けしからん!? 色っぽい車

車の話 → アダルトな話?

確かに 間違ってはいないのだろう。
車に対して そういう意味合いの表現を使用する場合もあるし・・・
ボディのなめらかな曲線デザインは美しかったり それ以外のイメージを膨らませる事も十分ありえます。

先日、オイル交換へ出かけた・・・

自分でオイル交換を行うスキルは持ち合わせていない。
覚えようと思えば、理屈ではそんなに難しくなさそう。
しかし、廃オイルの処分や オイルで汚れても良い服装になるとか。特殊な道具が必要など。
ガレージも無いので、天候によっては作業もできず。カーショップへ行くわけですが。

待ち時間は1時間

店員さんから そう言われたので、お店の中の商品を眺めたり。休憩コーナーで本を眺めたりスマホをいじったりしながら 無料の飲み物を飲みつつ作業が終えるのを待っていました。

 

この雑誌は!!?

いやいや、待合所に置いてある本や雑誌は 大抵マンガの単行本が多く、カー雑誌や週刊誌、月刊誌などが目に付きます。
しかし、その棚に並んでいる数々の雑誌の中に とてもエッチな本を見つけてしまったのです!!!

!!! 超エロ ???

あまりにも ストレートなので ビックリしてモザイクをかけてしまいました。
しかも ただの「エロ」ではございません。 超が付くエロさとは・・・
期待に胸を膨らませて その雑誌を もう一度良く見たら、、、

「想いを超えろ。」

HONDAの東京モーターショーの冊子でした。

すべては僕が呼び起こした雑念・煩悩の結果で御座います。(笑)

「超エロ」じゃなくて良かった。(内心そうとも思ってないが)

あー びっくりした!!

 

邪念・煩悩は 温泉に入って洗い流しましょう。
今日も温泉日和です♪

うめたま