小野川温泉ほたる情報20180713

ほたるも終盤です

ゲンジボタルとヘイケボタルが同じ場所に混在する場合があります。

その場合は ゲンジボタルが先に出て、ヘイケボタルが後から出る順番になっているのが一般的です。

最近は 小野川温泉から 3~4km先の上流の方へ行って ほたる観賞していますが、ヘイケボタルの時期ですので もうそろそろ ほたるの見ごろは終わるかもしれません。

ほたるまつり期間が 2018年7月16日まで と、なってますので タイミング的には ちょうど良いと言えば そうなのですが、 毎日のように見ていたホタルが見れないと ちょっと寂しく感じます。

男は引き際が肝心よ

僕は 渥美さんの映画 「男はつらいよ」(寅さん)が好きです。

魅力的な女優さん(マドンナ)が毎回登場して、寅さんと仲良くなるのですが、
寅さんは 嫌らしくないんですよねぇ。いつも潔く身を引きます。

僕はというと、あきらめが良かったり・・・悪かったり・・・

だって
「もう少し ホタルが見たい」 じゃないですか。

儚い光を放って ふわふわと暗闇を飛び回るホタル。
もう少し。 もう少し。 見ていたい気がします。

諦め悪く、セコイので、見れるだけみてやろうと思ったり。
ホタルを見るのはやめて 夜遊びしよっかな~ と、思ったり いろいろです。

別の夜遊び

夜遊びと言えば ホタルとは正反対な きらびやかなネオンの街へ繰り出すのも良いですが、 夏は流星群が見やすい時期です。

 

2016年には こんな記事を書いてました↓↓

流星群を見に行こう!2016夏

 

2018年7月13日が新月でしたので ちょうど今が 星空観賞に最適です♪

しかし、流星群の見ごろをネットで検索すると 7月26日~28日あたりが良いようなのですが
28日に満月になるので 観測状況は良くないはず・・・

ダメならだめで 他の遊びを考えて楽しみましょう♪

 

夜遊びの後は 温泉で けがれた身体を清めましょう(笑)

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉ほたる情報20180630

月末やねん (特に意味はありません)

桜の開花が早かった。
それに伴い サクランボのシーズンも早まり、ホタル鑑賞のシーズンも多少早くなっていた。

ヒメホタルの発生が早かったのは 当然と言えば当然なのですが、
今夜のヒメホタルは 良い感じに光を放っていた。

これから1週間くらいは 良い時期になるのではないかな。

最近の印象をまとめておきます。

U地点 最近の雰囲気から比較して 本日は 少なめだったようですが、今後の増減を見守りたい。

I地点 視界に対して ワイドに出てくれているが、時期的な事を加味すると 終盤なのか?

K2地点 まぁまぁ良い感じに発生している。 ゲンジ・ヘイケ どちらも。

S1地点 ゲンジ・ヘイケ まぁまぁ

G地点 チェックが遅かったため ピークがわからないままでした。例年より良かったらしいが、ほとんどデータ無し。

K1 最近は未チェック おそらく終盤の為 数は期待できないかも。

ほたる公園 数日前 当番で行ってきた。 ほたるは発生するが たくさん見れますとは言いにくい。 今年から取水口が安定したとの事。 来年はもっと見れると期待が膨らむ。 ほたる公園で ほたるが安定して見れるのが理想ですし。

 

――――――――――――――――――

けっこう眩しいです

ほたる公園で案内している時、気になるのが懐中電灯の存在です。

 

悪い訳ではありません。

しかし、時として とても良くないのです。

相対的な物なので、説明が難しいですが 暗いシーンに慣れた目に 懐中電灯の明かりが入ると とてもまぶしく感じ、目眩ましを食らった状態のようになります。

足下を照らして 安全にホタル観賞して頂くのは基本ですが、人に向けて照らしたり 必要の無い場合は なるべくスイッチをオフにして下さい。

安全が大切なのですが・・・

どうぞご配慮ください。

 

 

小野川温泉ほたる情報20180624

小野川温泉ほたる情報20180624

昨日は 簗沢方面にて ほたる観賞してきました。

ここ 6月16日の週は 夜の冷え込みと 風が吹く日もあり
ほたる観賞には ベストとは言えない日もありました。

22日の夜は 気温も少し上がりはじめたかな~ と、思ったのですが
月が成長?してきて 月明かりで照らされた場所の ほたるは 飛びにくい場合もある為 山や林・建物などのカゲ 暗がりで飛んでました。

お客様によっては 晴れた夜空の星空が綺麗~ と、喜んで頂けましたが 月明かりが少々眩しく・・・ もっと素敵な星空をご覧頂きたいナァ。。。

そろそろ流星群の時期になるでしょうか?

リンク 流星電波観測国際プロジェクト
http://www.amro-net.jp/meteor-info/meteor_2018.htm#JUN

流星群を調べるとき よく こちらのページを拝見します。

6月の月末に うしかい座流星群が見られるようですが、満月の為 観測条件は良くないようです。

 

リンク 国立天文台 暦計算室/山形県 月の出入り

このWEBから調べると、流星群が見やすいであろう 6月下旬は バッチリ満月にあたっており なおかつ 山形県にて月が出ている時刻は

19:03 ~ 04:12

これは・・・ 全滅

満月が出ているのは 空が明るい時刻から~真夜中。そして明け方まで ずーっと満月。 今回の流星群は諦めましょう(笑)

あ、ホタルの話でしたよね。

 

どこで ほたる観賞するにしても 月がとても明るい夜は ほたるは飛びにくくなります。  暗い場所を探すか 月が雲に隠れる事を祈りましょう。

ヒメボタルは 7月になってから チェックして来ますね♪

 

ほたる情報局20180618

ほたる情報局20180618

昨夜の ホタル発生状況

K地点にて ゲンジが増えてきました

M1 今年は少なめですが、下流側に出てます

M2 未チェック

昨日から日中の天候も良く(たぶん車内はエアコンが欲しいくらい)
気温も上がってきました。

夜に関しても 【けっこう寒い】 → 【涼しい】 くらいにモードアップ
風もなく ホタルにとってもホタル観賞する人にとっても コンディションが良くなりつつあります。

ただし 三日月が成長中ですので 月明かりが気になりますが、たぶん大丈夫です。(根拠のない自信)

 

そろそろ 別な地点もチェックするタイミングだろうかと思ってます。

 

気温があがってきたとは言うものの 基本的には涼しくて身体は冷えます。

もちろん温泉に入って温まりましょう。

今日も温泉日和です♪

 

小野川温泉ほたる情報20180616

今年もやってまりました。

ほたる情報のシーズンになりました!

小野川温泉ほたる情報20180616

 

現在 ご覧頂けるのは ゲンジボタルとヘイケボタル。

K地点 ほどほど(ゲンジ・ヘイケ)
M1 いるはず
M2 ヘイケ少し

以上となっております。
これ以外のポイントは 水温の影響により まだホタルは出ていないハズです。
(ゲンジ・ヘイケ以外のホタルが見れるのか? と、申しますと・・・ 一応他にもホタル種の昆虫はいるのですが、一般的にはゲンジとヘイケの2種類が 主にこの付近で観賞できるホタルです。 ヒメホタルに関しては 観賞する場所が違いますし 7月になってから発生します)

 

 

今年の ほたるの出始めは 6月4日頃でした。

しかし、1~2匹のホタルの為 なかなか案内できずにおりました。

例年ですと 6月10日頃から ホタルの数が増えてくるのですが、
今年は 寒い日が多く おまけに風が強い日もあり ほたるが飛びにくい状況が続いております。

本日も ほたる観賞には イマイチなコンディションでしたが、なんとか観賞する事ができました。

現在は歩いて 4~5分の場所で ほたる観賞して頂いておりますが、時期が変わると案内する場所も変わりますので 注意が必要です。

 

当館では 毎日ほたる案内を行っております。

ほたる観賞案内の詳細はチェックイン時にご説明させて頂きます。

参加される場合は 20時頃出発できるよう 予めご準備下さい。

履き物は なるべく安定している物。 ゲタは風情がありますが、足下が不安定ですので オススメ致しません。

ほたるの出やすい場所、見学しやすい場所へご案内致します。
毎年同じ場所とは限りませんし、時期により ホタルが出やすい場所は変わります。

小野川温泉のほたるは 自然発生している為、去年ホタルが沢山観賞できたポイントに今年は ホタルが少ない・・・ なんていう場合もあります。

ほたるの見学場所に関しては どうぞお任せ下さい。お楽しみに♪

 

ほたる観賞の後は…

ほたる観賞の後は 身体が意外と冷えているかもしれません。
もちろん温泉で温まるのが良いでしょう。

今日も温泉日和です♪

 

【ハート】を描くヒメボタル

先日、ヒメホタルの撮影をしていたのです。(20170711)

何枚か撮影したところで 偶然ヒメホタルがハートの形を描きました。

可愛いので ポスターにしようかな。と 考えてます。

【ワンショット】

ほたるを撮影した作品の場合・・・
写真を何枚も撮影して、重ね合わせる手法もあるのですが、僕はそこまで到達しておりません。(時間もかかりそうですし なんとなく・・・)

(さらに…)

小野川温泉ほたる情報20170709

20170709

ヒメホタルの最盛期を判断するのは難しいものです。

理由は、ピークの判断が難しい為です。

昨日と今日。

今日と明日。

比較してみないと わかりませんし、比較しにくいのです。

 

もっと出るはず。 以前は 沢山見たことある。

そんな思い出や記憶。

しかし、 ヒメボタルに限らず 少ないまま終わる年もあります。

 

ゲンジボタルや ヘイケボタルは、観測するポイントが あっちこっち 沢山ありますが、 ヒメボタルは ポイント的に限られた場所だけです。

その場所で ヒメホタルが少ないとなると、その年は少ないまま終わってしまいます。

今夜も ヒメボタルを見ることができましたが、

この後 増えて行くのか 減って行くのか。

それは 結果を見るしかありません。

 

 

 

 

ヒメボタルの季節です/小野川温泉20170707

本日、七夕である

天の川が見られると思いきや 空にはポッカリと 満月のような月。

月が明るすぎて 織姫と彦星は ちょっとツマラナイ顔をしていました。

 

ナンチャッテ

 

そんなわけないかも!?

もしかすると、織姫と彦星はみんなに見られずに のんびりと くつろげたのかもしれません。

めでたし めでたし

 

ヒメボタルの季節です

小野川温泉街の上流方面へ行くと ヒメボタルが見れる場所があります。

とても珍しいホタルですので、なるべくご案内しております。

 

ホタルの光

・ゲンジボタル 4秒周期(と、言われてます) 黄緑っぽい

・ヘイケボタル 1秒周期(と、言われてます) 黄色っぽい

・ヒメボタル フラッシュのように光る オレンジ色っぽい

 

それぞれのホタルは 発光している時間や色が違います。

 

動画で ヒメボタル

ヒメホタルは 出始めの時期ですので、あと1週間は見られると予想しています。

ただし、今後 増えるのか あまり増えないのかは 見守ってみるしかありません。

今年は 全体的にホタルが多く出ている感触ですので、ヒメホタルも沢山 発生すると期待しています。

 

ヒメホタル鑑賞の後は やっぱり温泉です。

当館のお風呂の温度ですが、 暑い日は ちょっぴりぬるめに設定しています。

(なかなか難しいですので 違ったらごめんなさい)

 

車に気をつけて

 

 

今日も温泉日和です♪

うめたま

 

ほたる撮影20170705

20170705

本日は 簗沢エリアにて ほたるを撮影してきました。

写真を良く見ると たくさんのホタルが探せます

 

撮影のコツ、流れ

まずは 空が明るく見通しの良い状況で(遅くても 19:30)に現地入りするのが理想です。

19:44 空は晴れていた

車でのアクセスや駐車スペースの確保、徒歩移動した場合に 水路に落ちたりしないよう周辺の状況を把握しておくと 暗くなってからの移動がスムーズです。 ホタルが出始めるまで待つ時間。 実は、その時間が贅沢とも言えます。 自然の風景を眺めながめつつ 何もしないでじっとしている。 そんな時間は 意外と味わえないものです。

一番星は南西方向に赤っぽい色の星が見えた

空には 一番星が見えて いよいよ、周囲の草むらの中で ホタルが光り始めました。 しかし、活動的に飛び回るのではなく 様子をうかがうように待機中。

ちなみに 満月は9日

南の空の月が明るい!(満月と半月の間くらい) 空には雲が少なく、月明かりが草葉を照らしすぎて ほたる撮影としては ちょっとヤッカイな事になりそうな状況。

19:50 になっても、まだ空は薄明るい状況。

気温は肌寒い程ではなくまぁまぁヨシ

風は弱めにながれて ホタルが飛ぶには問題ないレベルでした。

でも、やっぱり月が気になります。。。

 

ホタル撮影

最初に カメラをセッティングした場所は 見通しの良い場所だったのですが、山際の方に ホタルが沢山飛び始めたので移動しました。

事前に近所の方に挨拶して車を止める場所をお借りしたときに、ほたるの情報を聞くことができたのでスムーズに移動できました。(私有地にお邪魔するわけですし)

 西側の山際だったので平地で見通しの良い場所よりも先に日が落ちます。 つまり、ホタルが飛び始めるタイミングが早い上、月明かりの影響もいくらか少ない為 撮影しやすくなりました。

何枚か撮影したのですが、なかなかうまくいかないものです。 ホタルとの距離を詰めつつ、何度かチャレンジしますが、ホタルがイイカンジに飛んでくれないと どうしようもありません。

ホタルくん。 サービス飛行 お願いします(笑) (飛ぶのは主にオス)

5~10分 観察していると、 ホタルが活発に飛んだり、休憩したりする ナミが訪れます。

本当、気の長い撮影です。

 

気の長い・・・ と、書きましたが 現場はそうでもありません。

綺麗なホタルの光を見ながら、次はどのように撮影するのか、場所移動しようか。 いろいろ考えているうちに 時間が過ぎ去っていきます。 

 

さて、撮影の詳細です。

 

EXIF 情報(撮影プロパティ)はこちら

98秒もシャッターを開けていたので すっかり空が明るくなりました。(RAW現像すれば好みの暗さに調節できます)
ISOも めいっぱい上げてます。

生き物相手の撮影だけに、どんな撮影設定が良いのか迷います。
ホタル撮影は何度も経験を積むのが上手くなる近道なのだろうなぁ。

夜景や星空を撮影した事があっても ほたるの撮影は まったく別物です。 カメラ歴が長くてもホタル撮影が初めての方は面食らうと思います。

 

それよりも 心は密かに 6D Mark2

先日(20170629)、キャノンより新型の一眼レフカメラ Canon EOS 6D Mark II が発表されました。

この機種の登場を2年ほど待ってました。

以前から噂になっていて ついに先日発表されたばかり。 発売はもう少し先(8月上旬)ですので 当然ですが今年のホタルの時期は終わってます。 来年までガマンする予定です。(購入できるかは 別の話ですが)(笑)

現在 所有している 7Dは動く被写体に強いと言われてますので、ホタルや星空を撮影するには ちょっと不向きのようです。 それでもお気に入りのカメラなのですが。

今年の秋には iPhone の10周年記念モデルも発売されるらしいし。 スーパーファミコン ミニも発売されます。 どうしましょう。。。

どうもしないです(笑)

 

やっぱり 6Dが欲しいよね。

でも、それを買っちゃうと レンズが欲しくなるんです。

本体は高額だし、レンズも上を見ればキリが無い。そうやって沢山の方々が沼にはまって身動きが・・・

 

このまま ガマンしようか。

温泉に浸かりながらも悩みつつ、身体が温まってゆきます。

ほたる撮影の後は やっぱり温泉がいいですね。(身体が冷えてます)

 

カメラの事で悩みつつ・・・

今日も温泉日和です♪

うめたま

 

 

ほたるまつり イベント日 盛況でした

20170702

ほたるまつりイベント日

おかげさまで 盛況でした。

また、特にトラブルもなく終了する事が出来ました。

特別ゲストお笑い芸人「2700」のお二人

様々なステージイベントが行われましたが、ゲストの芸人さん「2700」、「大西ライオン」さんは やはり人気がありました!

天候にも恵まれ。と、言いたいところですが 日本列島は梅雨真っ盛り。そんな中、雨は降ったり止んだりでしたが なんとか持ちこたえた方だと思います。
(実行委員長の人柄のおかげかな?)

さて、ほたるまつりが終わったわけではありません。(イベント日は終了しましたが) 今後も 7月3日から16日まで ほたるまつり鑑賞期間は続きます。

現在 ほたる公園では ゲンジボタルがご覧になれますし、ヘイケボタルの数も増えてくる期待ができます。

これから発生する ヒメホタルの時期も楽しみです。(温泉街では見られませんが)

飲み屋さんの少ない温泉街ですが、もうしばらく 小野川温泉の夜は 賑やかです。どうぞ皆様 お越しくださいませ。

普段ですか? 静かな場所ですので 温泉街を賑やかに楽しんでいただいて結構でございます。

 

ほたるまつり開催直前 雨が心配された

 

今年からシャトルバス システムが導入されました。活用頂ければ イベント会場まで歩く距離はかなり短縮されるはず。 次回お越しになる場合は、どうぞ事前に駐車エリアをご確認ください。きっとラクできます。

歌、ダンス、踊り、その他 ステージイベント

 

出店も美味しいし、盛況でした。ついつい食べちゃうんですよね。
おまつりの日は 食べてもいいんです!

 

楽しかったイベントから帰ると 身体は意外に疲れています。
もちろん温泉で癒やされてください。

今日も温泉日和です♪

うめたま