連れします。

たとえ大雨でも、たとえ台風でも。
あなたがホタルを一匹でも見たい。その気持ちにお応えします。

気が向いたらブログチェックしてみて下さい。